S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

Google 10th Birthday!
f0002759_1103011.gifGoogleが10周年を記念して特設サイトを開設しております。


Google、10周年記念サイトを開設」2008.9.24 @ITmedia
 米Googleが創設10周年を記念したサイトを設け、「世界を変えるアイデア」を募っている。

 この記念サイトでは、同社のこれまでの歩みを見ることができる。同社の創業者が最初に借りたガレージの写真や、Googleトップページのプロトタイプの画像なども掲載されている。

→「10th Birthday
→「おかげさまで 10 周年
→「プロジェクト 10 の 100 乗


【関連記事】
Googleが創立10周年」2008.9.8 @ITmedia
【インタビュー】創業10周年のグーグル、エンタープライズ事業への注力をあらためて明言」2008.9.9 @Computerworld.jp
Googleが10億5000万円で世界のできるだけたくさんの人々の役に立つ画期的なアイデアを募集して実施する「プロジェクト10の100乗」」2008.9.25 @GIGAZINE
:



特設サイトの英語版と日本語版ともに、特設ページのトップではタイムラインからのトピックスがランダムに表示されます。
f0002759_9343562.jpg

f0002759_935042.jpg


タイムラインでは、1995年夏の"Larry と Sergey の出会い"から、1998年のGoogle創業→2008年までの軌跡がまとめられております。
f0002759_939559.jpg

→「おかげさまで 10 周年

→「Google - Wikipedia

日本の検索ポータル市場としても、一昨年からYahoo!の10周年を皮切りに、各社相次いで10周年という節目を迎えておりました。
チミンモラスイ? : Yahoo! JAPANの10年」2006.11.29
チミンモラスイ? : gooの10年」2007.4.1
チミンモラスイ? : 検索ポータルの10年」2007.11.8

Googleも10周年ということで、あらためて後発のサービスながら、圧倒的な体験の提供によって急成長したということを再確認することとなりました。


特設サイトでは、「プロジェクト 10100」として、以下のようなユーザ参加型のキャンペーンを行っております。

概要

プロジェクト 10100(「プロジェクト 10 の 100 乗」と読みます) では、世界のできるだけ多くの方々の役に立つ画期的なアイデアを募集します。応募方法は次のとおりです。

1. 10月20日までにアイデアをお送りください。
アイデアの要旨を応募フォームに入力します。アイデアを補足する 30 秒の動画を送信することもできます。

2. 1月27日よりアイデアへの投票を開始します。
Google が選出した 100 のアイデアの中から、最終選考に進む 20 のアイデアを投票で決めます。その後、専門の選考チームにより最終的に 5 つのアイデアが選出されます。

3. Google がアイデアの実現をサポートします。
Google ではプロジェクトの実現資金として 1,000 万ドルを提供します。ただし、Google の目標はできるだけ多くの人々の役に立つことであり、資金はあくまでもきっかけで、重要なのはアイデアそのものです。

役立つアイデアを心よりお待ちしています。


応募にあたってのガイドラインとして、「コミュニティ」「機会提供」「エネルギー」「環境」「健康」「教育」「安全保護」「その他」というカテゴリが提示されており、以下のような基準も予め開示しています。

基準:
* 対象: どのくらい多くの人々に影響を与えるか?
* 影響度: どの程度の影響を人々に与え、どのくらい急を要するか?
* 可能性: 1、2 年で実現できるかどうか?
* 効果: どのくらいシンプルで費用効果が高いか?
* 継続性: 影響はどのくらい持続するか?

グローバルでのキャンペーンのようですので、いろいろなアイデアの応募が集まりそうです。

また、アイデアというこでなく、「みんなの Google 活用術」として、既存サービスの使い方についての投稿も受け付けていて、スタッフの気にいった投稿が特設サイト上の公開されるそうです。


そして、なにげに見逃せないのが...

→「そして、次の 10 年を考える

として、"この先 10 年間で起こる技術革新とグローバルな社会への影響について"として、Googleのなかのひとのビジョンが掲示されています。

ひとつひとつの紹介は割愛しますが、以下非常に興味深いインデックスが並びます。

Wiping out the next smallpox

Building a future that's clean and green

The democratization of data

The future of mobile

The intelligent cloud

The future of online video


The social web: All about the small stuff

Ad perfect

The future of search


これからの10年も、まだまだ目が離せないww


さっそく、こんな新しいツールも公開されております。

→「グーグル、政治家の発言を比較する新ツール「Google In Quotes」を公開」2008.9.25 @CNET
[PR]

by p-article | 2008-09-25 01:40 | 検索エンジン
<< "Sleipnir ... ”迷惑ブログ”雑考 >>