S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

「音楽会議3」sponsored by YAMAHA
f0002759_17164899.jpg4月4日に開催された「音楽会議3」に参加しました。

YAMAHAの音声合成エンジン「VOCALOID」がテーマとなっております。


『音楽会議3 sponsored by YAMAHA』へのお誘い」2008.3.25 @IDEA*IDEA
さて4月のイベントのご案内。今回はブロガー限定、というものではないのでお気軽にお越しください。さて今回のテーマはずばり「音」。過去に音楽会議を2回実施されているYAMAHAさんにご協力いただきます。

最近、百式さんのイベントではブロガー限定ということが多かったような気がしますが、今回はブロガーしばりというのがなかったせいか、こころな参加者の顔ぶれも違ったかもしれません。

■ 実施概要
日時2008年4月4日(金) 19:30~22:00
場所デジタルハリウッド 御茶ノ水本校
定員60名(事前登録。応募者が多い場合は抽選となります)
費用無料
協賛YAMAHA
会場協力デジタルハリウッド大学院
備考全員参加の会議を行います。筆記用具をお持ちください。




これまで、YAMAHAさんがスポンサードによる、百式会議シリーズとして「音楽会議」というフォーマットで2度開催されておりますが、僕は初めての参加となります。

第一回アカデメディア詳細&事前課題発表!」2005.1.19 @Academed!A
『帰ってきた音楽会議 sponsored by YAMAHA』のご案内」2007.7.25 @100SHIKI PR Board


今回は、初音ミクの大ヒットで再注目されているYAMAHAのVOCALOIDにフィーチャしたテーマで、VOCALOIDの開発を担当された方のお話を聞かせていただきました。

参加申し込みにあたって、以下の課題がだされており、参加者はこの課題に回答しての応募となっています。

【事前課題】 2008年末、あなたはマイクを使った画期的なウェブサービスを考え付いてしまいました。そのサイトでは、マイクを使って(A)を入力すると、驚きの(B)をすることができました。さて、(A)と(B)には何が入るでしょうか?


とりあえずですが...僕の回答は以下w

(A) 自分の声
(B) 頑張って練習すれば習得できるモノマネ可能なタレントさんがわかる


うーん...イマイチw

まず、百式管理人の田口さんから、この事前課題についての寸評がありましたが、全般的に「鼻歌」ものが多かったとのことでした。

鼻歌検索のようなサービスは実際にけっこう出てきているので、田口さんから鼻歌周辺の既存サービスと音声関連の周辺サービスの紹介。

midomi
SongTapper.com - Find music by tapping the rhythm of the song's melody.
Name My Tune -- when you need the name of a song.
Dial "DIR-ECT-IONS" (347-328-4667)
Xpenser - Mobile Expense Tracking and Reporting


そして、応募回答から田口さんのツボをついたw12個の回答を紹介。

田口さんも"けっこういいのでは"ということで紹介されてましたが、僕もこれはいいと思ったのは、

(A) 記憶したいフレーズをしゃべると
(B) 思い出すためのキーワードと関連つけて返してくれる


というアイデアでした。


そして、田口さんからバトンタッチされて

ヤマハ株式会社 イノベーティブテクノロジー開発部
サウンドテクノロジー開発センター Y2プロジェクト
須田英之さんによるプレゼンテーション。

ヤマハ株式会社の会社の紹介と
→「ヤマハ - Wikipedia

f0002759_18531299.jpgこれまでのソフトウェアの取り組みの歴史などの話がありました。

写真のグラフは、須田さんの気持ちの高揚感をあらわしたのだとかw

けっこう懐かしい感じのソフトもいっぱいでしたw

f0002759_1924428.jpgそして、いよいよ「VOCALOID2」の紹介に...

ヤマハ株式会社 イノベーティブテクノロジー開発部
サウンドテクノロジー開発センター サウンドテクノジー開発センター
サウンドアンドアコースティックグループ
グループマネージャー 剣持秀紀さんにバトンタッチ。

f0002759_1985570.jpgVOCALOID2エンジンを搭載したクリプトンフューチャーの「初音ミク」のデモンストレーションとして、即興の耳コピによる「みくみくにしてあげる」の打ち込み披露。そして、VOCALOID合成のしくみ解説。

即興でのデモを見ていて、ふと1984年にNHKFMで放送された「細野晴臣の作曲講座」での作曲実演を思い出した。テレビでもその収録模様が放送されたのですが、まだDTMという言葉もなかったのではないかとおもいますが、そんな時代にコンピューターによる作曲というのを見てすごく印象に残っています。

VOCALOID2を搭載したその他のプロダクトも紹介。
「PRIMA」(プリマ)のデモには、会場から感嘆の声が聞こえてきました。

VOCALOID2 PRIMA
/ クリプトン・フューチャー・メディア
ISBN : B0015MQLBE


そして、先ほどの須田さんと、VOCALOID開発者の剣持による
「VOCALIOD対談」に。

VOCALOID 開発の経緯
2000年3月 開発スタート
2003年 新技術に関するプレス発表
     Frankfurt Musikmesseでのプロトタイプ発表
2004年 Version1 商品リリース
2007年 バージョンアップ"VOCALOID2"発表。商品リリース


VOCALOIDの弱み
Mac版マダー?(・∀・)っ/凵⌒☆チンチン
VOCALOIDを読み上げソフトに応用できますか?
自分の声で歌声ライブラリーを使いたいのですが?


どれも開発リソースの問題から未対応とのことですが...

"On-line VOCALOID"

のデモンストレーションを見せていただきました。

f0002759_20444110.jpgオンライン版ということで、ブラウザベースのものなので、
(微妙なブラウザの非対応ということはありそうですが...)
Macでのデモを見せていただきました。

画面はプロトタイプですが、当日の夕方まで開発をおこなっていたもの。
「初音ミク」「鏡音リン」「鏡音レン」が選択できます。

クライアント版とオンライン版のポジショニングの分析などの話があり、
YAMAHAのスローガン、「感動を・ともに・創る」という言葉でしめくくりw

と、おもいきや...

One more thing...

という、例のアレで...

さきほどの、VOCALOIDの弱みとしてでてきた、自分の声で歌わせたいというニーズにこたえるソリューションも。

f0002759_20565388.jpgAuto Vocoder BOX β / オートボコーダーボックス

こちらもデモ版ながら、オンラインサービスによって高価な機材やソフトウェアがなくてもボコーダーを利用可能。

f0002759_20585227.jpgデモ用の生声を録音中。
照れながらもノリノリで熱唱のスダっちw


デモンストレーションでは、あらかじめ用意したスコアに生声で歌唱させておりましたが、まったく違和感なく再生されております。
自分の声でハモったりも自由自在のようです。

"On-line VOCALOID"と"Vocoder BOX β" によって、クライアントソフト版の弱みを補完するサービスとなりそうです。


そして、百式イベント恒例の全体会議として、以下の課題に全員で取り組みました。

2008年末、あなたは「○○を演奏可能にしてみたらすごくない?」というひらめきを得たことで、画期的なネットサービスを考え付いてしまいました。そのアイディアは瞬く間に国境を越え、世界中の人に愛されました。さて、そのサービスについて以下のことを教えてください。

■その画期的なサービスの詳細
そのサービスでは、誰もが持っていて、一見、音とは関係なさそうな(  A  )を"演奏可能"にすることによって、生活の中でもっと音を楽しめるようになっていた。また、ネット上で最近話題の(  B  )にヒントを得て(  C  )なる機能も搭載していたため、自然とクチコミでユーザーが増大していった。
さらに、人は(  D  )したときにちょっと心が暖かくなるという心理法則も活用し、(  E  )という工夫も組み込まれていたため、世界中の人に愛された。さてその画期的なネットサービスの名前は(  F  )。

■その画期的なサービスの図解
そのサービスの効用がわかるように以下に図解してください。


僕が書いた回答は

A : 写真
B : 幕末古写真ジェネレーター
C : 昭和歌謡風にアレンジ
D : アフィリエイトでお小遣いがもらえたり
E : 自分のつくったコンテンツに広告が入る
F : フォト奏(フォトソウ)

うーん...イマイチw

6人前後のグループになって、グループで1案にまとめて、全グループから3案をYAMAHAの方々を選んで、その中から会場の投票で優秀案を決定します。

今回、僕のいたグループが光栄にも予選を通過し、3つの案のうちのひとつに選ばれました。ベースとなったアイデアをだしていただいた方に感謝ですw

ちなみに、以下のような案となります。

A : 料理
B : COOKPAD、オートボコーダーボックス
C : レシピから音楽を奏でる
D : 大勢の人間でごはんを食べたり
E : 食事をしている時間が重なるとハーモニがうまれる
F : みんなのゴハン(みんゴハ)

なかなか、いいんじゃないの?と思うのですが、残念ながら投票で惜しくも優秀賞を逃してしまいました。

今回、1グループのみの表彰と賞品とのことで、1位しかわかりませんが、きっと2位だったと思います(笑)

f0002759_2141176.jpgちなみに1位の賞品はコレ
(面識のある方がいたので、お願いして写真だけとらせてもらいました。)

RHODIA用の革のカバー
(ノベルティとしてはかなり高価なもので限定品だそうです。)


そして、今回全体の案の中から、個人賞というのが3つ選ばれました。

第3位から発表
A : 箸
B : ビートマニア・太鼓の達人等の音ゲー、食べログ
C : 食べ物の美味しさをビートで表現する
D : 自分と同じ嗜好をした人の発見
E : 味覚と聴覚の趣味が合うSNS
F : Active Beat Chop(stick)=A.B.C.

賞品は...
初音ミク HATSUNE MIKU
/ クリプトン・フューチャー・メディア


第2位...
A : 怒りの感情
B : Miku Miku Dance
C : 怒った3Dキャラが歌い、踊る
D : 寄付
E : 再生毎に寄付をする
F : おこってたのしも Enjoy anger.com

賞品は...
YAMAHA イージートランペット EZ-TP
/ ヤマハ
ISBN : B000E5YP0M

f0002759_22193418.jpg帰りがけにどさくさにまぎれて写真とらせてもらいましたw

グループ賞とのダブル受賞です。


そして、第1位は...
A : 個人の資産ポートフォリオ
B : エクスペリエンスギフト(体験ギフト)
C : 自分の資産運用テクやギャンブルテクニックをプレゼントできる
D : 人に優しく
E : 募金すると新しい音源が手に入る
F : ミュージックウォレット

賞品は...
ヤマハ ミュージックシンセサイザー MO6
/ ヤマハ
ISBN : B000FHU0HG

f0002759_22263856.jpgf0002759_22271958.jpg

わー、10万円もするんだww

個人のアイデアとして、「写真」というものがかなり多くあったので、まずは機械的にそれをはずすところから選考したそうです...orz

グループ内では、僕だけだったのですが、けっこうだれでも考えるものだったのですね...

ただ、お箸を演奏可能にって、普通にお茶碗をチンチンたたいたりとかw
資産ポートフォリオって誰もが持っているものなの?とか...
いろいろ微妙な感じもしなくもない気がしますが...



今回、もうちょっと「VOCALOID」の開発にまつわる話しを聞きたかったなーというのはありますが、公開前のオンラインサービスのデモなどが披露されたのは収穫でした。

個人的には、「初音ミク」のクリプトンフューチャーの社長さんや、ITmediaのIT戦士とAlternativeブロガーたちがコスプレ居酒屋に集結という宴の方が気になったりww

→「【閑話休題】コスプレ寿司屋でシャンソンを唄う初音ミクを妄想した件 : ITmedia オルタナティブ・ブログ」2008.3.20 @シロクマ日報


なにはともあれ、主催の田口さん、YAMAHAの皆さん、貴重なお話を聞く機会をいただきまして、ありがとうございました。


【関連エントリー】
あの「初音ミク」の「VOCALOID」オンライン版が本邦初公開」2008.4.4 @BB Watch編集部ブログ
「百式」音楽会議に出席」2008.4.4 @stintの日記
「音楽会議」に出席(その2)」2008.4.5 @stintの日記
『音楽会議3 sponsored by YAMAHA』へ参加してきました (オンライン版初音ミクのデモ等々)」2008.4.5 @sta la sta
音楽会議3」2008.4.5 @いろは
『音楽会議3 sponsored by YAMAHA』に出席したよ」2008.4.5 @ごんざれふ
ボーカロイドのこれから(音楽会議3)」2008.4.5 @創造マラソン
音楽会議3に行ってきました」2008.4.5 @Verklighet?
音楽会議!!」2008.4.5 @秋葉原に通う女子大生@Ayaka+ブログ
音楽会議3とオートボコーダーボックス(ベータ)」2008.4.6 @エアロプレイン
『音楽会議3 sponsored by YAMAHA』に参加しました。」2008.4.6 @newzy.jp
音楽会議3でオンライン版初音ミクが登場」2008.4.6 @F.Ko-Jiの「一秒後は未来」
「初音ミク」オンライン版登場!」2008.4.7 @TOKYO HUNGRY GO AROUND
VOCALOIDのこれからにワクワクした「音楽会議3」」2008.4.7 @hiniclip:ヒニクリップ
『音楽会議3 sponsored by YAMAHA』に参加してきました!」2008.4.8 @News Clipping

オンライン版の初音ミク、オートボコーダーボックスなどなど・・・『音楽会議3』イベントレポート」2008.4.7 @IDEA*IDEA
[PR]

by p-article | 2008-04-06 22:54 | その他
<< goo goes gooood!? [タ]六ポン木ポン酢会 in 目黒 >>