S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"Yahoo!Days"の門戸開放と"プロフ"への取り組み
f0002759_229433.gifこれまで一部のYahoo!関連サービスの利用者かDaysユーザーからの招待に限定されていた「Yahoo!Days」が、いよいよ誰でも登録が可能になるそうです。
さらに、Yahoo!による"プロフサービス"も登場とのことです。


ヤフーのSNS、誰でも参加可能に 新「Yahoo!プロフィール」前面に」2008.1.9 @ITmedia
ヤフーはSNS「Yahoo!Days」を2月ごろにリニューアルする。誰でも登録・利用できるように変更した上で、プロフィール機能を切り出し、新サービス「Yahoo!プロフィール」として公開する。

→「Yahoo!Days

【Yahoo! Days関連エントリ】
チミンモラスイ? : Yahoo!360°」2006.5.24
チミンモラスイ? : Yahoo!360°→Yahoo! Days」2006.8.1
チミンモラスイ? : キャリアとしてのSNS」2006.11.25
:



「Yahoo!Days」について、これまでの大まかな変遷
(主にユーザー登録関連のポリシーを中心に)

2006年2月 Yahoo! 360° ベータ版ローンチ 完全招待制
2006年5月 コミュニティ機能実装
2006年7月 Yahoo! Days に名称変更 Yahoo!IDに登録開放
2006年11月 「Yahoo! ケータイ」ユーザー、ソフトバンクモバイルからの登録開放

話題としては、2006年のMySpaceのソフトバンクによる日本進出
チミンモラスイ? : 「MySpace Japan」只今テスト中」2006.11.5
チミンモラスイ? : MySpace日本版はソフトバンク?」2006.11.6
チミンモラスイ? : 「マイスペースジャパン」予想内だった?」2006.11.7

というような話しもありましたが、まだまだ静観モード?

SNSへのとりくみとしてのヤフーからのコメントもいくつか出ておりました。

→「「mixiを追いかけても意味がない」――ヤフーSNS、会員向けに開放」2006.7.31 @ITmedia
→「「mixiを抜く」と孫社長 MySpace日本版の武器は「音楽」」2006.11.7 @ITmedia
→「ヤフーが「CGM化の大号令」 MySpaceは「連携も」 (1/2)」2006.11.17 @ITmedia

昨年は殆ど話題にも上っていないという印象もあるのですが、昨年井上社長のインタビューで「Yahoo!Days」についても触れられております。

→「ヤフー井上社長に聞く:「『健全な場』が最後に勝つ」「ケータイはPC超える」「Androidはうさん臭い」 (2/4)」2007.11.26 @ITmedia
Yahoo!Daysの役割は
―― SNS「Yahoo!Days」を軸にソーシャルメディア化を図っていくという構想だったが、Yahoo!Daysの利用は伸びていないように見える。

 まず、Daysは2つに分けて考えてもらったほうがいい。人と人とをつなぐネットワークの部分と、その上に乗っかっている日記帳サービスみたいな部分。日記帳サービスは1つのアプリで、核になるものではない。核にする部分は、人と人とのつながり。



個人的に、やはりモバイルでの利用というところにフォーカスしたようなポータルの展開というところも気になっていたりするのですが、こういったSNSのようなコミュニティの展開というのは、ますます注目されていくと考えられそうです。

そういったなかでの、PCウェブを制覇したYahoo!のモバイルでのポータル展開(ソフトバンクモバイルに限らず)というところで、「プロフサービス」の役割も気になります。
記事には詳細情報がありませんが、「Yahoo!プロフィール」は携帯電話にも対応したものになるのだと思います。約1000万人と言われる、楽天グループの「前略プロフ」を意識した展開ということも既定路線としてみていいのではないかと思います。

とはいえ、ティーンにフォーカスしたサービスになるとは限らないで、テンプレートなどのデザイン的要素やコミュニティの棲み分けといったところもポイントになりそうです。


USでは、こんなニュースも...

→「2008 International CES:Yahoo!サービス、Google携帯やiPhoneにも対応へ」2008.1.9 @ITmedia

Yahoo!USの動きとしては、この辺も要チェック

→「ヤフーの新SNS「Mash」にご招待」2007.9.16 @TechCrunch Japanese
→「Yahoo、「Kickstart」をローンチ―大学生とOBを結ぶ新しいSNS」2007.11.5 @TechCrunch Japanese
→「「Yahoo Live」、じゃなくて「Yahoo Life」がやって来る」2008.1.9 @TechCrunch Japanese
→「Yahoo Life(仮)、出遅れ挽回なるか」2008.1.9 @TechCrunch Japanese
[PR]

by p-article | 2008-01-09 23:22 | コミュニティ
<< ブロガーズネットワークの投票 セカンドライフの明後日? >>