S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

続・今年こそQ&A!
先週の話題ではありますが、これは拾っておかないと…ということで、Q&Aサイトの利用者拡大という話題について。

Q&Aサイトの利用者数が1年で急増、ネットレイティングス調査」2008.4.22 @INTERNET Watch
 ネットレイティングスは22日、「Nielsen Online」が提供するインターネット利用動向調査サービス「NetView」の2008年3月度のレポートを発表した。今回のレポートでは、Q&Aサイトの利用者が1年で急増したことを解説している。

 ネットレイティングスによると、「Yahoo!知恵袋」の2008年3月の利用者数は1,261万5,000人で、前年同月の464万 9,000人に比べ2.7倍に拡大した。PV数も2007年3月の1億5,226万PVから2008年3月には2億8,184万PVになり2倍近く増加している。「Yahoo! JAPANの各種メニューの中で最も成長率が高いサービスのひとつ」だという。また、「教えて!goo」の利用者も2007年3月の505万人から、 2008年3月は780万9,000人に拡大した。

→「プレスリリース」@ネットレイティングス株式会社

やはり、ネットレイティングスのリリースをソースにQ&Aサイトがクル!というエントリを以前にアップしておりましたが、想像通り大きく拡大した模様です。

チミンモラスイ? : 今年こそQ&A!」2007.3.5


【関連記事】
ニッポン人はQ&Aがお好き? 知識共有サイトが急成長 - ネットレイティングス」2008.4.22 @マイコミジャーナル
◎Q&Aサイトは「日本人好みのサービス」、国内No.1の「Yahoo!知恵袋」は1年でPVが約2倍【ネットレイティングス調査】」2008.4.22 @MarkeZine
Q&Aサイトが2008年で急成長 ネットレイティングス調べ」2008.4.23 @J-CASTニュース
:



プレスリリースに「Yahoo!知恵袋」と「教えて!goo」の利用者数とPVの2006年/2007年/2008年の3月時点の数値の推移についてグラフが掲載されております。

f0002759_21371364.gif


Yahoo!とgooの2008年のユーザー数が、それぞれ、12,615千人(Yahoo!)、7,809千人(goo)とのことなので、ここでのユーザ数というのはユニークオーディエンス(ユニークな閲覧者)の数ということなのだと思うので、Q&Aというインタラクションの参加者ということではなくて、Q&Aから発生する知識の蓄積によるコンテンツが生み出すユーザーともいえそうです。


プレスリリースには、知識・情報共有サービスの日米比較ということについても触れてあります。

f0002759_21381767.gif

#Yahoo!知恵袋/Yahoo! Answers、ウィキペディア/Wikipedia による比較

リーチでみると、こういった知識共有のサイトのリーチは米国に比べて日本が高いようですが、もうちょっと注目したいところとして、日米ともにWikipediaの方がリーチが高いわけですが、日本が12.1ポイントの差なのに対して、米国は15.1ポイントの差となっています。これは比較対象となるQ&AサイトがYahoo!なのですが、やはり日本のYahoo!のポータルとしての存在感としての差なのかもしれません。


インターネット空間に知識を紡いでいくしくみとして、Q&Aという仕組みには以前から注目していて、今回の発表のようにサービスは拡大しているのは間違いないわけですが、今後Q&Aプラットフォームへの参加者の拡大というのも期待したいところです。
(確実にここも拡大しているとは感じますが、まだまだこれからなのかなという気もしています。)

ときどき、はてなのような人力検索サイトもふくめてQ&Aサイトの質問/回答をチェックしていますが、かならずしも質問者の欲しい回答がつくとは限らないケースもありますが、インタネットのスケーラビリティからまだまだ伸びしろがあるのではないかと思います。


そういえば、3月にはマイクロソフトが日本のQ&Aサイトの大手のオウケイウェイヴに資本参加というニュースもありました。

→「マイクロソフトとオウケイウェイヴ、業務・資本提携を発表」2008.3.12 @CNET

そろそろ本気モード(笑)の、「Windows Live™」や「MSN」「Live Search」といったあたりの連携もアナウンスされているようなので、このあたりも注目ですね。

たとえば、Hotmailで質問すると、回答が返ってくるなんていうサービスも実現されるかもしれませんw

EZ GREEにも組み込まれていますが、個人的にはモバイルユーザーをどうサービスに取り込んでいくのかというのがカギだとも思っています。
[PR]

by p-article | 2008-04-28 01:16 | コミュニティ
<< "徳力メソッド&qu... 山揸と国際コミュニケーション >>