S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"2008 Web Predictions"
年末のRead/WriteWebの記事
→「2008 Web Predictions」2007.12.23 @ReadWriteWeb
お正月休みに、一通り目を通してはいましたが、翻訳記事がCNETにあがっておりました。

#やっぱり日本語の方が読みやすいw


RWWの名物エディターが大胆予測!2008年のウェブ業界の企業とテクノロジの栄枯浮沈」2008.1.15 @CNET
 2008年に存在感を増すウェブアプリケーションやトレンドは一体何だろうか。この記事では、RWWの著者やエディターたちが現在のウェブ技術の流れについて思いを巡らし、2008年に何が起こるかを予想している。挙げられたトピックにはGoogle、セマンティックウェブ、オンライン広告、レコメンデーションシステム、Facebook、digg、オープン標準、モバイルウェブ、検索エンジンをはじめとする多くの項目が含まれている。


【関連記事】
2006 Web Technology Trends」2006.12.11 @ReadWriteWeb
2007 Web Predictions」2006.12.19 @ReadWriteWeb
:



気になるところとしては...

Richard MacManus(ReadWriteWeb編集者)
7.
2008年に生まれる最も興味深いウェブのイノベーションは、シリコンバレーではなくアジア(中国、日本、韓国)で起こるだろう。2008年には中国から少なくとも1社の新興企業が米国市場に食い込み、Twitterのような成功を収めるだろう。おそらくモバイルウェブアプリケーションの分野が有力だろう。


最近、韓国でのネットサービスの話題ってあまり聞かなくなったなーという印象もあるのですが(おそらく僕の関心領域に限っての話だとは思いますが...)、日本でのイノベーションに期待が高まっているというのは、実に楽しみです!

サービスへの言及として、Twitter、Tumblr、diggの買収といった話題がでていたり、Facebookについては、複数の方からの言及(成長という方向性と衰退という方向性)がでています。

このあたりは、既定路線というか、現実的な予測(ある部分は2007年にもいろいろと話題になっていたところですが)といえますが、なかにはかなり過激なシナリオも描かれています。


Googleについても、現在のプレゼンスというものが脅かされるという意見がいくつかの視点からでております。

そんななか、こんな記事もあがっております。

グーグルとFacebook、SNSのデータ共有化を目指すDataPortabilityに参加」2008.1.10 @CNET
 GoogleとFacebookは、各種のソーシャルネットワーキングプラットフォームを横断してユーザーのIDやデータ管理を統合することを目指す団体DataPortabilityに参加することを表明した。

 DataPortabilityのウェブサイトによると、同団体の目的は「あらゆる既存の技術とイニシアチブを統合してエンドツーエンドのデータポータビリティを実現するリファレンスデザインを生み出し、このデザインをデベロッパー、ベンダー、エンドユーザーのコミュニティーに普及させること」である。DataPortabilityに参加を表明しているその他の企業には、ソーシャルネットワーキングサイトのLinkedInやPlaxoがある。
--(中略)--
 一方、Googleには参加しているソーシャルネットワーク間でアプリケーションやウィジェットの互換性を実現するOpenSocialと呼ばれる独自の構想があるが、このプログラムには異なるサービス間でデータを共有する計画はまだない。


Googleのコミュニティへのとりくみというところ気になる動きのひとつではあります。


さてさて、
So check out our predictions for '08 and please contribute your own in the comments.

と、自分自身のコメントも残すようにということなのでw、僕はここに、僕の予測を残しておくことにします。

予測というか、感じていることという程度のことですが...

・モバイルCGMによる情報の活用
・Twitter(もしくはクローンサービス)のスケールと進化
・ローカルメディアへの注目
・プレファブリック・コンテクスト

このへんが気になっています。

#最後の「プレファブリック・コンテクスト」というのは、僕の考えた名称なので一般的なものではありません。
#名称が微妙なので、ここに書いておくか迷ったのですがせっかくなので追記。
#説明はまたの機会にさせていただきます。

[PR]

by p-article | 2008-01-15 22:40 | その他
<< 「関心空間」リニューアル! ア... PSPデビュー! >>