S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"YouTube Japan" ローンチ!
YouTube Japanがスタート--日本語をはじめ多言語化」2007.6.19 @CNET
 YouTubeは6月19日、インターフェースなどを日本語化した「YouTube Japan」を開始した。日本語だけではなく、ブラジル、フランス、イタリアなど、10カ国語に対応した。

→[YouTube - Broadcast Yourself]

Googleのグローバル展開を考えても、想定内ではあるのですが、突然の朗報でした。
Googleとの決定的な違いとしては、コンテンツ展開を意識しているためか、ローカル別にホストを個別に提供しているようです。

【関連記事】
YouTubeが日本語版サービスを開始、10カ国に対応」2007.6.19 @INTERNET Watch
YouTubeに「スカパー!」の動画配信ページ開設、日本企業初」2007.6.19 @INTERNET Watch
YouTube日本語版が公開に」2007.6.19 @ITmedia
「YouTubeは米国から世界のサービスへ」YouTubeの共同設立者がアピール」2007.6.19 @BraodBand Watch
YouTube、9ヶ国対象に専用バージョンをリリース」2007.6.20 @TechCrunch Japanese
:



f0002759_0393176.jpg基本的にはメニューやナビゲーションのローカライズが中心ですが、[SKY PerfecTV」コンテンツチャネルも追加されているようです。

これまでの、USで展開されていた"youtube.com"に加えて、10ヶ国への対応となります。
追加のローカルページは以下となります。
[Brasil] http://br.youtube.com/
[France] http://fr.youtube.com/
[Ireland] http://ie.youtube.com/
[Italia] http://it.youtube.com/
[日本] http://jp.youtube.com/
[Nederland] http://nl.youtube.com/
[Polska] http://pl.youtube.com/
[Espana] http://es.youtube.com/
[United Kingdom] http://uk.youtube.com/
[United States] http://youtube.com/



いわゆる動画サイトとして、ちょうど国内のニュースとしても…

ニコニコ系の動画サービス「ニフニフ動画」、ニフティが公開」2007.6.11 @CNET
「ニコニコ動画(RC)」開始、コメント記録機能やプレミアムサービスを追加」2007.6.18 @CNET


という話題が提供されていた矢先の、今回のYouTube日本語版ですが、現状まだまだ絶対的なプレゼンスをもっているYouTubeのローカライズで今後の市場の変化というところが注目されます。

CGM(この場合は厳密には、UCC、UGCもしくはCGVと言ったほうがいいのかもしれませんが)においては、投稿の部分にあたる入り口の部分と、メディアとしての出口の部分についてそれぞれ考えていくべきなのですが、今回のローカライズでは特に入り口部分でのユーザーの間口を広げることに貢献するのではないかと思われます。

これまで、言語の壁として英語文化圏のサービスというのは、日本ではそれほどブレイクするサービスというのは殆どなかったわけですが、そのなかでも例外的に受け入れられていた「YouTube」のローカライズによる日本市場での今後の展開は目が離せませんね。
[PR]

by p-article | 2007-06-20 01:01 | コミュニティ
<< YouTube創業者が語る日本戦略 inside mixi >>