S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

YouTubeの日本戦略
6月19日から提供されている「YouTube Japan」ですが…
先日(8月2日)GoogleによるYouTubeの日本戦略についての記者発表がありました。

YouTube、日本版の事業戦略を発表--ミクシィや吉本らもパートナーに」2007.8.2 @CNET
YouTube日本語版の事業説明会。パートナー提携や著作権対策を重視」2007.8.2 @BroadBand Watch
YouTubeの著作権対策、人力チェックよりも技術的解決を重視」2007.8.2 @INTERNET Watch
YouTubeが日本戦略加速 成功のカギは「パートナー」 (1/2) 」2007.8.2 @ITmedia
YouTubeが日本戦略加速 成功のカギは「パートナー」 (2/2)」2007.8.2 @ITmedia

著作権対策の進捗状況と、パートナー提携についての報告があったようです。

【以前の関連エントリ】
"YouTube Japan" ローンチ!」2007.6.20
YouTube創業者が語る日本戦略」2007.6.21

:



著作権対策としては、動画・音声を自動識別する「フィンガープリント技術」を秋には導入という予定のようです。

違法コンテンツに対する以下のような見解が発表されております。
違法なコンテンツがサイト上にあることを望みません
ユーザーは権利を有しているコンテンツだけアップロードするよう、明確に表示しています

現在、権利保有者がYouTubeのサイトにある自分のコンテンツを特定し、削除を請求するための電子的なツールを提供しています

音声認識及び動画認識技術を数カ月中に開始する予定であり、JASRACおよび日本の多くの権利保有者と協議中です
権利保有者は、認識した動画をブロックする、プロモーションまたは収益配分を目的とする利用を認める、という選択ができます


また、パートナー提携の展開として
[Promotion]
スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(スカパー
東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX
GDH(GOZO DOGA
吉本興業 吉本興業チャンネル
「ZZZ.TV」(ジーティービー)
[Distribution]
ミクシィ
[Upload]
CASIO

といったところが発表されています。

→「「YouTubeは新たなビジネスチャンス」日本語版パートナーが期待」2007.8.2 @BroadBand Watch

ミクシィのYouTubeとの連携については、一昨日のエントリでも触れておりました。
→「mixiとYouTubeが連携、動画付き日記の投稿が可能に」2007.8.2 @CNET


カシオのデジカメのYouTUbeへのアップロードの対応は、残念ながら米国発売の機種で、国内の発売は未定とのことです。
→「米Casio、YouTube対応810万画素コンパクト「EXILIM Card EX-S880」」2007.7.11 @デジカメ Watch

今回のGoogleの事業説明会にて、カシオ計算機からもパートナーとしての発表があった模様。
→「カシオ「YouTube対応をデジカメの標準機能にしたい」」2007.8.2 @INTERNET Watch
 中山氏はまず、「ご存知ない方も多くなったが、1995年3月に世界で初めて液晶付きデジタルカメラを発売したのは実はカシオ」と前置いた上で、以降、カメラが銀塩からデジタルへと急速に移行する中で「カシオは銀塩にはできない新しい用途を常に提案してきた」とし、YouTube対応もその流れの中にあると説明した。


この、世界初の液晶付デジカメというのは、おそらく「QV-10」のことではないかと思いますが、これ僕も持っていました。
携帯電話についているカメラが、普通に200万画素以上の現在では想像できないと思いますが、1/5インチCCDで、画素数は25万画素でした。

この「YouTube」の事業説明会については、各ニュースメディアでもかなり記事に熱がこもっている感じがしますが…

→「YouTube日本版事業説明会に思う」2007.8.4 @nobilog2

こちらのブログエントリもコンテクストを埋める上で、参考となります。


「YouTube」での著作権問題というところについて、国内権利団体からの記者発表についても報じられております。

「YouTubeの対策はまだ不十分」──JASRACなど、「まず削除」求める」2007.8.2 @ITmedia News
「日本発コンテンツは一度リセットせよ」--YouTube問題、国内権利団体が2回目の協議開催」2007.8.2 @CNET
「違法アップロードの対応は極めて不十分」国内24団体がYouTubeに訴え」2007.8.2 @INTERNET Watch



何かと注目を集めている「YouTube」の日本展開ですが、こんな記事もあがっておりました…

→「[再報]Flickrが動画サービス開始へ」2007.8.4 @TechCrunch Japanese
[PR]

by p-article | 2007-08-05 02:03 | コミュニティ
<< newsing1周年! 「Unow?」コメント機能実装 >>