S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

Gmailの進化
f0002759_22215325.gifGmailが高速化、高機能化でリニューアルというアナウンスがありました。


高速・高機能化したGmailが「数週間以内」にお目見え予定」2007.10.31 @INTERNET Watch
 米Googleは29日、近く「Gmail」の新バージョンをリリースする予定であることをGmail公式ブログで発表した。Gmailが高速になるほか、ユーザーインターフェイスの改良や新機能の追加も行なわれる予定だ。

 この新バージョンをリリースする理由について、GoogleがGmailのリリース以来、「大きなWebアプリケーションを構築することや、Webブラウザを限界まで利用した時に何が起こるかについて多くを学んだ」ことによると説明している。

→「Code changes to prepare Gmail for the future」2007.10.29 @Official Gmail Blog

【関連記事】
Google、Gmail刷新で高速化へ」2007.10.31 @ITmedia
:



昨日、POLAR BEAR BLOGで、「Google Analyst Day」でのデモンストレーショの映像が紹介されていて、実際にサクサク動くさまをみて感動しました!

→「サクサク動く Gmail 2.0」2007.10.30 @POLAR BEAR BLOG

一部のユーザーにはこの新バージョンが提供されているようですが、数週間後のローンチが待ち遠しい限りです。
アドレス帳の高機能化(Contact Manager)などもあるようですが、やはりこれだけ劇的にサクサク動くのを見せられると、無条件に進化を感じることができます。

これまでGmailについて、反応についてとくに不満とかを感じたことはなかったのですが、割と感覚的な尺度であるスピード感というところで、あきらかな変化を提供できるというところがスゴイところです。


Gmailについて10月には、容量が増加したり、IMAPへの対応などいろいろ話題になっておりました。
Gmailがストレージ容量を拡大、3GBを超えさらに拡大のペースを速める」2007.10.15 @INTERNET Watch
グーグル、「Gmail」と「Google Apps」でストレージを増加へ」2007.10.15 @CNET
Gmail、IMAP機能をサポート--その使用感はいかに」2007.10.25 @CNET


Gmailは、Googleの提供する各種サービスを水平的なリンクをしていく上でのキーとなるアカウントサービスなので、Gmail自体の機能の充実ということはサービス全体に影響する部分となりえるのではないかと思います。

→「グーグル、Analyst DayでiGoogleのアップデートやその他のサービスを発表」2007.10.25 @CNET


一方、「Yahoo! Mail」も誕生10周年という記事がでておりました。
→「「Yahoo! Mail」誕生から10周年~メールの使い方に隔世の感」2007.10.9 @INTERNET Watch
 10年前にYahoo! Mailはわずか3MBのメール保存容量で始まったが、2004年4月には米Googleが「Gmail」で保存容量を1GBとする衝撃的な発表を行ない、業界に大きな影響を与えた。その影響で、Yahoo!は2007年3月にはついにメール保存容量をすべてのユーザーに対して無制限とした。また、当時は「Webメール」が意味することを理解できない人が多く、特に自分が使っているISPと関係のないアドレスをなぜ持つ必要があるのかわからなかったが、 10年が経過し、現在では多くの人が自分のメインメールアドレスとするまでになっている。


Yahoo!の場合は、ポータルサイトとして各種コンテンツで利用するYahoo!IDにメール機能が従属している印象がありますが(とくにYahoo!Japanにおいては)、GoogleでのIDの水平的活用の展開というところが気になるところです。
[PR]

by p-article | 2007-10-31 22:50 | 検索エンジン
<< Page Rank, matc... "@niftyつり&... >>