S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

「何故あの会社はメディアで紹介されるのか?」読了
「百式ポイント企画」改め「百式企画塾」の賞品として「何故あの会社はメディアで紹介されるのか?」を頂きました。

→「今年最後の百式企画塾『ブロガーに効く!本の付録を考える!』」2007.12.25 @IDEA*IDEA

何故あの会社はメディアで紹介されるのか?―PR最強集団のTOPが教える55の法則
西江 肇司 / / アメーバブックス新社/幻冬舎


お約束として、読後の感想を書くようにというミッションでしたので(笑)、
書評的なエントリをさせていただきます。
:



本を頂く前に、いつも拝見しているブログで、こちらの本についての反響を事前にみておりました。

何故あの会社はメディアで紹介されるのか?」2007.12.24 @煩悩是道場
0円でPRはできない」2007.12.26 @smashmedia


ベクトルグループ
といえば、以前にAMNのイベントでお邪魔したブロガーズラウンジの!WOMCOMを関連会社にもつグループです。

そういえば、こちらも頂きものなのですが、「クチコミのチカラ」もベクトルグループの書籍でした。

クチコミのチカラ―ビジネスに生かすクチコミ・マーケティング
ベクトルグループ / / 日経BP企画


「何故あの会社は~」の出版にあたって、著者である西江CEOがブログを始められたようです。

→「本の出版について」2007.12.8 @何故あの会社はメディアで紹介されるのか?

PRというテーマを軸に、ブロガーズリレーションにも取り組んでいるわりには、正直あっさりとしたプロモーション展開のような気もします。

残念ながら、僕は広報担当ではないので、多少畑違いというところではあるのですが、それでも読後の感想として、ちょっと物足りないような印象をもちました...
多少なりともマーケティングの経験者であれば、それほど目新しい発見がないかもしれません。ただ、id:ululunさんが指摘されているように、これからPRに取り組もうという方には、基本的なポリシーを習得する上で教科書的な役割を果たしそうです。

僕は、こういったビジネス書を読むときには、誰に向けられた本なのか?誰が読むといいのか?ということを意識して読むのですが、PRの重要性を訴えたこの書籍は、もしかしたら現場の担当者よりも、経営層がPRという役割を再認識するのにいいのかもと感じました。

「55の法則」として、PRのポイントがまとめられているのですが、テクニカルな側面を説いた部分と、PRの価値を説いた部分が混在していて、例えば、極端な例では「法則41:ユニークな社内制度をつくれ!」などPR担当者が向き合えるものとは思えないようなところも...

ちょっと気になったのは、広告宣伝との違いを強調しているのに、ところどころ販促や広宣もしくは商品企画の領域なのでは?と感じる部分も散見されています。
(まあ、広義にはマーケティングの範疇ではあると思いますが、このあたりは業界や組織形態にもよるのかしら?)

本の中で、広告宣伝にだけ力をいれるだけでなく、広報的な役割の重要性を認識するということを繰り返し触れておりますが、確かに広告宣伝費を潤沢に投じることができる商品やサービスの方が限られているのではないかと思います。そういった意味でもPRの活用というのが今後ますます注目されてくるのだと思います。

全体を通じて、PRのキモは「話題づくり」ということが書かれているのではないかと思いますが、具体的な事例を通じてそこらへんを再認識することができました。

感想として最初に「それほど目新しい発見がない」と書いてしまいましたが、なにげに最後の章の「第5章 PRの近未来図 - ベクトルが取り組む新手法」というベクトルグループのメニューの紹介が、興味深い内容でした。
[PR]

by p-article | 2008-01-07 21:39 | その他
<< セカンドライフの明後日? 検索ランキング2007 @テク... >>