S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"第2回オフラインnewsing"参加しました
f0002759_12532329.jpg5月16日(金)に開催された「オフラインnewsing」に参加して参りました。


→「第2回オフラインnewsing開催します!」2008.4.25 @newsingスタッフblog
前回好評だったオフラインnewsingですが、第2回を開催いたします!

今回のテーマは「なぜ日本のニュースサイトはつまらないのか?」
ニュースサイト運営の当事者をゲストに迎え、「ニュースサイトのこれから」について
参加者の皆様と議論ができればと思っております。

前回も参加させていただいておりましたが(このブログではレポートを残していなかったとおもいますが…)、今回はちょこっとだけメモを残しておきますw

前回のオフライン会議のときに、サイトリニューアルの予告がありましたが、リニューアル後の、ユーザー交流会の場にもなっておりました。

→「チミンモラスイ? : 新生!"newsing"」2008.3.25

◆◆第2回オフラインnewsing◆◆
テーマ:「なぜ日本のニュースサイトはつまらないのか?」
日時:2008年5月16日(金) 19:00-21:00(18:30受付)
場所:渋谷マークシティ17F パソナテックセミナールーム (JR/地下鉄渋谷駅直結) 地図はこちら
定員数:60人
予約締切:2008年5月16日(金) 12:00
参加費:無料
その他:21:30~23:00で懇親会を予定しています(参加自由、3,000円程度の予定)

:



当日のイベントの模様は、newsingスタッフblogにて動画が公開されておりますので、詳細はそちらをご参照いただければと思います。

f0002759_11151077.gif→「第2回オフラインnewsing開催しました 」2008.5.17 @newsingスタッフblog


また、今回メディア関連の方も多数参加されていたようなので、なんらかの形でレポートがあったりするのではないかとも思います。

前回は、ユーザーとの対話の場という感じで、newsingにフォーカスしたものでしたが、今回は「ニュースサイト」をテーマに、マイネットジャパンの上原社長が不定期で開催しているRTCカンファレンスのフォーマットに近い形のもので、テーマに関係したゲストの方とのパネルセッションと、参加者によるグループディスカッションという内容でした。

以前のRTCカンファレンスで、ニュース系メディアを題材した回もありました。

→「チミンモラスイ? : 『メディアの今後』@RTCカンファレンス」2007.4.24


f0002759_1325444.jpg冒頭、newsingのディレクターの方より、「ニュースサイト」をテーマにイントロダクション。
→「ニュースサイト - Wikipedia

ニュースサイトの定義というのは、難しいところではありますが、ここでは広義に「ニュースを伝えるサイトは、ニュースサイト」ということで、ここについて今回踏み込めていない部分ではありますが、ニュースサイトというところでの再定義、メディア特性というのは整理が必要かも…


「ニュースサイト」のイントロから、ゲストの紹介…

● アメーバニュース編集責任者 中川淳一郎氏
1973年生まれ。1997年博報堂入社、コーポレートコミュニケーション局に配属。
2001年退社。無職の後、フリーランスで雑誌「テレビブロス」他編集に。
2006年アメーバニュース編集責任者になる。現在も広告と雑誌の仕事は継続中。

● 株式会社ライブドア 執行役員 メディア事業部長 田端信太郎氏
1975年生まれ。NTTデータを経て、2001年にリクルートに入社、次世代事業開発室でネット戦略を担当。
その後、新規事業提案コンテストから、フリーマガジンR25を発案し、創刊後は広告営業の責任者に。
2005年4月にライブドアに入社し、livedoorニュースの責任者を経て、現在は、ライブドアのポータル・CGM事業全般を統括。


f0002759_13365673.jpgf0002759_1337711.jpg

f0002759_1337488.jpgアメーバニュース、livedoorニュースのなかのひとをゲストに迎えて、ニュースコミュニティから、前回のオフラインnewsingで担当引退→ユーザー宣言をされたマイネットジャパンの上原社長によるパネルディスカッション。


以下のようなテーマにしたがって、それぞれの立場から話をしていただきました。

運営するニュースサイトはどういう立ち位置だと思っていますか?

自分のサイトのユーザーはどんな人か?

「ウェブの特性」をニュースサイトに活かすポイントは?

理想だと思うニュースサイトのあり方は?

「工夫していること」「気をつけていること」は?

最後にひとこと


会場からも質問ということで…

 Q モラルハザードに対する見解

 Q ニュースサイトのビジネスモデルは広告モデルだけなのか?

 Q ここは面白い!というニュースサイトを教えて

 Q ニュースサイトは既存のメディアを超えられる?

※最後の質問は、取材クルーで入っていたオーマイニュースの方から…


パネルディスカッションの後、グループワークに。
f0002759_1354245.jpg

「こんなニュースサイトが欲しい」ワークシート
電車で隣の人の話題にあがっているニュースサイト。
いまや生活の一部になっているようです。
実はこのニュースサイト、あなたのちょっとしたおもいつきが原点でした。
あなたは、このサイトのプロデューサー。
是非詳しく秘訣を教えてください。

あなたの(ターゲット:   )も普段から使っているニュースサイト
それは(機能:   )機能があるので、
ベネフィット:   )が可能になったからのようです
そのニュースサイトの名前は…(ネーミング:   )


僕の回答は以下
ターゲット: 知らない人
機能: わからないことを教えてくれる
ベネフィット: 難しい話題でもついていくこと
ネーミング: ニュースガイド

なんのひねりもなく、つまらない回答…反省w

f0002759_1455318.jpgグループディスカッションの模様。

会場は満員で、かなりの密集状態でしたw


ここでの回答を含めて、スタッフブログを通じてレポートがあがる予定と聞いております。


そして、懇親会へw
f0002759_1417130.jpg

ライブドアの田端執行役員の乾杯で、スタートw
かなりの人数が参加されていて、こちらも大盛り上がり大会でした(笑)

会場の関係で席が動きにくかったので、場所が離れた方とあまりお話ができなかったのが残念ですが、たまたま近くに

livedoor ニュース - 独女通信
livedoor ニュース - トレビアンニュース

のなかのひとたちがいらっしゃって、いろいろと興味深いお話を聞くことができました。

また、ゆっくりどこかでお話がしたいところですww


微妙な事情でw、今回参加者の方のエントリのリストはつくりませんが、ここで参加者のレポートをいくつかみていたら、ちょっとした裏話とかあって面白かったです。



さてさて、ちょっとだけ感想を…

今回「なぜ日本のニュースサイトはつまらないのか?」というアジェンダの設定があって、それはそれで賛否両論話題となっていたのですが、それはそれとして…

やはり、こういった問題提起に対しては、なんらかの回答に対してのアプローチが欲しいところです。
パネルディスカッションの話題として、この「なぜ」という部分にほとんど触れられなかったのが非常に残念なところです。

「つまらない」の対義語(反義語)が「面白い」だとすると、ニュースサイトに面白さが必要なのか?という議論もあるかもしれません。でも「新明解国語辞典 第四版」のような個性をもった存在というのもありそうです。

今回、ニュースサイトの中でも、「面白い」にアプローチをしているゲストの方々のお話を聞くことができましたが、もうすこしそれぞれの考える「なぜつまらない」というところに対するお話をお聞きしたかったなーと思います。



f0002759_14315198.jpg参加者に受付のところで、アンパンとお茶が配られました。

このあんぱんには、newsingディレクターのこだわりがあったそうです。

←画像クリックで拡大

木村屋のアンパンは、元祖あんぱんとして知られていますが、外国の文化であるパンを餡子と組み合わせて日本のものとしてアレンジした立役者でもあります。

→「あんぱん読本
→「あんパン - Wikipedia

さらに配られたアンパンは、桜の塩漬けをあしらった「桜あんぱん」ですが、日本らしさの演出のお手本として、海外で大成功しているdiggのようなニュースサイトに、単なるコピーではなく、日本市場ならではの工夫をしていきたいという思いがこめられているそうです。

グループディスカッションに入る前にこういった話があったわけですが、こんな話を背景に「こんなニュースサイトが欲しい」というテーマが提示されました。

で、この話があったときに、アメーバニュースの中川さんから…

「美味しんぼ、好きでしょ??」

というツッコミが…

newsingディレクターから「大好きです!」と即答でしたが…

あらすじ - 美味しんぼ塾ストーリーブログ>魂の自由
→「料理名:アンパン


このエピソードかな??


というわけで、newsingスタッフの皆様、ゲストのお二方と上原さん、参加者の皆様、ステキな時間をありがとうございます!

もうすぐ、newsingが2周年ということで、またオフラインイベントがありそうw
[PR]

by p-article | 2008-05-18 12:00 | コミュニティ
<< Power of "... [タ]地味すぎて伝わらない趣味... >>