S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

[ミニマルコミュニティ]セパレートスタイル?
タイトルは、もちろん「スクール水着がセパレート」という話ではありません(笑)
#エキサイトネームカードのマイクリッピングというURLのクリップサービスで記事のタイトル取得がNGワードで取得できなかったんだけど…エキサイトニュースなのにw


人気ブログ「たけくまメモ」のコメント欄が、掲示板として別の場所に設置されたそうです。

コメント専用掲示板を設置しました」2007.10.2 @たけくまメモ
「たけくまメモ」コメント専用掲示板を設置しました。使い方は2ちゃんねるとほとんど同じで、匿名投稿も可能になっています。ただし、スレ立ては管理人にしかできません。基本的にこれは普通の掲示板ではなく、あくまで「たけくまメモ」のコメント欄なのだとご理解ください。原則として「たけくまメモ」でエントリを立てるごとにこちらにも1スレを立て、相互に直リンを張ります。

たけくまメモ・コメント掲示板

2ちゃんねるの「read.cgi」のクローンのようです。
スレッド単位でのURIは参照はもちろん、"/n-n"という形式で、レス番の直接参照も可能のようです。
また、スレッド単位でトラックバックも受け付けているようです。

:



人気ブログならではの炎上対策なのだとは思いますが、なかなか興味深いアプローチです。

[コメント専用掲示板を設置しました。]
http://www2.atchs.jp/test/read.cgi/takekumamemo/3/
には以下のように続きます。
そのうち雑談掲示板を設けたり、みなさんの希望でスレ立ても考えていますが、設置したばかりでまだ俺も勝手が分かってません。「たけくまメモ」と関係がなかったり、明らかな宣伝・迷惑レス・竹熊以外の特定個人への誹謗中傷と管理人が判断したコメントは、予告無く削除することもありえます。とりあえず各自社会人としてのマナーを守ってご利用ください。竹熊個人への批判・嫌み・罵詈雑言なら構いません。しかしこちらの許容範囲を試すような馬鹿な真似はやめてください。俺だって人間です。では。


コメント欄をブログと分離することで、掲示板としての機能がうまくはたらき、読者間のインタラクションも活発になるということも考えられます。
ブログ側からみるとコメント欄が炎上しても対岸の火事という感覚でいられるのかもしれません。

コメント欄を閉じているブログを運営している方というのは意外にいるなーと思っているのですが、たまたまコメントをしようと思ったらコメント欄が閉じられていて、トラックバックのみを受け付けている方がいらっしゃいました。ふと思ったのは、こういうケースでは、自分のブログにコメントを書いてトラックバックを送ればいいのですが、ひとことコメントを書くのに、脈絡なくブログにエントリするというのもちょっとアレ(笑)ですし、もうすこし気軽にできる方法はないかなーと考えてみて、メールベースでトラックバックをおくるような仕組みとかでもいいかなーと妄想したり、それこそtwitter的なツールから発言ベースでトラックバックが送信できてもいいのかな?とかいろいろ考えておりました。

とはいえ、ブログのコメント欄というのは、タレントブログやアルファブロガーといった有名な方々のブログ以外では、逆に身内や、趣味的な部分での同好といったつながりのなかでの日記的なものでないと、コメントが日常的につくということはないような気がしています。


今回の「たけくまメモ」のようなアプローチもあるわけですが、こういう外部へのコミュニティツールのアタッチメント的なサービスもあってもいいのかもしれません。
(以前より、ブログパーツ(ガジェット/ウィジェット)としてBBS機能が提供されているものはありますが…)


話はかわりますが、ブログのコメント欄が建設的な議論に発展して盛り上がることを、"コメント欄が掲示板化している"ということがありますが、僕の定義ではコメントに対するレスをブログのオーナーではなく読者がレスしているようなケースと考えています。
こういった読者間のインタラクションというのは掲示板ではよく見かけられるわけですが、やはりブログのコメント欄という「場」では、ブログオーナーへの遠慮みたいなものがあるのでしょうか。

ブログとコメント欄を切り離すことで、これまでとは違った「場」となる可能性もありそうです。
とはいえ、一般のブログの場合には、切り離されたコメント欄側になんらかの工夫が必要だと思っています。

このあたりも含めて個人ツールとしてのコミュニティというところも考えていて、以前より「ミニマルコミュニティ」ということを考えているわけです。

→「ミニマルコミュニティの時代」2006.10.4


ウェブログのコメント欄についての言及として、ちょうど「誰もコメント欄を設置しなくなるシナリオ(妄想)」というオプションが提示されておりました。

→「ブログのコメント欄が死ぬとき」2007.9.28 @Geekなぺーじ

前段で、はてなブックマークのコメント欄での言及についてもふれられておりますが、はてブの場合、ひとつのブックマークに1ヶ所しかコメントできません。追記したい場合は、そのコメントを修正するしか方法がありません。
ユーザー側でシステムを工夫しながら使うという文化はすごく健全だとは思いますが、やはりあるところ以上での機能の代替にはなりえない壁があるように感じます。


うーん、なんかまとまっていないのだけど、エントリしちゃおう。
いつも通りの書き散らしです…




[PR]

by p-article | 2007-10-03 00:38 | コミュニティ
<< "情報大航海プロジェ... SNS+パーソナライズドホーム... >>