S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

mixiの著作権問題収束か?
3月3日に発表されて、その後有名ブロガーからの糾弾など、ネットのあちこちで議論をまきおこしたミクシィの規約改定の問題ですが、騒動後にアナウンスされていたように著作権のユーザーへの帰属を明記した形での修正をしたものを発表したようです。

「日記の著作権はユーザーに帰属」mixiが新利用規約の条文修正」2008.3.19 @INTERNET Watch
 SNS「mixi」を運営するミクシィは19日、4月1日から施行する新利用規約の条文を一部修正した。mixi上の日記の著作権がユーザーに帰属する旨などを新たに盛り込んだ。新利用規約は3月3日に発表されていたが、ユーザーの日記をミクシィが自由に利用できるとも取れる内容だったことから、「日記が勝手に書籍化されるのでは」といった懸念が上がっていた。

 今回ミクシィが修正したのは、「日記等の情報の使用許諾等」を規定する第18条など。第18条1項では、「本サービスを利用して投稿された日記等の情報の権利(著作権および著作者人格権等の周辺権利)は、創作したユーザーに帰属します」と明示した。


【関連記事』
mixiが修正規約を公表 「ユーザーに著作権」明記」2008.3.19 @ITmedia


mixi、4月1日より利用規約を改定--日記などについて著作者人格権の行使を禁止」2008.3.4 @CNET
mixiの新利用規約、条文修正へ--「ユーザーの著作権」について明記するよう検討中」2008.3.5 @CNET

mixi規約改定問題 「ユーザーが著作者の時代」にまた繰り返す大騒動 (1/2)」2008.3.5 @ITmedia
mixi規約改定問題 「ユーザーが著作者の時代」にまた繰り返す大騒動 (2/2)」2008.3.5 @ITmedia
:



mixi内の「新機能リリース・障害のご報告」というページで下記のように報告があります。
mixi利用規約 条文修正に関するお知らせ 2008.03.19

mixi運営事務局です。

先般、利用規約の改定についてご案内させていただきましたが、改定意図についてユーザーの皆様への充分なご説明が不足しており、ご利用に際して不安や誤解、混乱を招きましたことを心よりお詫び申し上げます。

修正を検討した結果、第18条の条文の修正をはじめ、利用規約の文言を変更し、あわせてQ&Aを公表させていただきました。

修正された条文の新旧対照表につきましては こちら をご参照ください。
Q&Aにつきましては こちら をご参照ください。

今後は、ご利用いただくユーザーの皆様にご理解いただきやすい利用規約にしていくとともに、ユーザーの皆様にご満足いただけるサービスを提供して参る所存です。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。


問題となっていた第18条については以下のような変更となっています。
(旧)mixi利用規約 第18条

1. 本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。
2. ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします。

(新)mixi利用規約 第18条

1. 本サービスを利用して投稿された日記等の情報の権利(著作権および著作者人格権等の周辺権利)は、創作したユーザーに帰属します。
2. 弊社は、ユーザーが投稿する日記等の情報を、本サービスの円滑な提供、弊社システムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲内で、使用することができるものとします。
3. 弊社が前項に定める形で日記等の情報を使用するにあたっては、情報の一部又は氏名表示を省略することができるものとします。
4. 弊社が第2項に定める形で日記等の情報を使用するにあたっては、ユーザーが設定している情報の公開の範囲を超える形ではこれを使用しません。


今回の利用規約の変更の問題について、CNETのオンラインパネルディスカッションにも様々な意見が寄せられております。

→「mixi日記は誰のもの? 改めて考える利用規約:CNET Japan オンラインパネルディスカッション - CNET Japan


CGM系の他のサービスでも同様の規約なのに、これだけの騒ぎになるのは、ユーザーへの説明不足という指摘をけっこう目にしましたが、今回の条文修正で、ユーザーの態度がどうかわるかというのは、これからの反応をみていくことになりそうです。

根本的なところとして、招待制だから安心、公開範囲が指定できるので安心、会員だけのスペース、ということを散々喧伝してきた結果として、ユーザーの認識の乖離というのが生まれているのかもしれません。

今回の修正条文として第18条4項に
「 4. 弊社が第2項に定める形で日記等の情報を使用するにあたっては、ユーザーが設定している情報の公開の範囲を超える形ではこれを使用しません。」
とありますが、"ユーザーが設定している情報の公開の範囲"という以前に、mixi会員以外には公開されていないという前提において、たとえ公開設定されていても、mixi会員以外の目に触れるパブリッシュということを示唆しているのが、よくわからないところでもあるのですが…

ちなみに僕はmixiで日記を書いたことが一度もありません(笑)
[PR]

by p-article | 2008-03-21 00:22 | コミュニティ
<< [タ]ラジカセアゲイン! "Google日本語... >>