S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

”フォトストレージビューワ「P-7000」ブロガーミーティング”に参加
f0002759_1622151.jpg9月5日に開催された『フォトストレージビューワ「P-7000」ブロガーミーティング』に参加させていただきました。


9月5日(金)フォトストレージビューワ「P-7000」ブロガーミーティングのお知らせ」2008.8.26 @Agile Media Network
【イベント概要】

■フォトストレージビューワ「P-7000」ブロガーミーティング

■ 開催概要
日時:9月5日(金) 19時30分~21:30 (19:00開場)

■イベント会場:エプソン販売株式会社 会議室
新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル 24階

地図:http://www.epson.jp/company/esj/
※近隣に新宿三井ビルという建物もございますのでご来場の際はお気を付けください

参加費用:無料 (軽食付き)

■参加人数:10名
※応募者多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。

■注意事項
・P-7000で表示させてみたいRAW、JPEGデータをメモリーカードにてご持参下さい(Tiffは再生できませんのでお気をつけ下さい)
・ご参加頂いた方にはP-7000をモニターとして2ヶ月間お貸し致します
・モニタープログラムになりますのでビューワを使用した率直なご感想をブログで1回以上書いて頂ける方が対象となります
・当日はAMN以外からお申し込み頂いたブロガーさんの参加もございますのでご留意下さい
・記事を書かれる際には、エプソンプロセレクションブログにトラックバックをお願いいたします。
・また、お書き頂いた記事に対し、エプソンプロセレクションブログよりリンクさせていただくことがございます。

■協賛:エプソン販売株式会社

AMN経由の参加者は定員が10名となりますが、「エプソン プロセレクションブログ」からの招待者とあわせて、20名くらいの参加者のイベントで、2人掛けのテーブルにEPSONの社員の方がひとりづつついてアテンドいただきました。

→「フォトストレージビューワ P-7000 ブロガーミーティングを開催します!」2008.9.7 @Epson Proselection Blog
:



EPSONでは、スタッフによる公式ブログを展開しておりますが、今回のイベントについてもレポートがあがっております。
→「『エプソンプロセレクションブログ』開設のお知らせ(2008年3月3日)

フォトストレージビューワ「P-7000」ブロガーミーティングを開催!その1」2008.9.6 @Epson Proselection Blog
フォトストレージビューワ「P-7000」ブロガーミーティングを開催!その2」2008.9.6 @Epson Proselection Blog


開会の挨拶のあと、開発に携わったかたから、商品の説明がありました。いつもながら、こういったブロガー向けのイベントを開催するような会社の方というのは、商品への愛着というのが伝わってきますねww

f0002759_17132426.jpgf0002759_17134796.jpg

この、フォトストレージビューワというカテゴリーは、2003年からもう5世代目の商品で、毎回進歩していくなかで、今回発売した「P-7000」「P-6000」はメーカーとしても完成形を自負しているとのこと。
とはいえ、一般のユーザーの普及、認知というところで、ほとんど認知されておらず、プロのカメラマンの商品という感じになってしまっているのが残念だとのこと。

f0002759_17393495.jpgそして…

柳本史歩さんという日本の僻地での撮影活動をされているプロのカメラマンの方が、この「P-7000」について、体験に基づいた利用シーンのお話がありました。

f0002759_17202161.jpgf0002759_17204185.jpg

一番のポイントとして、撮影旅行の際、撮影データの整理・管理に使っていたノートPCが不要になるので、荷物が圧倒的に少なくなったとのこと。
(UMPCでいいんじゃね?というのは今回はスルーでww)

開発陣からのお話にもありましたが、Adobe®RGBの94%をカバーするカラースペースを再現できる液晶が、プロカメラマンのお眼鏡にもかなったようですw


今回は、体験会ということで、2ヶ月のモニターとして貸し出される「P-7000」が、受付で参加者に配られていて、EPSONの方に実際に商品に触れながら質問をする時間ををいただきました。
RAWの現像というのが、僕は興味があったのですが、残念ながら当日持参したGX100のRAWフォーマット(.dng)には対応していなかったのが残念なところです。
けっこうブロガー(ブログを書くひと)の方で、RICOH使っている人はけっこう多いので、ここはなんらかの対応に期待したいとこです。
なにげに、ファームウェアのバージョンが表示されておりますが、このあたりはソフトウェアで対応できそうなので、USBでPCで接続できたり、メモリカードがついているので、ファームのアップデートで解決できるとスマートなのですが…

f0002759_17453631.jpg

僕は、プリントするほどのデータを持ってきていなかったのですが、一緒のテーブルの方がRAWファイルから「P-7000」と「PX-5600」をピクトブリッジによる接続で出力したものを見せていただきました。「P-7000」の液晶モニターと比較しても、ほとんど違いがわかないような色再現性です。同メーカーの新製品同士の組み合わせということもあるかと思いますが、カラーマネージメントの最適化のなせる業でしょうか。

RAWからの出力では、一度現像するっぽいので、それなりの時間がかかりましたが、これは便利ですね。


AMN経由での参加者の方からもレポートがあがっています。

【AMN】フォトストレージビューワ「P-7000」ブロガーミーティングに行ってきました。」2008.9.6 @CREAMU
【P-7000】開発者の方のお話」2008.9.6 @CREAMU

かなり詳細に書かれておりますので、参考になります。



僕が、今回このモニターに参加申し込みをした理由は、写真に関連したサービスやガジェットというのに、最近注目していることもあるのですが、このフォトストレージビューワという商品がどのように使われているのかというのが、よくわからなくて、そのあたりの話を中のひとに聞いてみたいと思ったわけです。

数年前、デジカメで利用しているフラッシュメモリーの容量が、128MBとか512MBでも1万円以上したときには、コンパクトカメラで動画などを記録した場合には、撮影データのバックアップデバイスとしてこういった商品をちょっと購入検討したことがありましたが(結局購入にはいたりませんでしたが…)、その後ムーアの法則よろしく、フラッシュメモリは大容量化、低価格化が進んで、いまや8GBのclass6のSDHCカードで、2600円程度というお手ごろ価格になっております。

そうなると、ちょっとストレージとしての役割というのがちょっと希薄になってきていると感じます。

実際、今回開発スタッフの方のお話としても、ビューワーというところへのこだわりにポイントがあったような気がします。

僕は、以前はリバーサルでしか撮影をしていなかったので、ライトボックスとビューワーというのは写真とセットみたいな感じで、ビューワーというツールには多少馴染みがあるのですが、それでも、デジタルでの単体のビューワーとしてコンデジの2.5型クラスと、4.0型の違いでは、スペックだけでは、グッとくるものがあるわけではありません。

このビューワーというところについては、使ってみないことには、ちょっと実感がわかないとは思いますが、160GBというのは、8GBのSDHCに換算しても、20枚分に相当します。ストレージのコストパフォーマンスとしては、比較すべきものではありませんが、52000円(@2600)のメモリ容量と液晶ビューワーということで考えると、8万円弱という価格はそれほど割高感はないかも?
(といっても、SDHC20枚の方が圧倒的に、軽くて可搬性に有利ですけどww)
僕は、撮影した写真は、自宅に設置したNASに保管をしていますが、ほとんど撮影した写真をみることはありません。こういったビューワー付のストレージで保管することで、手軽に撮影した写真を楽しむことができそうです。

EPSON 4.0型PhotoFinePremia液晶搭載フォトビューワ Photo Fine Player P-7000 160GB
/ エプソン
ISBN : B001EYTGJC


今回のイベントのなかで、
この「フォトストレージビューワ」を、もっとアピールしていく上で、
現在の
『写して、移して、映そう。』
というコピーに変わるコミュニケーションを提案して欲しいという話がありました。

EPSONのけんたむさんからは、
『写真人生携帯(ちょっと重め)』

写真家の柳本さんからは、
『写真旅情生活』

というコピーが提案されました。


これから、2ヶ月間のモニターをさせていただきますが、とりあえず体験会直後の商品のイメージとして、僕もコピーを考えたいと思います。

いろいろお話を聞いたところでは、ビューワーというところに力をいれているようですので、撮影した写真を作品として、その場で見せることができるがジェットというところをフィーチャーして…

『モバイルギャラリー』とか『モバイルショウケース』というのはどうかなと…
『コレクション・ポータビリティ』でもいいなww

まだ、未体験ですが、モニターとして期待しているのは、RAW現像とレタッチの部分なので、そこにフィーチャーすると、

『モバイルラボ』 も捨てがたい…

2ヶ月間のモニター終了の頃までに、またなにかエントリをしたいと思っていますので、そのときに、使いこんだうえでの、キャッチコピーを考えてみたいと思います。
[PR]

by p-article | 2008-09-07 17:11 | その他
<< 「Google Chrome」... [タ]安斎肇サマソニ大反省会 >>