S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

忘年会議2008-その4
f0002759_227954.jpg

チミンモラスイ? : 忘年会議2008-その1」2008.12.14
チミンモラスイ? : 忘年会議2008-その2」2008.12.15
チミンモラスイ? : 忘年会議2008-その3」2008.12.16

の続きとなります。

【第三部 主催者2008~2009】
なぜか、こちらも「第三部」なのがちょっと気になりますがww
主催者の二人は2008年に何を考え、2009年に向けて何にチャレンジするのか。ここらへんは挨拶程度に軽くw。

とあるように、お二方から軽めのプレゼンテーション

軽めと言っても、お二方とも一年をしめくるのにふさわしい、濃い内容でした。
:



ずは、「Passion For The Future」の橋本大也さんから。

自己紹介の後、橋本さんの考える2009年のキーワードとしてプレゼン。
以下、スライドの内容となります。

2009年の私のキーワード
・"情報力"
・2つのクラウド
・未来予測イベント

本の紹介

情報力

橋本 大也 / 翔泳社



f0002759_22354624.jpgハイパー個人のための情報資産運用術
理論と実践
-10年使えるデジタル知的生産の理論
-100もの最新ツール、サービスの解説
-Yhaoo!の便利な使い方も


・Evernote、Dropbox、FrieveEditor、FreeMind、OneNote、iEditなど思考支援アプリの使い方
・欲しい情報がすぐに見つかる検索テクニック
・速読術を使わずに速く読むハイパー読書術
・メモや発想を外部脳に保存するノウハウ
・ネット上にあなたの専用私設顧問団を持つコツ
・集合知を機能させるハイパー・フェルミ推定


「新・データベースメディア戦略。オープンDBとユーザーの関係が最強のメディアを育てる」より

国内の人気サイトの上位にCGMサイトの占める割合が多いこと、データベースがユーザーの利用によって価値を高めていく

データベース戦略の要点
1.魅力的な情報のデータベースを持つこと
-(独占/分野網羅/新鮮…)
2.データベースをオープンな状態におくこと
3.ユーザー同士のコミュニケーションを活性化すること
4.適切なインターフェースとナビゲーションを持つこと
5.データベース構造がビジネスモデルと直結していること

新・データベースメディア戦略。オープンDBとユーザーの関係が最強のメディアを育てる

橋本 大也 / インプレスジャパン



ふたつのクラウド
Cloud Comuputing
・仮想化、分散化されたインフラ
Wisdom of Crowds
・群衆の叡智、集合知、マスコラボレーション

オンラインストレージ Dropbox
バックアップから変更を元に戻す、削除を復元が可能
2ギガバイトまで無料
月額9.99ドルまたは年額99.99ドルドルで50GB
←amzon webservices™

Amazon S3 Sevice
1ヶ月あたりの料金
転送量 $0.20/GB
データ領域 $0.15/GB
100ギガ使って月1500円

Amazon Elastic Compute Cloud
ストレージだけでなく、サーバーインフラを貸している。何万台のサーバを1台のように扱う仮想化技術

RightScale
AmazonEc2で実現

Cloud管理ソフト Elastra
アマゾンから1200万ドルを調達。2008年9月。

IBM Bluehouse

hadoop


検索結果は人力編集 Mahalo
検索エンジン、セコイアキャピタル、EIR、Weblogs.com創業者、検索結果を7ふだけ、サブミットできる

ネット投票で番組編成 CurrentTV
サンフランシスコの24時間TV局、衛星&ケーブル

企業がクラウドにアイデアを募集 Idea crossing

新しいインキュベーターの形 Innocentive

アイデア、開発、運営までクラウド Cambrianhouse

Idea Warz
7200のビジネスアイデア、携帯Webカム&チャット、ポッドキャストアグリゲーター、医療関係者用SNS
Ideawarz→SubmitCode→SubmitCreative

Amazon Mechanical Turk

Human Intelligence Tasks(HITs)
同一ページ発見、誤字脱字発見@amazonから始まった。100カ国10万人
以上が登録。画像にタグをつけます@1タグ2円、検索します 1クエリ@5円、与えられたテーマでリンク集を作ります@1ドル

クラウド×クラウド=ソーシャル・コンピューティング
・クラウドからHumanIntelligence Tasksを集めてビジネスプロセスに配置する
・コミュニティ、ソーシャルネットワーク(ソーシャルキャピタル)がそれを動かすエンジンになる
・すべては分散Cloudインフラの上で実行される
・人間と機械が融合する

f0002759_2238047.jpgソーシャルコンピュータの時代へ
Being Digital → Being Social


2009 新イベントを企画中
集合知で未来予測
~イノベーション・フォアキャスト~
-集合知でテクノロジービジネスの未来を予測
来年1月に概要を発表予定


いて、「百式」 の田口元さんから。

以下スライドより。

百式管理人 2009 Keywords
Achievments
-Blogger relations
-Y,F,S
#Yamaha,Yahoo,Fujitsu SONY など

-JB
#Jpb Board好調

-PR
#インタビューなど

-KIKAKU
#百式企画塾


Blogger relations
Key success factors
-Define success
-Limited effect
-more access to bloggers
-Matome
-Long-term relationship
-Fair communication - must blog
-Team dynamics matters
-Less access but maybe active
-Let them create
-Audience evolves
-keep trying
-Collaborate with others

Less BM
-New things

Blog media
-Net Service支援

Development
-Power to the people
-One in Q


個人的に応援している会社を二つ紹介。
それぞれのなかのひとから、会場でコメントもww

応援その1   あっ、あきやんだw
f0002759_22421061.jpgITで社会問題を解決する

f0002759_231825.jpg百式ジョブボードに『株式会社ヨセミテ』が参加!」2008.11.25 @IDEA*IDEA
みんなでつくる闘病支援サイト オンライフ



応援その2   おっ、びじんw
f0002759_22425195.jpgユーザー属性分析に特化。

f0002759_23162649.jpg「なかのひと」法人版、『UserInsight』では何がわかるのか?使用感を徹底レビュー!」2008.12.12 @IDEA*IDEA
アクセス解析 ユーザーインサイト : どんな読者が、どうサイトを見たかが分かる Web マーケティングツール


そして、田口さんからも新刊のご案内。
GTD
「ストレスフリーの仕事術」に続いて翻訳本

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

デビッド・アレン / 二見書房




ここで、最後のプログラム「全体会議」の前に一端休憩。

f0002759_2338298.jpg

かなり広い会議室で、(確か48名収容の部屋が3つなので)144名の定員にたいしてほぼ満席だったようです。

というわけで、多分
忘年会議2008-その5」に続きます。
[PR]

by p-article | 2008-12-17 00:00 | その他
<< 忘年会議2008-その5 忘年会議2008-その3 >>