S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

“仮想経済”をめぐる議論とSecondLifeフィーバー
RMTからリンデンドルへ、“仮想経済”をめぐる議論で見えてくるもの」2007.7.18 @INTERNET Watch
境氏は、仮想経済の出現は現時点では社会に対してそれほど大きな影響は与えていないものの、「今後起きるかもしれない問題の入口が見えてきている」という。そこでは、MMORPGのリアルマネートレード(RMT)からSecond Lifeにおける仮想通貨「Linden Dollar(リンデンドル)」へと続く1本の流れがあると指摘する。


日本語版のローンチで、それなりの反響があったりなかったり…
意外と静観モードという感じもしないSecondLifeですが、興味深いインタビュー記事が掲載されておりました。
:



[シンポジウム「仮想世界の法と経済」]でのテーマとして予告されているようです。
講演:『仮想世界の法と経済への政策対応の可能性と限界』
内容:仮想世界とは、データベースを中核とした情報サービスの自律的連携による、巨大な自己更新型情報空間である。そこには国境もなく、原理的な意味での統治権力は存在しない。しかし、そこでは不正競争、詐欺、情報窃盗などの法的経済的問題が常に発生する。同時に、仮想世界は、リアル経済のGDPを増加させ、或いは国民の生活品質を向上させるなどの可能性を持っている。問題に対処し、発展を促すという、一見ごく当たり前の政府の責務たる政策対応は如何にして可能であり、そしてどこに限界があるのか。RMTやデータベースビジネスなどを例にとりながら説明し、政府が採るべきより根本的な方策について考察する。



INTERNET Watchのインタビューの最後の一節が気になるところです。
──Second Lifeという世界において、リンデンドルによる仮想経済圏が形成されているというのは、我々の思い込みや幻想なのか?

境氏:リンデンドルは1つのかたちでしかなく、それ以外のかたちもありえる。つまり、リアルマネーとリンデンドルの混合経済であることの方が自然かもしれない。議論はいろいろあると思うが、Second Life上の経済圏の中で、リンデンドルによるピュアなSecond Life経済の割合は、それほど大きい割合には達しないと個人的には思っている。

 

そんな仮想経済についての議論と同時に、現実世界との接点へのアプローチについての記事もあがっております。(上記の混合経済というところに符合するのかも)

Second Lifeで購入した商品が手元に届く「Tokyo ZERO番地」」2007.7.18 @INTERNET Watch
Second Lifeで実際の商品が購入できる「Tokyo ZERO番地」」2007.7.18 @ITmedia


そしてこんなサービスも登場…
Second Lifeのニュースやコラムを集めたポータルサイト」2007.7.17 @ITmedia
 3Dを使ったネットサービスを行う3Diと、ネットメディアの企画・運営を行うngi mediaは7月17日、3D仮想空間「Second Life」に関連したニュースやコラムなどを検索・閲覧できるサイト「THE SECOND TIMES」を開設した。

 これまで個人サイトなどで個別に紹介されることが多かったSecond Lifeなどの3D仮想空間を利用したサービスの情報を、一括で検索・閲覧できるようにする。

第2のインターネット的な部分として象徴的ともいえるかと思うのは、インターネットというサイバー空間の「道しるべ」としてスタートしたYahoo!の出現が必然であったのと同じように、SecondLife内でのポータルへの布石なのでしょう。
(すでに案内所のようなところは存在しているみたいですが)


そんななか、IT戦士のこんなつぶやきも…
Second Lifeへの空騒ぎ、そろそろやめませんか」2007.7.18 @ITmedia
なぜか最近、Second Lifeに関する報道が熱を帯びている。だがやっと出てきた日本語版も使いやすいとはいえないし、そろそろほかに目を向けた方が楽しいと思うが……。



そうそう、この微妙な温度差をもった加熱感というところには、「メディア・パブ」でも静観モードとしてのエントリがありました。
→「日本語化で過熱するセカンドライフ,その実態は?」2007.7.18 @メディア・パブ



日本語版の展開によって、日本の文化と法律にあったサービス側でのローカライズと、現実世界での法整備というところも同時にもとめられてくるのではないかと思います。
仮想空間というなかへの現実世界の射影によって、現実空間と同様な問題が発生するのもしかたのないことなのかもです。
“仮想経済”にとどまらず、いろいろな議論に発展しそうです。

[PR]

by p-article | 2007-07-19 00:26 | コミュニティ
<< ブログでつながる"B... 今度の"modiph... >>