S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

「Google Chrome」の利用規約改定とかイースターエッグとか
f0002759_22415936.jpgローンチ後、話題を独り占め感の「Google Chrome」ですが、クロームフィーバーは終わっていないようです。


Google Chromeの利用規約が改訂、一部ユーザーからの批判受けて」2008.9.5 @INTERNET Watch
 米Googleは4日、同社のブラウザ「Google Chrome」の利用規約を一部改訂したことを公式ブログで発表した。Google Chromeで表示するコンテンツに対する著作権の扱いについて、一部ユーザーから批判を受けたことから改訂した。英語版の利用規約は既に改訂されており、現在Google Chromeが提供されている40数カ国語の利用規約を改訂する作業が進められている。

 一部変更したのは、利用規約の11条。この中では、「コンテンツを送信、投稿、表示することにより、ユーザーは、本サービスで、または本サービスを通じて送信、投稿、または表示したコンテンツを再生、改作、改変、翻訳、公表、公開、配信できる恒久的かつ取り消し不能で、使用料が発生しない非排他的なライセンスをGoogleに付与することになります。」となっていたため、一部のブロガーやプライバシー団体から批判の声が上がっていた。

→「Google Chrome日本語利用規約

この利用規約については、ローンチ後が早い段階から指摘されていたようですが、改定前の利用規約については、こちらに掲載されております。

→「Chromeで作ったものはメールもブログも全部グーグルが使える、という利用規約の謎」2008.9.4 @Gizmodo Japan
:



「コンテンツを送信、投稿、表示することにより、ユーザーは、本サービスで、または本サービスを通じて送信、投稿、または表示したコンテンツを再生、改作、改変、翻訳、公表、公開、配信できる恒久的かつ取り消し不能で、使用料が発生しない非排他的なライセンスを Google に付与することになります。 」

という条文が、「Google Chrome」から投稿されたものすべてのライセンスがGoogleに帰属するということになっていたわけですが、さすがにこれは、明らかな記載ミスだったということで、この11条の内容は変更となっております。

ここへの反応ではありませんが、各種コンテンツとの相性で固まってしまったりといった報告もあり、必ずしも歓迎ムード一色ということでもないようです。

僕が尊敬しているブロガー(?)からも、このクロームフィーバーに一石を投じるエントリがありました。

Googleは「Chrome」でMicrosoftの牙城を一気に切り崩す-んなわけないだろ」2008.9.3 @湯川鶴章のIT潮流
早くも「当面Google Chromeを使いません」宣言!」2008.9.4 @湯川鶴章のIT潮流


実際、僕もまだ様子見状態なのですが、ソフトウェア的な不具合は、これから随時アップデートされていくのではないかと思います。

あと、こんな記事もありましたね。

→「Google Chromeが最速というわけではない~Mozilla関係者が指摘」2008.9.4 @INTERNET Watch



また、ローンチ後、画面キャプチャを用いた各種機能や設定の紹介の記事もあがっておりますが…

Google社の新ブラウザー『Chrome』、スクリーンショットで紹介」2008.9.3 @WIRED VISION
画像で見る「Google Chrome」」2008.9.4 @INTERNET Watch


FireFoxでおなじみの、「about:」コマンドも、「Google Chrome」で対応されているという報告や、イースターエッグについての情報も公開されはじめております。

→「「Google Chrome」の隠し機能とイースターエッグ」2008.9.5 @CNET
 Googleのブラウザ「Google Chrome」のユーザーインターフェースは、可能なかぎり簡素化されている。しかし、Chromeは「Omnibox」を入り口として、更なる詳細を見ることができる。

 Chromeのアドレスボックスにコマンドを打ち込んで、普段は隠されている詳細な情報や楽しいイースターエッグを呼び出すことができるのだ。


イースターエッグというわけでもないですがww、僕が最近注目している女子ブロガーの方も、この「Google Chorome」のアラート画面についてエントリしておりましたww

→「「グーグルクローム」隠しキャラ召還(ネタバレ注意!)」2008.9.6 @とりあえず乙女企画。


IDEA*IDEAにもTips系エントリーが。

→「Google Chromeで使える、ちょっと便利な小技いろいろ」2008.9.8 @IDEA*IDEA

先週、以下のエントリで、ローンチ後2日間(9月2日/9月3日)での、CNET Japanでの記事についてピックアップしておりましたが…

→「チミンモラスイ? : クロームフィーバー Σ(゚Д゚;)」2008.9.4

CNETの以下の記事で、公式まとめリストが掲載されておりますww

Googleブラウザ「Chrome」公開の衝撃」2008.9.5 @CNET
Googleが米国時間9月2日に自社開発のウェブブラウザ「Google Chrome」を公開した。基本機能や隠し機能、他ブラウザとの比較、Googleのブラウザ戦略など、CNET Japanに掲載された関連記事からChromeの本質を読み解く。

9月3日から9月5日の3日間に、実に24本の記事があがっていたようです。

CNET Japanの場合、翻訳記事がありますので、今回のようなケースでは記事がたくさんあがってくるのだと思いますが…やりすぎです(笑)
(さらに、読者ブログでも関連記事がありますし…)
[PR]

by p-article | 2008-09-08 01:04 | 検索エンジン
<< 「CEATECとデジタルコンバ... ”フォトストレージビューワ「P... >>