S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"MSN相談箱" リニューアル!
f0002759_23535797.jpgMSNのQ&Aサービス「MSN相談箱」がリニューアルしています。


知識検索「MSN相談箱」リニューアル、押切もえも応援に」2008.6.4 @CNET
 マイクロソフトは6月4日、2006年10月より提供しているQ&Aサービス「MSN相談箱」をリニューアルした。3月に提携したオウケイウェイヴと連携して、ウェブ検索だけでは探しにくい知識情報も検索できるようにする。

 新しいMSN相談箱はLive Searchの1つのメニューとして、マイクロソフトの検索サービスの一翼を担う。MSN相談箱、あるいはLive SearchからオウケイウェイヴのQ&Aサイト「OK Wave」に蓄積されている1500万以上の質問と回答を検索し、閲覧できるようになっている。

 Live SearchからMSN相談箱、逆にMSN相談箱内からLive Searchで検索したり、MSN相談箱の質問と回答にある気になる言葉をサードビュー機能で検索したりすることが可能だ。

→「Q&Aサービス「MSN(R)相談箱」リニューアル提供開始
→「MSN相談箱

【関連記事】
マイクロソフトが「MSN相談箱」をリニューアル、「次世代検索目指す」」2008.6.4 @INTERNET Watch
マイクロソフト、オウケイウェイヴとの提携による「MSN相談箱」を刷新」2008.6.4 @ITpro
「“知の検索”を強化する」――Q&Aサイト「MSN相談箱」がリニューアル」2008.6.4 @ITpro
Web検索との連携強化、MSN相談箱がリニューアル」2008.6.4 @アットマーク・アイティ
お悩み相談から「知識検索」の場へ~MSN 相談箱がリニューアル」2008.6.4 @japan.internet.com
【レポート】知識検索の場を! MSが「MSN相談箱」刷新 - 押切もえ"トウシュ"も応援」2008.6.5 @マイコミジャーナル
:



f0002759_2343435.jpgf0002759_23524384.jpg

押切もえさんを党首に、近藤しづかさんを広報担当に、安座間美優さんを提案管理担当とした「MSN相談党」というキャンペーンコンテンツも展開されております。


今回のリニューアルのポイントは…

■新MSN相談箱 リニューアルの特徴:
1. Q&Aサービス機能の強化
* 検索語キーワードランキングの設置と、‘気になる言葉’チャネルとの連携
* スタッフおすすめQ&A、気になるトピックの導入
* MSNユーザーにとって、より統一感のあるレイアウトに
* MSN産経ニュースのRSSを導入し、気になるニュースとQ&Aの連動が容易に
* 関連チャネル枠の導入で、よりMSNとの連携を強化

2. Live Searchとの連動強化
* Live SearchからMSN相談箱、逆にMSN相談箱内からLive Searchで検索したり、MSN相談箱の質問・回答にある気になる言葉をサードビュー機能で検索したりすることが可能。 

3. Windows Live(TM)サービスとの連動
* Windows Live Agents機能の‘相談ちゃん’を使って、Windows Live MessengerでチャットしながらMSN相談箱の質問・回答を検索することが可能。


検索との連動や、MSNとの連動というのが柱となっておりますが、こういった形で検索系ポータルがユーザーの知恵を組み入れていくことは、ソーシャルサーチへのアプローチでもあると考えられます。


ちょっと前に、このブログでも触れておりますが…

→「チミンモラスイ? : 続・今年こそQ&A!」2008.4.28

Q&Aサイトの利用者(閲覧者)が拡大というレポートがありましたが、検索エンジンとの連携によってさらに拡大していくことになるのではないかと思います。
[PR]

by p-article | 2008-06-06 01:00 | コミュニティ
<< [タ]ブシキング決定戦! YOUはSyokuko >>