S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

2006年 12月 28日 ( 1 )

interview with モバゲータウン
CNET 、ITmedia と立て続けに、ディー・エヌ・エー取締役モバイル事業部長 守安功氏のインタビュー記事が掲出されております。

目指すはケータイのポータル--ゲーム&SNS「モバゲータウン」の勝因は?」2006.12.21 @CNET
 ディー・エヌ・エーのモバイルゲーム&SNS「モバゲータウン」が絶好調だ。今年2月のスタート以来、わずか9カ月でユーザー数が200万人を突破。 11月時点でユーザー数が225万人、月間のページビュー(PV)が39億へ到達するまでに成長し、モバイルSNSとしては異例の成功を収めつつある。ディー・エヌ・エーによれば、1日あたりのPVで比較すると、モバイルサイトの中ではヤフーやmixiよりも多いのだという。

#インタビューの質問のところを抜粋させていただきます。
・モバゲータウンをはじめることになったきっかけは?
・今年2月にスタートした当初の感触はいかがでしたか?
・口コミが上手く行ったのは、やはり「友だちに教えるとモバゴールド(サイト内の通貨)プレゼント」のようなインセンティブの仕組みがあったからでしょうか?
・携帯電話でも、数年前から「SNS」をうたうサービスがいくつかありました。その多くが苦戦したり撤退する中、モバゲータウンが短期間でこれだけのユーザーを集められた理由は何でしょうか?
・サイト内でのユーザーのアクティビティは、やはりゲーム中心なのでしょうか?それとも、ゲームをせずにコミュニケーション主体に移行しているのでしょうか?
・ユーザーのキャリア別構成比や、男女比、年齢層は?
・PVの伸びを見ると、8月に急激に伸びていますね。
・サークルの作成数に上限を設けている理由は?
・やはりPCユーザーでモバゲータウンをやってる人は少ないのでしょうか?
・mixiのユーザー層などと比べて、何か定性的な「特性の違い」のようなものは感じられますか?
・いわゆる「出会い系」的な用途として使っている人はいるのでしょうか?
・ケータイのコミュニティというと、いずれは「卒業」してPCのSNSに行ってしまったりとかはないのでしょうか?
・モバゲータウンの中で提供される広告の種類と、売り上げの推移について教えてください。
・物販などリアルビジネスとの連携を強めていく考えは?
・物販やリアル連携が入ってくると、「10代が7割」というユーザー構成は、購買力などの点で、今後課題になってくるのではないですか?
・KDDIは「EZ GREE」をスタートさせ、mixiも携帯電話に完全対応しました。今後、この分野では競争も激化しそうですが、勝算は?
・今後のユーザー獲得目標や、サイトの方向性について教えてください。

はてブ


PCの常識はケータイの非常識――「モバゲータウン」ヒットの背景 (1/2)」2006.12.26 @ITmedia
PCの常識はケータイの非常識――「モバゲータウン」ヒットの背景 (2/2)」2006.12.26 @ITmedia
ネットで初めて無料ゲームをプレイした感動を覚えているだろうか。無料ゲームやオークションのようにPCでは既存のサービスも、携帯ユーザーには新鮮な感動をもって利用してもらえるという。

#インタビュー記事の見出し部分を抜粋させていただきます。
・左を見ればヤフオク、右を見れば楽天
・古いけど新しい「モバゲー」

-
・何が新しかったのか
・無料サイト支える広告の今後
・30%の限界
・勝手サイト全盛時代――公式サイトはどうなる

はてブ(1/2)
はてブ(2/2)

どちらの記事も、注目サービスだけあって読み応えのあるものですが、CNETの記事がサービスの概要の紹介という感じで、「RTCカンファレンス Vol.7」での話と同様。ITmedia は、ご存知 IT戦士こと岡田有花女史による構成で、ビジネス面に食い込んだ印象があります。
両方の記事がうまい具合に補完関係にあるようです。
:

More
[PR]

by p-article | 2006-12-28 00:58 | コミュニティ