S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

「アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者」読了
先日の出版記念トークイベントでいただいた「アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者」を読みました。

→「チミンモラスイ? : Web Business Shuffle Vol.28 feat. 林信行」2008.4.13

アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者

小川 浩 / インプレスR&D


→「【新刊】『アップルとグーグル─日本に迫るネット革命の覇者』発売」2008.4.18 @インプレス R&D
アップルとグーグルは、今、シリコンバレーで最も注目を集める企業です。アップルは優れたインターフェイスデザインとソフトウェア技術をもとに物づくりをする企業、グーグルは優れた検索技術をもとに世界中の情報をアクセスできるようにするインターネット企業と、事業内容は全く異なりますが、常に革新的サービスを提供し、世界中の注目を浴びるところは共通しており、いまやこの両社なしにインターネットを語ることはできなくなっています。

本書は他の企業と両者を隔てる共通の強みを紹介するほか、携帯電話の「iPhone」やグーグルの携帯端末プラットフォーム「アンドロイド」など、今後日本産業に多大な影響を与えると思われる両社の最新戦略について詳しく解説しています。
:




いよいよ明日、4月21日の発売となりますが、すでにインプレスR&Dの「| All-in-One INTERNET magazine 2.0」サイト上には特設ページで以前から案内されております。

→「書籍『アップルとグーグル 日本企業に迫るネット革命の覇者』 目次 | All-in-One INTERNET magazine 2.0

f0002759_12201673.jpg<主な目次>
第1章 世界を変え続ける企業 アップルとグーグルの共通項
世界を変え続ける企業

アップルとグーグルの原動力
アップルとグーグルの発想法
アップルとグーグルの特異性
アップルとグーグルの開発姿勢
アップルとグーグルの改善
アップルとグーグルの姿勢
アップルとグーグルの革命
アップルとグーグルの数知れない接点、共通点
アップルとグーグルの共通項は、両社が尊敬を集めるモトでもある

第2章 アップルとグーグル 異なる戦略とビジネスモデル
「有料」のアップルと「無料」のグーグル
広告を出すアップルと広告を売るグーグル
肉体にこだわるアップルと魂だけのグーグル
アップルとグーグルのリーダーシップ
異なるアプローチで世界を変えるアップルとグーグル
蛇口を押さえるアップルと水道を整備するグーグル
アップルのiPodとグーグルのGmail
アップルとグーグルの模倣者とパートナー
世界の企業地図を塗り替えるアップルとグーグル

第3章 アップルとグーグルの接近と日本にもたらす影響
グーグルの革命がネット業界にもたらした激震
日本でテクノロジーベンチャーが育たない理由
iPhoneとグーグルアンドロイドが拓く巨大市場
「シングルOS戦略」が生んだiPhoneの進化
アップルとグーグルはどのように組んでいくのか?
アップルとグーグルが導くネット家電市場の活性化
姿を現した黒船、変革力を問われる日本
デジタルコンテンツの流通革命の象徴

資料:アップルとグーグルの年表


本書の"はじめに"でも触れられていますが、先日のトークイベントでも話題にしていた「EPIC 2014/2015」での「グーグルゾン=グーグルとアマゾン」へのオマージュという側面もあるようですが、Google/Amazonというネットでのサービスを主体にした2社ではなく、ハードメーカーとしてのイノベーターとしてのAppleとネットサービスの雄としてのGoogleをとりあげつつ、その共通点と相違点をひもといていくというのは、なかなか面白いアジェンダのセッティングだと思います。

僕自身、Googleは日本語版が開始される前から利用しておりましたし、Appleも1989年から使っており(残念ながら現在のメインPCはWindows)、それなりにこの2社にはそれなりのおもいやりがあって、書籍のなかでひかれているエピソードは「そうそう!」と共感するものばかりでした。

この2社についてそれほど詳しくしらなかったとしても、なんらかの形でサービスやプロダクトに触れたことがあれば、言われてみればナルホドという内容で、どんどん読み進めていくことができるのではないかと思います。

この「○○と××」というフォーマットでの対比というのは思考を整理するうえでもたいへん有効な手段だということを実感しました。
その共通点(相似点)と相違点から、そのサービスやプロダクトの本質的な部分を見出すことにつながりそうです。

表紙カバーの袖に書かれている以下のキーワードを見るだけでも、この両社の特徴をつかむことになりそうです。

アップル的を目指すか
グーグル的を目指すか

<アップル的>
●デザイン ●職人 ●クール ●引き算 ●観察 ●骨董通り ●スポーツカー ●聖書 ●京都 ●肉体 ●CM ●垂直型 ●6色 ●手触り ●リビング ●ケータイ

<グーグル的>
●思考 ●道路 ●ミッションステートメント ●遊び ●オタク ●ホワイトボード ●魂 ●20%ルール ●数学 ●アンドロイド ●宇宙 ●アンドロイド ●宇宙 ●水平型 ●マッシュアップ ●Pagelank ●秋葉原 ●クラウドコンピューティング

#"Pagelank"は"PageRank™"の誤植だとは思いますが...スルーでw

これらのキーワードについて、全て本書のなかで詳しく掘り下げられております。

NOT "googlezon", BUT "googlepple".

すでにアップルとグーグルのコラボレーションの片鱗も見え隠れしているようですが、これから両社のもつカルチャーの融合によるシナジーを僕達も体験することになるのかもしれません。
[PR]

by p-article | 2008-04-20 12:38 | その他
<< 「みんなの地図3」モニター体験... [タ]ウッドストック in T... >>