S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

2006年 12月 21日 ( 2 )

イケテルSNS?「Bebo」
f0002759_0394321.gifひきつづき、Google検索キーワードランキングからの話題となりますが、米国(というかグローバルと言ったほうがいいのかも)のランキングでは、[bebo]というなじみのないキーワードが1位になっております。


2006年のGoogle検索キーワードランキング発表、第1位はSNSの「bebo」」2006.12.20 @GIGAZINE
2006年のGoogle検索キーワードランキングが発表されました。第1位と第2位にそれぞれSNSの「bebo」と「myspace」が入り、第6位に「wikipedia」、第10位に「wiki」が入っています。ニュースの方では第1位がパリス・ヒルトン、第2位にオーランド・ブルームが入っています。

詳細は以下の通り。
1位:bebo
2位:myspace
3位:world cup
4位:metacafe
5位:radioblog
6位:wikipedia
7位:video
8位:rebelde
9位:mininova
10位:wiki


myspaceを抑えて1位に輝いたbeboというのは学生専用SNSで、myspaceを離れた英米の10代が流入しているようです。5位のradioblogというのはブログにジュークボックスを設置、BGMを流すことができるサービスで、SNSやブログの人気は相変わらずというところでしょうか。


「Bebo」ですが、そういえば聞いたことがなくもないなーと思って、検索で日本のページをググってみると…けっこう記事がありました。
→「美しい十代のSNSマイスペースからの逃亡先Bebo」2006.5.15 @FPN
→「SNSの米Bebo、米国以外でMySpace.comを猛追」2006.8.9 @INTERNET Watch

確かにこのあたりの記事読んではいたのですが、MySpaceとかYouTubeの話題が多くて、どうも頭の隅においやられていたみたいです(笑)
:

More
[PR]

by p-article | 2006-12-21 23:30 | コミュニティ
検索語ランキング@Google
Googleからも2006年の検索キーワードランキングが発表されたようです。

2006年のGoogle検索ランキング1位、日本語は「地図」英語は「bebo」」2006.12.20 @INTERNET Watch
 米Googleは20日、2006年の検索キーワードランキング「2006 Year-End Google Zeitgeist」を発表した。同時に日本法人のグーグルは、Google日本版の検索ランキングを発表した。総合1位は「地図」だった。

 Google日本語検索ランキングは、2006年1月1日から12月15日までの期間、「www.google.co.jp」から検索されたキーワードを集計している。総合1位「地図」の以下は、2位「翻訳」、3位「辞書」、4位「動画」など。携帯電話キャリアで唯一「au」が7位にランクインした。


「2ちゃん凋落、mixiトップ」年間Google検索語ランキング」2006.12.20 @@IT

@ITの記事に詳細なランキングが出ています。
いまのところ、「2006 Year-End Google Zeitgeist」には、日本語のキーワードについての記載はない?ようです。
年間Google検索語ランキング総合 トップ10
1位 地図
2位 翻訳
3位 辞書
4位 動画
5位 ほしのあき
6位 天気予報
7位 au
8位 価格
9位 郵便番号
10位 倖田來未

検索に特化したサービスだから?Yahoo!のようないわゆるポータルサイトとの検索結果とはだいぶ異なっているようです。
忘年会議2006では、ヤフーの検索キーワードランキングの今年の特徴として「一般名詞が少なくて、ほとんどが固有名詞がほとんど」という解説がありましたが、Googleのランキングでは上位10個のうち、7個が一般名詞となっています。
(Yahoo!では上位10個すべて固有名詞)

"(注)Google関連サービスと、ポータルサイトはランキングから除外されている。"
という表記があるので、そこが入ると、だいぶ印象が違うかもですが…


ITmediaでは、国内ランキングと米国ランキングの二本立てで記事がでてます。
Googleの国内検索ランキングに入った人名は」2006.12.20 @ITmedia
Googleの検索ランキング、SNSが今年も人気」2006.12.20 @ITmedia
:

More
[PR]

by p-article | 2006-12-21 01:02 | 検索エンジン