カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

2006年 05月 10日 ( 1 )

週刊SPA!にもWEB2.0の波 その1
昨年12月には、R25(No.73)で[「Web2.0」ってなんだろう?]という記事が掲載されましたが、(あれ?この書き出し見覚えが...)

SPA!(週刊スパ5/16号)でも[WEB2.0]がキーワードとして登場。

スパビジネス プラスに

[研究]「Googleビジネスが創る革新的未来」

という特集記事が組まれていて、
4PにわたりGoogleのビジネスの分析が掲載されています。

時価総額15兆円!  関連書籍はベストセラー……21世紀のパラダイムを揺るがすネット検索の雄は、何がそんなに凄いのか!?

 時価総額でインテルを抜き、ハイテク企業ではマイクロソフトに次ぐ世界第2位となったグーグル。しかし、半導体やOSに比べ実態が見えないと言う人も多い。一体、何が凄いのか? グーグルの売り上げの99%を支えているのは広告収入だ。そう聞くと「しょせん広告屋か」と感じる人も少なくないだろう。だが、それは過小評価だと財務コンサルタントの磯崎哲也氏は言う。
 「広告ビジネスの市場は、日本でもアメリカでもGDPの1%程度に過ぎませんが、アメリカだけでも16兆円以上の市場があります。すでにグーグルの売上げは7000億円にも達していますが、まだまだ十分な成長余力があるでしょう。さらに日本の広告代理店は利益率が1%程度しかありませんが、Web2.0 企業はコストがかからないのが特徴。グーグルの昨年の売上高純利益率は23・8%もあります。市場の大きさはそこそこでも利益率が20倍以上なら、十分 “おいしい”わけですね。将来、売上げが2・5兆円で利益率40%くらいにまでなれば、製造業No.1のトヨタ自動車の利益を超すことにもなりえます」
 現状でも、トヨタに匹敵する未来が見えているグーグル。今回SPA!では、そのもっと先にあるビジネスモデルを検証した。そこには「攻殻機動隊」のような未来が見えてきた!
以上 WebSPA!の担当者からのメッセージより引用
:

More
[PR]

by p-article | 2006-05-10 22:57 | その他