S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

goo goes gooood!?
f0002759_23431571.gif3月末にgooがトップページのリニューアルを行っております。


「goo」がトップページをリニューアル、3列表示でレイアウト変更も可能」2008.3.31 @INTERNET Watch
 NTTレゾナントは31日、ポータルサイト「goo」のトップページをリニューアルした。

 gooではトップページのリニューアルにあたり、ユーザーの視線調査の計測結果を考慮してサイト設計を行ない、興味のあるジャンルの最新情報や地域情報が閲覧しやすいポータルサイトを目指したと説明。ページの表示サイズを拡大するとともに表示を2列から3列にし、ページの左側を「サービスメニューとお気に入りサービス」、中央を「ニュースとコンテンツ」、右側を「地域情報」にそれぞれ分けている。

→「「gooトップページ」のリニューアルについて」2008.3.31 @プレスリリース - gooヘルプ

gooのトップページについてはこれまでも何度かこのブログでも触れております。

→「チミンモラスイ? : goo goes good!?」2006.10.2
→「チミンモラスイ? : gooの10年」2007.4.1
:



新トップページ
f0002759_23513549.jpgf0002759_0385675.jpg

f0002759_10385679.jpg旧トップページ

Yahoo!Japanも2008年1月から正式にトップページのリニューアルをおこなっておりますが、3カラム化というのが、現在のトレンドなのでしょうか...

→「チミンモラスイ? : Yahoo!JAPAN トップページデザインのβテスト実施中」2007.10.26


f0002759_082640.jpgリニューアルにあたっては、視線調査(アイトラッキング)の計測結果および「gooリサーチ」を利用したユーザ意識調査結果を考慮したサイト設計を行ったそうです。

プレスリリースには、以下のように設計上のポイントが記されています。
 表示サイズを拡大し、コンテンツの表示を2列から3列にすることで、サービスメニューや情報の視認性を強化します。左側の列を「gooのサービスメニューとお気に入りサービス」、中央の列を「ニュースとコンテンツ」、右側の列を「地域情報」のエリアとしています。
 左側の列では、gooのウェブ検索で人気の高い22サイトを登録できるほか、サービス利用履歴をもとにしたリンクが表示され、利用頻度の高いウェブサイト及びサービスへのアクセスが容易になります。
 また、お客様の好みに合わせて、桜や花火といった季節ごとに変わる色鮮やかなデザインや、落着いたシンプルなデザインへ変更ができるほか、コンテンツの表示を2列表示にするレイアウト変更も可能にしています。

上記の
■視線調査の計測結果を考慮してデザインを一新

ということに加えて、その他のポイントとして以下のようなポイントを考慮しているそうです。
■地球環境保護活動への参加が可能に
■「教えて!goo」や「gooランキング」で話題の情報がより確認しやすく
■地域情報がさらに使いやすく
■地図上で話題のスポットを紹介
■緊急地震速報を表示
■総額100万円相当のプレゼントが当たるキャンペーン


3カラムというのはモニターの解像度によっては横スクロールとなってしまうので、一部のユーザーからの利便性を犠牲にするということで、少なくない反発があったりしたのですが、2カラムのデザインが用意されているのも好感が持てますね。

ポータルサイトでは、おそらくニュースコンテンツが一番のキラーコンテンツになっていると思うのですが(少なくともトラフィックでは)、Yahoo!Japanとほぼ同じ位置にもってきているのが興味深いです。
(Yahoo!Japanは、真中のカラムの一番上ですが...)

情報設計として、きちんと(科学的に)デザインすると、だいたい似てくるのかもしれません。おそらくこれまでも、同様に吟味してきているのだとおもいますが、ユーザー側の端末の環境の変化や、コンテンツとのバランスなど、その時代にあった最適なデザインというのが存在するのだと思います。

今回のリニューアルについて、gooでは「 『新しいgooトップページ』に関するアンケート」を実施しています。


リニューアルにあたって、ユーザー向けにトップページの新機能などの解説ページも提供されています。

→「gooトップページ - ガイドツアー

f0002759_0595139.jpg4月1日には、エイプリルフールネタとして...こんなのもw

これからのgooの展開も要チェックですw
[PR]

by p-article | 2008-04-07 00:46 | 検索エンジン
<< ブログ専科? livedoor... 「音楽会議3」sponsore... >>