S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

twitter考 - その0 (おさらい編)
実は、僕自身[twitter]を激しくつかっているということもないのですが(笑)、新しいスタイルのコミュニケーションツールとして注目しています。

種々のクローンサービスの登場や、応用的事例としての利活用、コミュニティの成長といったなかで、twitter や その他の周辺サービスについて、ちょっとまとめておこうかと思います。
(まあ、いつものように自分用のメモで、僕の脳内の整理という意味合いです...)

「Blog」や「SNS」、「BBS(掲示板)」、「チャット」、「メッセンジャー」、「メール」といった定番となったコミュニケーションツール同様、twitter型のコミュニケーションツールについてもなんらかの定義が必要なのではないかと思っています。
そのためにも、まずはTwitterのサービス構造、コミュニケーション構造について理解して、そこから、なんらかの定義に結びつければと考えています。

これから何回かにわけて(不定期となりますが)、「twitter考」についてエントリをしていく予定です。

今回は、これまでのおさらいという感じで、基礎的な部分について振り返ってみます。
:



まずは、基本中の基本(笑)ですが、おなじみのWikipediaの記事を参照

→[Wikipedia | Twitter]
Twitter is a social networking and micro-blogging service that allows users to send "updates" (text-based posts, up to 140 characters long) via SMS, instant messaging, the Twitter website, or an application such as Twitterrific. Twitter was founded in March 2006 by San Francisco start-up company Obvious Corp.


f0002759_0261713.gifType of site Micro-blogging
Launched July 13, 2006


ここでは、[Micro-blogging] と定義されていますね。

昨年の7月から提供されているサービスとなりますが、日本では百式の昨年末のエントリで紹介されたあたりから認知されているのではないかと思います。
→「「今、何をしているの?」でつながる『twitter』」2006.12.31 @100SHIKI.COM

僕もこのエントリは見ていたのですが、「ふーん」という感じでスルーしていたわけですが...

グローバルでのトラフィックが急激に増加しはじめた3月あたり、タイミングとしては
→「トラフィックが大爆発した“Twitter”」2007.3.12 @メディア・パブ

このあたりから、日本でもブロガー(と呼ばれる)の方々を中心に利用者が増えてきた模様です。

ちなみに、Alexaでのトラフィックのトレンドをみると
グラフの上のラインが[mixi.jp] 、下のラインが[twitter.com]となります。
f0002759_0271935.jpg→[Reach]



f0002759_0275426.jpg→[Page Views]



Alexaでの集計なので、あくまでも参考値としてとらえた方がいいわけですが...
mixiが5月以降下降しているのは、モバイルにシフト?
このあたりも気になりますが、今回はスルーします。
twitterですが、3月以降急激にリーチもPVも上昇しますが、その後横ばいになっております。

[public timeline]をみると、たいてい日本語のメッセージをみつけることができますので、日本人の利用者はあいかわらず多いような気がします。
(このあたりは時差もありますので、時間帯によるものもあるかとは思いますが...)

Alexaでは国別のアクセスとして
United States : 30.8%
Japan : 14.4%
Spain : 8.5%
Germany : 4.9%
United Kingdom : 4.7%

と、こんな感じになっています。

twitterから先月発表されている数値では、USと日本がほぼ均衡していて、それぞれ30%強だったので、割合として日本からのアクセスは減っている?と思えなくもないですが、日本でAlexaのトラッキングに参加しているサンプルは極端に少ないとおもいますので、おそらくそこの影響がでていてると思われます。

一応前提として、日本からの利用もまだまだ盛り上がっているという仮定で話をすすめていきたいと思います。



ちなみに、これまで僕も何度かtwitterについてのエントリをあげております。
師匠ブログに学ぶ」2007.5.10
Twitterのなかまたち」2007.5.11
Twitter Night Fever!」2007.5.15
Twitter Night ,Over!」2007.5.16
「つぶろぐ」by excite」2007.5.27
Twitterは"ミニブログ"なの?」2007.6.5
Twitter:クローンの逆襲」2007.6.17

"nowa [ノワ]" by livedoor」2007.5.7
[nowa]ノワッター」2007.5.17

このなかで、断片的に書かせていただいたことについて振り返ると...

■「非同期」メディアとしてのコミュニケーション
■「ミニブログ」という表現(定義)については、ちょっと違和感
■「クローンサービス」に注目

このあたりついて、回をわけてエントリしていこうと思います。

こういったところを掘り下げることで、twitterの再定義につながればと...
[PR]

by p-article | 2007-06-27 01:23 | コミュニティ
<< twitter考 - その1 ... "Yahoo! Ja... >>