S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

mixi動画100万投稿達成
mixi動画が突破、サービス開始から半年で」2007.8.21 @CNET100万投稿
 ミクシィは8月21日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」内で提供している動画共有サービス「mixi動画」の投稿数が、8月17日に100万を突破したことを発表した。

→「株式会社ミクシィ | プレスリリース

【関連記事】
mixi、mixi動画の投稿数が100万件を突破。全開放から約1カ月」2007.8.21 @BroadBand Watch
mixi動画の投稿数が100万突破」2007.8.21 @ITmedia

8月2日にYouTubeとの連携が発表されたばかりですが、mixi動画としての投稿数が100万件を超えたそうです。
:



mixi動画については、5月に20万投稿という発表があって、その後無料会員にも開放してまもなくの100万件の投稿ということですので急増といえそうです。
mixi動画、早くも「国内最大級」 投稿数、「ニコニコ」の上」2007.5.10 @ITmedia
「mixi動画」を一部の無料会員にも開放」2007.6.22 @ITmedia
「mixi動画」、全ユーザーに開放」2007.7.13 @ITmedia


動画サービス開始からのニュースを拾ってみると…
mixiに動画投稿機能 2月5日から」2007.1.30 @ITmedia
「YouTubeとは違う」 「mixi動画」で日記をリッチに」2007.2.5 @ITmedia
mixi動画に検索機能 新着動画一覧も」2007.3.29 @ITmedia
mixiコミュニティに投稿動画貼り付け機能」2007.6.7 @ITmedia


笠原社長はプレスリリースに以下のコメントだしています。
「このように多くのユーザーの皆様に『mixi動画』をご利用いただいておりますことを、深く御礼申し上げます。
サービス提供開始より短期間で動画投稿数が100万を突破した理由としては、モバイルから、メールに動画ファイルを添付するだけで簡単に投稿できるなど、使いやすさをユーザーの皆様にご評価いただけたのではないかと考えております。また、『mixi動画』は、旅行やホームパーティーを楽しむ様子や、ペットなどを撮影し、友人や知人と共有するなど、動画を日記に引用することで、日記をより豊かに表現いただくコミュニケーションとしてご利用いただいているようです。
ミクシィでは、今後もユーザーの皆様にとって、より豊かなコミュニケーションを楽しんでいただけるようなサービスを提供して参ります。」



YouTubeとの連携の発表のときにITmediaにmixi動画とYouTube連携との棲み分けとして以下のような記事がありました。

→「mixiがYouTubeと組む理由」2007.8.6 @ITmedia
 同社の広報担当者は、mixiに投稿されるYouTubeの動画は「時事的なコンテンツなど、mixi動画とは性質が違う」と説明する。mixi 日記からYouTubeのURL(youtube.com)を検索してみると、8割ほどが、テレビ番組のワンシーンやミュージックビデオ、アニメ動画などで、それぞれ著作者に無断でアップロードされたものとみられる。

 違法コンテンツはわざわざmixi動画に上げなくてもYouTubeから引用すればいい――YouTubeと連携すれば、こう考えたユーザーが mixi動画への違法コンテンツ掲載をやめ、YouTube利用にシフトすれば、mixiは違法動画対策の負担を減らせることにもなる。


携帯電話からのアップロードがメインとなると、YouTubeを違法コンテンツのスケープゴートとする?ことの是非はともかくも、コンテンツの棲み分けにはなりそうです。

ただ、YouTubeが急成長した要因として、ブログ等への引用(エンベッド)での外部メディアを通じた接触機会の提供や、関連動画への導線といった面的なリンクのデザインがあるかと思いますが、mixi動画では実現できておりません。
あくまでも人がネットワークのノードとなるmixiのようなタイプのSNSでは不用意にリンクを配置するわけにはいかないと思いますが、なにかしらの工夫の余地がある部分ではないかと思います。

各サービスでの動画の再生終了後のインターフェースについては以下にまとまっています。
→「動画共有サイトに見る口コミのメカニズムまとめ」2006.11.8 @S i M P L E * S i M P L E

先のITmediaの記事の結びに
 同社の広報担当者によると、mixi動画もまだ収益化しておらず、「具体的なビジネスプランはまだお話できる段階にない」という。

とのことですので、動画を核にしたサービスの展開というよりも、あくまでも日記のコンテンツの補完ツールというような位置づけなのかとは思いますが…
[PR]

by p-article | 2007-08-23 00:14 | コミュニティ
<< "EasyURL&q... リアルタイムインデクシング@G... >>