S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

タグ:イベント ( 77 ) タグの人気記事

"脳内会議"に参加しました!
f0002759_0423051.jpg2月27日に大手町のNTTレゾナントで開催された「脳内会議 sponsored by goo」に参加して参りました。


チミンモラスイ? : "脳内会議"に参加します!」2008.2.27

→「『脳内会議 sponsored by goo』へのお誘い(広まっていく話題の特徴とは何か?)」2008.2.21 @IDEA*IDEA

f0002759_155579.jpg何度か訪問させていただいたことがありますが、相変わらずカッコいいgooの入り口w

大手町ビルヂングのドアを開けると、金属に包まれた行き止まりの通路。

いつも感心してしまう演出です。


既に会議の内容については、主催の田口さんよりidea*ideaにてレポートがアップされております。

→「ブロガーが貼り付けたくなるコンテンツとは何か?『脳内会議レポート』 」2008.2.28 @IDEA*IDEA
:

More
[PR]

by p-article | 2008-03-02 14:06 | 検索エンジン
「突き抜けろ!限界論」@OBIIミーティング
f0002759_14124219.jpg12月28日に開催された「OBIIミーティング」に参加してきました。


「突き抜けろ!限界論 OBIIミーティング」を開催します」2007.12.23 @OBII 大手町ビジネスイノベーションインスティテュート
◆日時◆
第一部
12月28日18時スタート(ちよだパークサイドプラザ)
18:00-18:15 挨拶&趣旨説明、ノザキシュウゴ(OBII)
18:15-19:15 第1セッション日本型マネジメント・組織
19:25-20:25 第2セッションブログ
20:35-21:35 第3セッションメディアとプラットフォーム

第二部(ダーツバーBlueArrow)
22:00-29:00  乾杯&交流会

◆場所◆
第一部:ちよだパークサイドプラザ
住所:東京都千代田区神田和泉町1(和泉小学校と同じ建物です。プラザの入り口は校門とは別にありますのでご注意ください)
電話:03-3864-8931
詳しくはMAPをご覧ください

第二部:ダーツバーBlueArrow
住所:東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビルB1
電話:03-3294-7280
アクセス:MAPをご覧ください

◆参加費◆
第一部:無料、第二部:4000円

◆基本ルール◆
楽しく、前向きに。セッションでのディスカッションについては、後ろ向きな批判や愚痴は「なし」でお願いします。


これまでほぼ月例で開催されておりました「OBIIミーティング」には、何度か参加させていただいていたのですが、このブログでエントリを残すのは、なにげに初めてだったりします。
ガ島通信の中のひとから、「たまにはレポート書きやがれ!」「ユー、ブログに書いちゃいなヨ」と言われたこともあったりしますが(笑)、割と主体的な参加・発言を行うことができることもあって、僕の中では思考の場としてとらえていて、なんとなくログが残しにくかったりということで、これまで書いたことがありませんでした。

今回は、スペシャルなフォーマットでの開催ということもあり、ちょっとだけメモを残しておきたいと思います。
といっても、忘年会気分で参加w(お酒飲んでたわけではないですが)で、ちゃんとノートに記録がとれてなかったりしますので、断片的なものとなってしまいますが...
:

More
[PR]

by p-article | 2007-12-30 13:40 | コミュニティ
忘年会議2007-その5
忘年会議2007-その1
忘年会議2007-その2
忘年会議2007-その3
忘年会議2007-その4
の続きです。

一応これで、「忘年会議2007」については最後のエントリとなります。
(のんびりと書いていたので、1週間たっちゃいましたw)


いよいよ、最後のプログラム「全体会議」となります。

【第四部 全体会議】
最後はもちろん全員参加の全体会議です。楽しく交流しながら来年のトレンドを議論しましょう!

お題は以下のとおり…
:

More
[PR]

by p-article | 2007-12-21 11:17 | その他
忘年会議2007-その4
忘年会議2007-その1
忘年会議2007-その2
忘年会議2007-その3
の続きです。

主催者のお二人の注目ポイントのプレゼンです。

【第三部 主催者2007~2008】
主催者の二人は2007年に何を考え、2008年に向けて何にチャレンジするのか。主催者が考えるビジネスチャンス、ウェブのトレンドなどをちょこっとご紹介します。

:

More
[PR]

by p-article | 2007-12-20 18:50 | その他
忘年会議2007-その3
忘年会議2007-その1
忘年会議2007-その2
の続きです。

「究極ランキング」が定性的な、1年間の総括という感じでしたが、第二部は定量的な総括として、Yahoo!検索から「検索キーワード」の分析の発表です。

【第二部 検索キーワードで読み解く2007年】
日本の検索サービス最大手のYahoo!検索チームから、検索キーワードのデータを使って2007年を振り返ってもらいます。彼らの持つ検索データと分析を披露していただき、来年に向けてのヒントをもらってしまいましょう。


検索ランキングについては、11月30日に発表されております。

→「チミンモラスイ? : 検索ランキング2007 @Yahoo!」2007.12.3
:

More
[PR]

by p-article | 2007-12-19 00:41 | 検索エンジン
忘年会議2007-その2
忘年会議2007-その1」2007.12.17
の続きです。

既に、詳細なレポートが他の参加者の方からあがっておりますが、あくまでも自分用のまとめということで(笑)

いよいよ、恒例のランキングの発表。

【第一部 発表!究極ランキング!】
マイナーランキングをめざします。
・大手ポータルは除外。
・主催者運営サイトも除外。
・主にみなさんの投票の「理由」で選びました。

事前の課題として…
Q1. 2007年、あなたにとっての「究極のウェブサイト」のURLを教えてください(あまりみんなが知らないようなサイトだとうれしいです)。

Q2. そのサイトが究極である理由を具体的に教えてください。あなたの生活が変わった、ビジネスに役に立った、悲しい日に元気づけてくれた等々、具体的なエピソードを交えて回答してください。

という質問が用意されており、参加者は申し込み時に、それぞれの「究極のウェブサイト」を回答しております。

それを、さらに、田口さん、橋本さんの独断でw、(定量的な投票数とかではなく)、きわめて主観的なランキング(笑)

#このあたりは、田口さんから「忘年会議2007の裏!」で、舞台裏を明かされていますが...

"ここではサイトの機能よりも、そのサイトによって何が変わったかに着目して選んでいます"

Q2の理由を重視しているとのことです。
:

More
[PR]

by p-article | 2007-12-18 02:29 | その他
忘年会議2007-その1
f0002759_2232575.jpg百式」 管理人の田口氏と「Passion For The Future」の橋本大也氏が主催する"忘年会議2007"に参加してまいりました。
忘年会議への参加は昨年に引き続き2回目となります。

→「今年も『忘年会議2007』を開催します!」2007.12.5 @IDEA*IDEA
→「忘年会議2007開催のお知らせ」2007.12.6 @Passion For The Future
→「忘年会議でトゥギャザーしよう!」2007.12.5 @Yahoo!検索 スタッフブログ

■ 開催概要
日時2007年12月15日(土)
17:00~20:00(忘年会議)
20:00~(忘年会)
場所Yahoo! JAPAN社内会議室(六本木ミッドタウン)
詳細は参加確定者にお知らせします。
費用忘年会議は無料。その後の忘年会は実費(3~4千円程度)。
定員抽選で100名
協賛f0002759_2241496.gif


■ プログラム
【第一部 発表!究極ランキング!】
みなさんの投稿から読み解く「究極のウェブ」ランキングを今年も行います。他のランキングで出てくるようなものではなくて、独断と偏見で「へぇ、そうなんだ」的なマイナーランキングを目指します。

【第二部 検索キーワードで読み解く2007年】
日本の検索サービス最大手のYahoo!検索チームから、検索キーワードのデータを使って2007年を振り返ってもらいます。彼らの持つ検索データと分析を披露していただき、来年に向けてのヒントをもらってしまいましょう。

【第三部 主催者2007~2008】
主催者の二人は2007年に何を考え、2008年に向けて何にチャレンジするのか。主催者が考えるビジネスチャンス、ウェブのトレンドなどをちょこっとご紹介します。

【第四部 全体会議】
最後はもちろん全員参加の全体会議です。楽しく交流しながら来年のトレンドを議論しましょう!

今回も参加申し込み時に、事前課題というのがありました。
■ 事前課題
忘年会議へのご参加には事前課題への投稿が必須となります。お申し込みの際には下記の質問にお答えください。

Q1. 2007年、あなたにとっての「究極のウェブサイト」のURLを教えてください(あまりみんなが知らないようなサイトだとうれしいです)。

Q2. そのサイトが究極である理由を具体的に教えてください。あなたの生活が変わった、ビジネスに役に立った、悲しい日に元気づけてくれた等々、具体的なエピソードを交えて回答してください。

:

More
[PR]

by p-article | 2007-12-17 00:17 | 検索エンジン
『ブログ限界論』@RTCカンファレンス [後編]
『ブログ限界論』@RTCカンファレンス [前編]」2007.11.24

の続きとなります。


→「2007-11-23: RTC Vol.28:『ブログ限界論』」2007.11.5

f0002759_20233100.jpgこちらのイベントのパネルディスカッションの内容を中心に、僕のメモの範囲で...

写真は左が徳力さんで、右が佐々木さん。
二人ともカッコいい!


なお、当日参加者の方が実況をおこなってくださっております。

「ブログ限界論」実況しますよ」2007.11.22 @カイ士伝
→「RTCカンファレンス Vol.28「ブログ限界論」実況場所 - フレッシュミーティング

こちらは、12月7日までの期間限定となるようですが参考になります。
実況のまとめも、あるとかないとかw


さて、上原さんによる導入部としてのプレゼンのあと、ゲストの3名の方々がご登壇。

山崎恵人氏(GIGAZINE運営)、佐々木俊尚氏(ジャーナリスト)、徳力基彦氏(FPN運営、AMN取締役)の登場です。

さらに、会場の最前列にはものすごく存在感をもったw「404 Blog Not Found」のなかの人も(笑)絶妙なタイミングでツッコミ役として参加。
:

More
[PR]

by p-article | 2007-11-25 00:37 | コミュニティ
『ブログ限界論』@RTCカンファレンス [前編]
f0002759_14535286.jpg11月23日に開催されたRTCカンファレンス Vol.28 に参加いたしました。

今年最後の開催とのことです。

ちょっと長くなりそうなので、[前編][後編]にエントリを分割します。


2007-11-23: RTC Vol.28:『ブログ限界論』」2007.11.5
最近ブログつまらなくないですか?

2004年頃から社会的なムーブメントとなったブログ。極めて簡単に始められることからこれまでウェブに興味を持たなかった人々にも一気に広まり、個人が自らの意見や見解を表出できるメディアとして一時はマスメディアの存在を揺るがすほどの影響力を持つかのように喧伝されました。

実際に、例えばライブドアのニッポン放送問題が発生した折などは、マスメディアが語ることのできない専門知識や切り口でブロガーが事件を論じ、トラックバックでブログ間がつながり合うことで世論に大きな影響を与えるような事象も見られました。

しかしながら、魅力的な文章でアクセス数を集めたブログの書き手たちはいつしかその熱量を失い、牙を抜かれた獣のように「丸い」文章しか書かなくなって更新自体も止まってしまうような姿が散見されます。

また、時期を同じくしてトラックバックスパムや悪質商法を促すようなブログ、SEO対策だけのために自動生成されるブログなどが増加し、ブログ本来のリンク関係や個人発言の信頼性、おもしろさがどんどんと失われて行きました。こうして、いつのまにか日本のブログは「なんだかつまらない」ものに成り下がっているように見受けられます。

片や米国などに目を向けると、従来型メディアを凌駕する勢いでユーザーを集め続けるブログが多数存在し、ブログメディアを媒体とする広告市場なども日本の数百倍の規模にまで膨れ上がっています。この差はいったいどこにあるのでしょう。


この文章が掲載されるやいなや、ブロゴスフィアに大きな波紋を起こし、イベントを前に一部で盛り上がりをみせておりました。

また、今回『トーキョー・ブックマーク・プロジェクト』のスポンサードということで、いつもとは異なる趣向の取り組みも行われておりました。


■RTCカンファレンスVol.28『ブログ限界論』
○日時: 2007年11月23日(金)14:00-16:30(13:30受付)
○場所: UDXカンファレンス (秋葉原駅直結)
     東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX南ウィング6F:地図
○料金: 無料

■ゲスト
●山崎恵人氏 (GIGAZINE運営)
「国内最大のブログ」と言われる「GIGAZINE」の運営人。GIGAZINEは2000年4月1日に開設された老舗ニュースサイトで、2006年4月にブログ形式に変更。2006年7月より編集部体制で記事を更新している。1ヶ月のページビューはRSSなど含めて約2568万、1ヶ月のユニークユーザー数は約908万。

●佐々木俊尚氏 (ジャーナリスト)
1961年兵庫県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科中退。毎日新聞社、アスキーを経て、フリージャーナリストとしてIT企業関連の取材、「ウェブ 2.0」現象についての執筆を続ける。著書に「ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録」、「ライブドア資本論」、「グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する」などがある。

●徳力基彦氏 (FPN運営、AMN取締役)
NTT、IT系コンサルティングファームを経て、2002年にアリエル・ネットワークに入社。並行して、ブログネットワークのアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。最新のネットツールや仕事術に関する複数の執筆・講演活動も行っている。「tokuriki.com」や「ワークスタイル・メモ」等の複数のブログを運営しており、著書に「デジタル・ワークスタイル」、「アルファブロガー」等がある。

:

More
[PR]

by p-article | 2007-11-24 17:19 | コミュニティ
第6回エンジニア交流勉強会「gungi」
f0002759_12361671.jpg11月15日に開催されたエンジニア交流勉強会「gungi」に参加いたしました。


エンジニア交流勉強会「gungi」 - イベント案内 | 2007-11-15 (木): 第6回エンジニア交流勉強会「gungi」開催のお知らせ
今回の勉強会テーマは「キーワード検索のむこう側」です。

近年Googleに代表されるキーワード検索は、今やエンジニアにとっても必要不可欠のツールとなりました。しかし、本当に欲しいデータを取得できているかと言えば、まだまだ満足できないという方も多いと思います。
今回はそんなキーワード検索の「むこう側」を模索しながら、思わず検索したくなるようなサービスを開発している現場のエンジニアをお呼びしました!

まずお一人目は、NTTレゾナント株式会社が運営するgooで、「緑のgoo」、「検索UIラボ」の企画開発を担当しておられる澤村氏。

お二人目は株式会社ブログウォッチャーが手がけるブログ・クチコミ検索:SHOOTI(シューティ)のWEBデザイン以外全部を担当されている齊藤氏。

三人目は株式会社フェリックスが手がける「Greenhorn」の開発を担当されている平尾氏です。

このお三方をゲストにお招きして、検索サービス開発の裏側や、キーワード検索のむこう側についてお伺いしていきます。

そして最後に、経済産業省の情報大航海プロジェクトで採択された株式会社ブログウォッチャーの「WEBオカン」のご紹介をしていただきます。

◆今回シゴタノ! for エンジニアはお休みです!


場所は渋谷のマークシティにあるパソナテックです。
ちょうど当日はすぐそばの、セルリアンタワーでは「Web2.0 EXPO」が開催されていて、何人かの知人はそこからのはしごで来ている方もいらしゃって、そちらの話もすこしだけ聞かせていただきました。

--
ゲスト:
・NTTレゾナント株式会社
 澤村 正樹氏
  ポータル事業本部 メディア事業部 検索担当。「緑のgoo」、「検索UIラボ」の企画開発を担当。

・株式会社ブログウォッチャー
 齊藤 光正氏
  チーフアーキテクト。WEBデザイン以外全部担当。

・株式会社フェリックス
 平尾 匡弘氏
  組み込み研究開発及びウェブシステム開発担当。

内容:
○検索対談
○プレゼンテーションタイム
○WEBオカンについて

:

More
[PR]

by p-article | 2007-11-18 14:00 | 検索エンジン