S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

twitter考 - その4 (BBSとの相違と相似編)
引き続き、「twitter考シリーズ」のエントリです。

twitter考 - その0 (おさらい編)」2007.6.27
twitter考 - その1 (ファーストインプレッション編)」2007.6.28
twitter考 - その2 (同期性についての考察編)」2007.7.5
twitter考 - その3 (コミュニケーション構造編)」2007.7.8

「その1 (ファーストインプレッション編)」では、僕の印象として、"同期的なコミュニケーションが発生している状況下においては、2ちゃんねるの実況板に近い"と書きましたが、TwitterにBBS(掲示板)と相似するところを見つけることができるのではないかと思います。

「その2 (同期性についての考察編)」で、"掲示板との相違/相似というところについては、また別の機会に"と書いておりましたので、このエントリでまとめてみたいと思います。
:



ここでちょっとおさらいですが、インターネットでのコミュニケーションツールについて、ウィキペディアにあるキーワードをピックアップしてみます。
#順番にあまり意味はないです。
[ウィキペディア | 電子掲示板]
[ウィキペディア | チャット]
[ウィキペディア | ネットニュース]
[ウィキペディア | 電子メール]
[ウィキペディア | メールマガジン]
[ウィキペディア | メーリングリスト]
[ウィキペディア | インスタントメッセンジャー]
[ウィキペディア | Web日記]
[ウィキペディア | ソーシャルブックマーク]
[ウィキペディア | ソーシャルニュース]
[ウィキペディア | ブログ]
[ウィキペディア | ソーシャル・ネットワーキング・サービス]

その他、「プロフィールサービス」もコミュニティツールといえそうです。

「電子掲示板」(BBS)を見ると、mixiコミュニティも、掲示板の例としてあがっています。

BBSのタイプとしては、大まかな分類として「ツリー型]と「スレッド型」というように分類されますが、Blogのコメント欄や、SNSの日記/コミュニティの発言欄は、構造的には「スレッド型の掲示板」に属するといっていいかと思います。
(ちなみに、2ちゃんねるは「マルチスレッド・フローティング型」と呼ばれてます。)

で、話を「Twitter」にもどしますが…
f0002759_064759.jpgTwitterでは[Twitter:Home]がデフォルトで表示されますが、招待ではなくサインアップすると、フレンドがいない状態でのスタートとなりますので、発言が何も無い状態で表示されます。
また、ログインしていない状態では「Twitter:Public timeline」が表示されます。

←このパブリックの状態の表示をみると、コミュニティデザインとしては「電子掲示板」に相似する部分を容易に発見できるのではないかと思いますが、どうでしょうか??


IT用語辞典(e-Words)による定義として、以下のように記されています。
BBSとは 【電子掲示板】 (Bulletin Board System)
 参加者が自由に文章などを投稿し、書き込みを連ねていくことでコミュニケーションできるWebページ。掲示板の開設者がタイトルやテーマなどを決め、参加者が内容に沿った書き込みをしていく。投稿は時系列あるいは記事の参照関係を元に並べられ、参加者が一覧できるように表示される。

ここの、
"参加者が自由に文章などを投稿し、書き込みを連ねていく"
という意味では、「Twitter」とも符合するところがあると言っていいでしょう。

ただし、ここに定義されているように、一般の掲示板では、スレッドやディレクトリのタイトルに沿ったテーマによって支配されているケースが多いといえます。個人のHPなどで、メッセージ交換用にBBSを設置しているケースもありますが、提供者という人格がひとつのテーマとして与えられると考えられます。

タイトルの有無というところについては、
→「チミンモラスイ? : Twitterは"ミニブログ"なの?」2007.6.5
でも、ちょっと触れていますが、けっこう影響のある要素かもと思います。


上記のような情報構造の違いもありますが、コミュニティデザインとしての相違というか提供されている機能として…

「その2 (同期性についての考察編)」で"ユーザが自由にデザイン可能(フリーデザイン)なコミュニティがメディア化している"と書きましたが、そこについて掲示板(BBS)との比較で補足させていただきます。

下の図の左側の状態が、掲示板スタイルである[Public timeline]を表しています。
f0002759_072874.jpg

フレンドとしてユーザー(メンバー)を選択することで、カスタマイズされたパーソナルな掲示板をデザインしていることになります。

ここで...
ふと思ったのはこの「twitter:さえずり」と比喩される発言は[1:0]のコミュニケーションであると「その3 (コミュニケーション構造編)」と書きましたが、この発言は、ダイアログとしての性格を持ち合わせたものとも言えそうです。
(なんか"言えそうです"とか歯切れの悪い表現が多くなってるなーw)
ダイアログというのは、対話型のメッセージでもあるわけですが、ここでは対話というより「セリフ」的な感じ。
「セリフ(台詞)」というところからの発想になりますが、ユーザーがキャスティングを行って舞台を自由にデザインしているというようなイメージとしてとらえることもできそうです。(ちょっと強引ですが…)
[舞台=ライブ] というところから、「twitterとは何か?」という問いに対して、
ライブログ(Live-log)」というのを考えてみたのですが、"気軽に書き込める"というニュアンスがないなーという指摘もあって却下(笑)

おそらく、この発信(書き込み)のところのメッセージのスケール感というのは、携帯電話のメールに近いのかなと感じますが、これはまさにTwitterのコアとしての"メッセージ・ルーティング・システム"と密接な関係でもあるわけです。

ちょっと話がそれてしまいましたが、Twitterの再定義というところについては、もうちょっとだけ考えてみようと思います。

このエントリのテーマとしては、「BBSとの相違と相似」ということで書かせていただいたわけですが、トポロジーとしてみたときに、これまでの掲示板(BBS)から進化・拡張したものととらえることもできるわけです...
("BBS2.0"とか言うのはやめときますww)
[PR]

by p-article | 2007-07-09 00:37 | コミュニティ
<< iPhone 遭遇! twitter考 - その3 ... >>