S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

Backstage Google Search ?
f0002759_0411836.gifGoogleのサービス提供の舞台裏ともいえる、サービスの最適化のための様々な評価についてのアプローチについてGoogle I/O conferenceで発表されたそうです。



検索サイトの舞台裏--グーグル幹部が明かす改善手法」2008.5.30 @CNET
 Googleは、ABスプリットと呼ばれる手法を使って、同社のメイン検索ウェブサイト(簡素な検索ボックスと検索結果の両方について)どのような変更を加えるべきか検討している。Googleの検索プロダクトおよびユーザーエクスペリエンス担当バイスプレジデントであるMarissa Mayer氏は米国時間5月29日、サンフランシスコで開催されているGoogle I/Oカンファレンスで講演した。その中で同氏は、上記の手法について、Googleはユーザーに対し、デザインの異なる複数のページを表示し、その反応を測っていると説明した。


CNETの原文記事では…

We're all guinea pigs in Google's search experiment」2008.5.29 @CNET News.com

…「僕達はみんな、Google検索のモルモットw」というユーモアのあるタイトルがついていますが、ユーザーの反応をみながら最適化を行っているそうです。
:



ABスプリットによる実験を通じて、ユーザーテストの結果を反映しているんだとか…

つきつめていくと、どうやらサービスとしてのレスポンスの影響が大きく、すばやく検索結を返すことで、よりたくさんの検索につながるそうです。

また、広告表示部の背景色によってクリック数と検索そのもの回数にも影響するというようなこともわかっているとのこと。

淡い水色の背景よりも、淡黄色の方が効果的ということですが、興味深いのは、現在USのYahoo!では淡青色となっているのですが、日本のYahoo!では、淡黄色となっております。


現在のインターフェースに至るまでの裏話ような話もでております。

サービス開始当初は、シンプルすぎて表示が途中でとまってしまったというような誤解もあったとかw

このスタートページをデザインしたのは、Googleの共同創設者であるSergey Brin氏だそうです。

なぜ必要最低限のデザインとなってのかという問いに、Brin氏曰く
"We didn't have a Webmaster, and I don't do HTML."
とのことw

暗に、必要がなかったからやらなかったということなのかもしれませんが、結果として「検索ボックス」を前面にフィチャーした機能美の追求につながったといえるのかもです。

→「チミンモラスイ? : シンプル検索インターフェース考」2006.8.27

現在では、検索エンジンサービスの象徴的なデザイン(レイアウト)ではありますが、プロトタイプと勘違いしてしまうようなこともあったかもしれません(笑)


さらに、CNETの記事には 

 またMayer氏によると、Googleは検索ページの初心者版やエキスパート版を公開しないことに決めたという。人々は(検索の方法を)あっという間に理解する。そのため、Googleは、同社製品を検索に熟練した人に合わせている。

とありますが、「検索に関する学習カーブは非常に速い」とのことで、

'Where can I get spaghetti and meatballs in Silicon Valley'

と検索ボックスに入力していたようなユーザーも、あっという間に

'italian food san jose'

というような、検索に適したクエリーを入力するようになるそうです。

ちなみに、
上記のクエリに対する検索結果→「italian food san jose - Google Search

ここでも、ユニバーサル検索(universal search)が返ってきておりますが、ユーザーのクエリーに対するholistic answer を目指していくとのこと。


さらに、今後10年でパーソナライズの追求をおこなっていくという話でしめられております。


ちょっと前に、Googleの検索アルゴリズムについての開示への動きという話もでてきましたが…

→「チミンモラスイ? : Inside Google Search ?」2008.5.23

こういった動きとあわせて、検索エンジンの役割やプレゼンスが変化していくのかもしれません。
[PR]

by p-article | 2008-06-03 01:01 | 検索エンジン
<< gooでイッセンマン! GREE 会員500万人突破! >>