S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

オモロケータイ始動か? "actface"
チームラボが考えると、ケータイはどうオモロくなる?」2007.8.1 @モバイルチャンネル - CNET Japan
 KDDIが新たな携帯電話の形を追求するために行っている「au design project」。2007年夏にデザイナーとして選ばれたのは、オモロ検索「sagool(サグール)」などの開発で知られるチームラボだ。

 同社が考える携帯電話のあり方、ユーザーインターフェースはどのようなものなのか――7月31日、東京都内のKDDIデザイニングスタジオにおいてチームラボが手がけたau design projectのコンセプトモデルが展示されるとともに、チームラボ代表取締役社長の猪子寿之氏とプロダクトデザイナーの坂井直樹氏によるトークショーが開かれた。

原宿のKDDIデザイニングスタジオで、オモロトークショーが開催されました。

以前に猪子社長とちょっとだけご挨拶させていただいたことがあったからだと思いますが、トークショーについてメールでご案内いただいておりました。残念ながら別件があって参加できなくて気になっていたら、CNETにレポートがあがっておりました。
(ちなみにメールのタイトルが、猪子社長らしいキャッチーなものでしたw)
:



記事には、発表されたコンセプトモデルの写真も掲載されております。

これまでの「au design project」のインダストリアルデザインとしてのコンセプトモデルというアプローチにとどまらず、二つのしかけが提案されたようです。

[PLAY]
 その結果生まれたのは、ユーザーの行動によってさまざまに変化し成長する仮想街をディスプレイに常駐させる仕組み「PLAY」だ。たとえば、ハートマークの入ったメールが恋人から届いたら、ディスプレイに表示される街が幸せそうになる。同じ相手からの電話に10回出ないと、「デナインジャー」というキャラクターが現れて街を破壊してしまう。フル充電時には街中に活気があふれ車や人が多く行きかうのに、電池が少なくなると街全体が沈んでしまう、といった具合だ。

[Rhythm]
 このほか、端末のボタンを押すリズムが、ディスプレイに映し出される水墨画の映像に反映される「Rhythm」も紹介された。ボタンを押した部分のディスプレイに花が咲いて、発話ボタンを押すとボタン部分から鯉が現れ上のディスプレイに昇るといった表現が披露された。


展示会は、9月2日までやっているそうなので、是非一度足を運んでみようと思います。

f0002759_0352888.jpg→[「ケータイがケータイし忘れていたもの」展ウェブサイト]
2007.7/31|火|-9/2|日| 10:00-20:00
KDDI デザイニングスタジオ(原宿)1st
2001年のスタート以来、新しいアイデアやコンセプトを高いクオリティで実現し、ケータイデザインの最先端を走り続けてきたau design project。プロダクトデザインを中心としたこれまでの提案から少し視点を変えて、今回、インターフェイスデザインにフォーカスしたコンセプトモデルを展示発表します。デザインを手がけたのはアートディレクター森本千絵氏、そしてウルトラテクノロジスト集団(チームラボ)。

→[プレスリリース]@KDDI

トークショーでは、商品化は未定だが技術的には実現可能だから、商品化希望ならブログに書いてと呼びかけたそうです。

現在僕は、KDDI(笑)のTu-Kaユーザーなわけですが…ご存知の通り何らかの形で選択を迫られております。

→「Tu-Kaノトリコミ / auノオモテナシ」2007.4.16


この[PLAY]や[Rhythm]が商品化されたら、ぜったいに切り替えます!

商品化キボン!


ただし、「MEDIA SKIN」が発表されたのが、2005年11月だったので、発売が実現されたとしても、発売までに1年半くらいかかるから、2009年以降かなー。うーん間に合わない…


今回のトークショーについて、猪子社長のお相手となる、コンセプターとしておなじみの坂井直樹さんのブログ(でいいのかな?)に今回のイベントに関してエントリがあります。

→「明日2007/7/31(火)18:00〜19:00猪子寿之氏と、坂井直樹氏のスペシャルトーク」2007.7.30 @デザインのたくらみ(ケータイ編)
→「あえてiPhoneとは、真逆のインターフェイス革新」2007.8.1 @デザインのたくらみ(ケータイ編)

#僕も頂いていた猪子社長からのメールの内容も公開されてます(笑)


f0002759_0541445.jpgf0002759_0542788.jpgチームラボのサイトで、詳細な情報が提供されています。
actface(アクトフェイス)について|TEAM LAB.NET

[PR]

by p-article | 2007-08-02 00:55 | その他
<< "コミュニティ機能&... 『ブログと動画』 by AMN >>