S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"YouTube" evolution!
YouTubeで広告配信のテストが始まるようです。

YouTube、日本で広告配信テスト--東芝とリクルートが参加」2007.11.27 @CNET
 動画共有サイト「YouTube」は11月27日、日本で期間限定の広告配信テストを開始した。東芝とリクルートがテストパートナーとなり、3つの広告メニューの配信テストを行う。

 両社の広告とコンテンツは、YouTube日本版のトップページで配信されるほか、専用チャンネルやYouTube日本版内のサイトでランダムに表示される。正式配信に向けて、メニュー別に広告配信の効果と傾向を調査することが目的だという。



【関連記事】
YouTube日本版、"東芝のぱらちゃん"などで広告配信テスト開始」2007.11.27 @マイコミジャーナル
YouTube 日本語版で広告配信テスト、東芝とリクルートがテストパートナーに」2007.11.27 @Japan.internet.com
YouTube日本版が広告配信テストを開始、東芝とリクルートが参加」2007.11.27 @INTERNET Watch
:



f0002759_055118.jpgトップページYVA:トップページで表示される動画広告
Run of Site:トップページ以外のYouTube内ページにランダムに広告配信
ブランドチャンネル:チャンネル上部にバナー設置。チャンネル内で排他的に広告。

という3つの広告メニューをテスト的に配信するようです。
本配信に向けて、それぞれのメニューの広告配信の効果と傾向を分析するとのことです。


←東芝のブランドチャンネル


YouTubeの広告については、2006年10月のGoogleの買収以前にもちょこちょこ出ていました。
広告メディアにはまだ早い?-「YouTube」の魅力と危うさ」2006.5.17 @CNET
YouTube、新しい広告コンセプトを発表--P・ヒルトン氏も登場」2006.8.23 @CNET


また、Adwordsによる動画広告というのも始まっています。
ライバルは「ニコニコ動画」?--YouTubeとAdwordsで進める、グーグルの動画広告戦略」2007.9.28 @CNET
米Google、YouTube動画を使った新広告サービスを開始」2007.10.10 @INTERNET Watch



YouTubeの日本戦略」2007.8.5

このあたりで指摘されていたような、著作権侵害への対応というところもありますが、今回のような形でナショナルブランドによる広告媒体としての活用というのは大きな前進といえそうです。


ところで、そのYouTubeですが、今回の広告配信テストとしてリクルートも参加しているからかどうかは定かではありませんが、リクルートが展開するフリーペーパー「R25」にYouTubeがペイドパブと思われる展開を行っています。

f0002759_1191422.jpgf0002759_1194182.jpg

→「R25R25 No.168」(2007 11/22-11/28)

P14とP48-49 に掲載されています。

5回連載! 人生動画バラエティ
YouTube劇場


と題した、第1回目は
「忘年会で輝く!」編
だそうです。

「YouTube入門」ということで、ちょっとした解説と

知ってた?
YouTube物語 vol.1
仲間内での動画共有がすべてのはじまり
2005年にカリフォルニア州サンマテオで設立されたYouTube。きっかけは、メンバーが開いた引っ越しパーティだった。招待された友人たちはそれぞれ動画を撮っていたが、それをオンライン上で見合える場がないことに気づく。そこでフォーマットやメディアの違いを気にせずに動画を共有できすサイトYouTubeを開設。当初、メンバーが家族やペットの動画をみせることを目的として開設されたYouTubeだが、次第にアクセスが急増。今や知らない人はいない、巨大動画サイトへと発展したのだ!

今週のピックアップf0002759_1263754.jpg
"My Cat Stinky"
YouTube創設メンバーのひとりであるSteve Chenが、初めてアップロードした記念すべき動画がこれ。自分の飼っている猫を仲間に見せるための動画だった。
http://jp.youtube.com/watch?v=YXJYpx0EKEs


こんなこぼれ話が掲載されています。

さらに、Premiere R25 というコーナーでは見開きで、YouTube CTOのスティーブ・チェン氏のインタビューが掲載されております。


最近、AdsenseでiGoogleの広告をたまに見かけたりしますが、こういった形で紙媒体でのパブリシティ展開というのも、Googleとしては珍しいのではないのではないかと思います。
[PR]

by p-article | 2007-11-28 07:15 | コミュニティ
<< 初音ミク効果の波及 Are you feeling... >>