S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

[P-7000]フォトストレージビューワ レビュー(現像編)
EPSON 4.0型PhotoFinePremia液晶搭載フォトビューワ Photo Fine Player P-7000 160GB
/ エプソン

→「カラリオ|フォトビューワ・デジタルカメラ|P-7000/P-6000|トップ|エプソン

9月5日にアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)主催のブロガーミーティングに参加して、EPSONのフォトストレージビューワ「P-7000」をモニタさせていただいております。

#しつこいようですが、ブロガーじゃないけどww

2ヶ月間の貸与で、そういえば今日がちょうど1ヶ月目だなーということで、ちょっとだけレビューというか、使ってみた感想などを残しておきます。

→「チミンモラスイ? : ”フォトストレージビューワ「P-7000」ブロガーミーティング”に参加」2008.9.7
:



普段は、GX-100を持ち歩いていて、けっこう写真ってとっているのかなと思います。
(ほとんど食事の時の、写真ばかりですけどww)
あと、時々デジイチを持ち出して、近所におでかけの時に撮影をしたりしています。

フォトストレージというところで、一応撮影した画像について、普段は自宅のNASにバックアップをとっているのですが、そこに移動するのと合わせて、この「P-7000」にもバックアップをとってみています。

バックアップについては、SDメモリーカードを挿入するだけで、簡単にHDDにコピーしてくれるので、けっこう便利なんじゃないかと思います。
(ただし、モニター品なので返却することになるので、こことは別にバックアップが必要になっているので、ここについては手軽さはわかりますが、むしろひと手間増えているだけかもww)

このあたりは、返却時にでもなにか書くことにしましょう(笑)


で、この製品について、興味があったのが、RAW現像なのですが、GX-100のRAWデータには対応していないので、デジイチ(NIKON D40)で撮影したデータで試してみみることにします。

僕は、普段デジイチでは、[RAW + BASIC]という画質モードで、RAWデータとJPGを同時に記録しています。(BASICは、3008*2000)

なんとなく、RAW(.NEFフォーマット)も残しているのですが、滅多にPCで現像作業を行うことはありません(笑)

現像ソフトとしては、NIKON「Capture NX」を使っています。
Caoture NX2では、なくてver1.3)
Nikon Capture NX
/ ニコン
ISBN : B000FG5QIK


「P-7000」でのRAW現像は、実に簡単で、バックアップしたデータを表示して、

[Menu]>[編集]>[この画像を現像]

で、[処理中です…]という表示が5秒くらいでますが、すぐに[RAW現像設定]の画面となります。

現像する写真に合わせて…設定を選んで、[現像開始]を選択すると保存場所を聞かれて勝手に現像してくれます。

RAW現像設定
標準 写真に合わせて最適に仕上げます。
人物 人物写真に適しています。
風景 風景の空や緑をあざやかにします。
夜景 夜景の写真に適しています。
忠実 撮影時の明度、色調を忠実に再現します。
モノクロ モノクロイメージの補正します。
-
マニュアル設定 

マニュアル設定では、ホワイトバランス、露出・コントラスト・彩度、カラーバランス、シャープネス・ノイズリダクションを最大で±5段階で設定が可能となっています。

現像には、残り時間 : 3分 とでますが、実際には1分20秒ほどで完了しました。

とりあえず、いくつか実際に現像をおこなってみましたので、カメラ側で保存したJPGと現像後のJPGを貼り付けておきます。

#exblogの制限で、画像は1枚あたり500KBまでとなっているので、Photoshopにて解像度を全て横幅を800ピクセルにして、画質=11【最高(低圧縮率)】で保存しております。

[P-7000]現像=標準
f0002759_20503828.jpg

[D40] JPG BASIC画像
f0002759_20511153.jpg


[P-7000]現像=人物
f0002759_20592128.jpg

[D40] JPG BASIC画像
f0002759_205948100.jpg


[P-7000]現像=風景
f0002759_20314644.jpg

[D40] JPG BASIC画像
f0002759_203245.jpg


[P-7000]現像=夜景
f0002759_20461241.jpg

[D40] JPG BASIC画像
f0002759_2039623.jpg


[P-7000]現像=忠実
f0002759_2155645.jpg

[D40] JPG BASIC画像
f0002759_2161434.jpg


マニュアルは試していないのですが、全般的にどの設定モードでも、カメラ側のJPGの生成よりも彩度が低めで明度が高くなっているような気がします。
(色相についても、青味が抑えられるというか、黄色にブレている感じですね。)

カメラ側の撮影モードとして、仕上がりは標準に設定してあるのですが、D40のようなエントリー機の傾向として、彩度が高く派手な絵をつくるようですので、このあたりは好みの問題かもしれません。

[忠実]のモードだと、カメラ側の設定に近い印象ですが、このあたりは、元データにもよるのかもしれません。
元の画像が、比較的アンダー気味の[夜景]のモードでは、ホワイトバランスの補正もうまくあがっているように見えます。


「Capture NX」が、コントロールポイントなど、すごくよくできていて作業自体も楽しいのですが、PCの性能に依存するところがあって、僕の環境ではかなり重たいので、ほとんどRAWデータを扱うこともなかったのですが、仕上がりの調整など、この「P-7000」で気軽に行えそうです。
ただ、フィニッシュがウェブというような場合には、彩度が多少高めのケバいくらいの仕上がり方が見栄えがいいかもなので、マニュアルとは別にケバケバ(VIVID)モードとか、WEBモードのようなものがあってもいいかもしれません。

[人物]をサンプルに、「Capture NX」のカラーコントロールポイントで人物の肌色と画面の明るさを調整してみたものも参考までに…
f0002759_23211045.jpg

元画像が若干ピンが甘いのですが…それはおいておいて(笑)
ものの5分くらいで調整が可能ですね。


とりあえず、あと1ヶ月のモニターとなりましたので、もうちょっと使ってみたいと思います。


[PR]

by p-article | 2008-10-05 21:17 | その他
<< [雑]2年連続エントリw [タ]世界イヤラシ地名探訪 >>