S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

『ブログと広告』 by AMN
f0002759_23453032.jpg10月18日(木)に開催されたAMNのブログイベントに参加してまいりました。


AMNブログイベント第六弾は『ブログと広告』がテーマです」2007.10.15 @AMNブログ
■AMNブログイベント vol.6
 『ブログと広告』

■開催概要
日時:2007年10月18日(木) 18:30開場 19:00開始 (21:00終了予定)
会場:ヴィラフォンテーヌ汐留コンファレンスセンター (地図はこちら)
会費:3,000円 (軽食込み)
人数:50名

■ タイムテーブル
18:30 受付開始
19:00 オープニング
19:05~ パネルディスカッション 
 パネラー
 - 織田 浩一氏 (Ad Innovator)
 - 津田 大介氏 (音楽配信メモ)
 モデレーター
 - 徳力 基彦 (tokuriki.com)
20:15 懇親会
21:00 終了予定


今回のイベントに際して事前の予備知識として以下にパネラーのお二方の紹介があります。

→「「テレビCM崩壊」と「CONTENT'S FUTURE」の交差する場所」2007.10.16 @AMNブログ





今回のイベントは、同日の午後に開催された
AMNマーケティングセミナー
カンバセーショナルマーケティング最前線

の番外編的な感じで、「カンバセーショナルマーケティングサミット(CMSummit)」のレポートをされた織田さんが、引き続き登壇されました。

もうひとりのパネラーの津田さんは、同日「インターネット先進ユーザーの会(Movements for Internet Active Users : MIAU)」の設立発表会でのトークもあったようです。

→「「ダウンロード違法化に反対」新団体MIAU設立で協力呼びかけ」2007.10.18 @INTERNET Watch
→「著作権問題でネットユーザーの声を集約、津田大介氏らが団体設立」2007.10.18 @INTERNET Watch

→「MIAU : 公式サイト

仕事の都合で、この二つのイベントには参加できなかったので、内容は異なりますが、お二方のお話を聞きたくて、夜の部に参加いたしましたw


ちょっと遅れての参加となってしまいましたので、参加した感想だけ自分の備忘録として残しておきます。
(メモはとってあるのですが、途中からの参加だったこともあり、いつものようなレポートを期待してくださった方には申し訳ありません…)

f0002759_2356277.jpgこれまで参加させていただいたAMNのブログイベントに比べて、ディスカッションの要素が多くて、徳力さんとパネラーの方、そして会場との対話と言う感じで進行。


今回は「ブログと広告」というテーマということで、ブロガーにとっての広告を掲載することはどういうことかというようなお話が聞けました。

津田さんは、ブログ(Webでの情報発信)をはじめたときから、ライターをされていたということで、ジャーナリストとして意識もあって、広告を載せるということには抵抗があったそうです。(抵抗というより美学?)
セルフプロデュースを期待していたけど、最初の1年はハンドルネームで書いていたので、まったく反応がなかった。名前を出して書くようになって、いろいろと仕事の以来がくるようになった。

当時の広告といえば、バナーをはりつけるというようなものしかなくて、ちょっと抵抗があったが、amazonのアソシエイトプログラムを使ってみて、反響がわかるようになって面白くなってきた。

戸田誠司さんのCDを大プッシュしたら、インディーズで5000枚くらいしかないところで80枚くらい売れた。
(おっと、戸田誠司!僕も好きでしたw
元FAIRCHILDのYOUはブログ書いてたのに、3月いっぱいで終了してた!残念…)

全然話はそれるのですが、「ジャンクビート東京」とかもナツカシーなと思ってググってみたら、YouTubeにもあがってたりするんですね…いいんだか悪いんだかw
CD持ってるんで探せば出てくると思うんだけど…


Pay-per-post に絡んでの徳力さんから、
「こんな内容については書きたくないとかあるか?」
という問いについて

織田さんは
「ほとんど売り込みとかはない、面倒だからやらないというスタンス」

津田さんは
「自分の推したいモノしか書きたくない」
「モノをもらって書くのは抵抗がある」

という回答をされていました。

なんやかんやと、興味深いディスカッションで濃密なやりとりがありましたが、ばっさり割愛させてもらいます。

けっこうアフィリエイトとしての売上げなど、なまなましい話も聞くことができました。
(今回途中からの参加で、注意事項とか聞いてないこともあり、書いていいのかわからないので、伏せておきます。)


ブログだけで生活できるかみたいな話もあったのですが、会場にニュース系の有名ブログの方がいらっしゃって、その方はブログだけでやっていけてるというコメントがありました。

「ブログで生活」という話に、津田さんが運営する「ナタリー」では、コンテンツを二次流通許諾の契約していることで収益をあげるという話があって、徳力さんはそういう発想はなかったというようなコメントをされていました。
コンテンツ産業ではけっこう当たり前のモデルなんだと思うのですが…

今回一番印象的だったのは、津田さんからのメディアとしてのブログのアドバイスで、
客観情報とオピニオンのバランスが大事」というところです。
「オピニオンばかりになってしまっているブログを見ることがあるが、その意見に共鳴しないひともいる、自分で調べた客観情報の割合が7割から8割あると、その意見に賛同しないひとにも価値があるエントリになる」とのこと。
たしかにそうかもしれません。
逆に僕の場合、自分の意見というのはブログで書くことってあまりなくて、エントリの中で1割もないですね(笑)
最近意識的に、目立たないようにメモしてたりしますが…
どうもこのあたりのさじ加減というのが難しいんですよねww

あと、津田さんが"広告が悪だとは思わないが、それだけを考えたくない"というようなニュアンスのことをおしゃっていたのですが、ここもけっこう僕も似た感覚があります。

f0002759_094616.jpg懇親会用に用意された「ペストリーショップ 木村家」のサンドイッチですが、ディスカッションがもりあがっってしまって、食べながらのパネルディスカッションとなりました(笑)


懇親会の時間が、会場の関係でほとんどとれなかったのは、ちょっと残念でしたが、今回もいろいろな話が聞けて勉強になりました。

#あとで、ちょっと加筆・修正するかもです。
[PR]

by p-article | 2007-10-19 01:41 | その他
<< [タ]炭酸水の宴 "Web Scout... >>