S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

ニフティも研究所!「ニフティ研究所」
またまた、ゴールデンウィーク前の話題で恐縮ですが...
ヤフー、楽天に続いてニフティも研究所を設立というニュースがありました。

「ニフティ研究所」設立、Web 2.0分野のマーケティングを支援」2007.4.26 @INTERNET Watch
 ニフティは、Web 2.0分野のマーケティングを支援する専門組織「ニフティ研究所」を5月1日に設立する。所長には同社WOMビジネスチームシニアマネージャーの友澤大輔氏が就任するほか、顧問に丸の内ブランドフォーラム代表の片平秀貴氏、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授の阿久津聡氏を招へいする。

→[プレスリリース]
:



プレスリリースには、研究所の活動内容として以下の5点がアナウンスされてます。
1.ウェブ2.0を切り口としたマーケティングソリューションの調査・研究・開発
2.新規事業分野の開拓や競争力強化を目的とした研究・開発
3.産・学・官との最新技術研究・開発
4.国内外の最新状況の調査・研究
5.各企業の課題に合わせた研究成果のビジネス商用化



ヤフーと楽天の研究所についても以前にエントリをしております。
→「WEB10.0?? "ラボ"ブームの決定版!」2007.3.28
→「楽天にも研究所」2007.3.29

それぞれの研究領域についておさらいすると...

「Yahoo!JAPAN研究所」
慶応大学:村井純教授
□「自然言語処理」
 意味解析や形態素解析などを研究
□「情報検索」
 ヤフーが所有する膨大な量のログを対象
□「情報デザイン」
 Webサイト利用時における利用者の行動・生体分析とサイトデザイン
□「メディア処理」
 有害画像を高速に自動判別する
□「インターネット生活予測」
 インターネットによってもたらされる人々の生活習慣や社会活動への影響を調査

「楽天技術研究所」
東京大学:米澤明憲教授
 □今後1~3年など中長期的な視野に立ったサービスの研究
 □3年以降の長期的な研究をしている大学などと産官学連携の研究を行うパイプ役
 □将来的な技術ビジョンのひとつとして「サードリアリティ」
 □その他ふたつのビジョン 年内に社内的なビジョンとして策定

「ニフティ研究所」
丸の内ブランドフォーラム代表:片平秀貴氏(元東京大学大学院経済学研究科教授)
一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授:阿久津聡氏

各研究所で大学教授を招聘しており、アカデミック色の強い取り組みであることには間違いがなさそうですが、先行する二つの研究所が技術指向といえるのに対して「ニフティ研究所」ではマーケティング的なところにもフォーカスされているようです。

ヤフーや楽天は、いままでラボという取り組みをおこなっていなかったのに対して、ニフティでは「@niftyラボ」というのがあったのが気になるところですが...
[PR]

by p-article | 2007-05-06 01:58 | その他
<< "nowa [ノワ]... [タ]日本全国大仏総選挙 >>