S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

WBS2.0 Vol.14 feat. El Camino Real
f0002759_0195143.jpg「Web Business Shuffle Vol.14」に参加いたしました。
今回のゲストは、「エル・カミノ・リアル」の木寺社長です。

→「WBS2.0 Vol.14 feat. El Camino Real 参加募集中」2007.4.6 @Speed Feed
→「WBS2.0 Vol.14 いよいよ明後日(あさって=19日)。楽天参加決定!」2007.4.17 @Speed Feed
:



シークレットプレゼンテーションは予告通り、楽天からお二方がみえて
「ケータイ版楽天市場の現状」
「楽天アフィリエイトを活用した楽天ウェブサービスのご紹介」
という二つのミニプレゼンテーションがありました。
ケータイ楽天市場の売れ筋のジャンルとして、ファッションやダイエット・コスメ系のシェアが高いといった話や、ウェブサービスをつかったパートナーサイトの事例などのお話がありました。

→「楽天市場のAPIを公開する「楽天ウェブサービス」提供開始」2007.1.17 @INTERNET Watch


ホストの小川さんからは、4月11日に開催された「FBS(フィードビジネス・サミット)」での
『日本にedge feeder/aggregatorは出現するか』
と同じテーマのお話がありました。
(僕は、FBSには参加できなかったので、ラッキーw)

#サーチエコノミー→クエリをどうつくるか?
#FEED2.0はフルコンテンツのFEED
#現在はFEED1.5くらい?
#話題の「modiphi」は5月中旬に公開予定


そして、ゲストの「エル・カミノ・リアル」の木寺祥友さんから、携帯RSSのサービスコンセプトのご紹介と4月23日にリリース予定の「 ECReal Reader PC flash Ver. 」の発表がありました。
f0002759_021244.jpg

→[プレスリリース]

まだデモ版ということらしいですが、実際にデモンストレーションを見せてもらうことができました。

携帯電話の画面をPCで再現したような独特のインターフェースですが、モバイルユーザーにはわかりやすいインターフェースなのかもしれません。

基本的には、モバイルに特化したサービス開発を行ってきているが、ユーザーからPCでも利用したいという声があったために、開発をおこなったとのことです。
< ECReal Reader PC flash Ver.開発の背景 >
 これまでエル・カミノ・リアルでは、2005年10月17日にサーバ連携型のiアプリ版「ECR RSSリーダー」、2006年10月26日にはflash版の携帯RSSリーダー「ECReal Reader」のオンライン・サービスを開発し、1万近くの登録ユーザーにサービスを提供して参りました。また、ユーザー参加型のソーシャル・アクティブ・ブックマーク(SABM)のサービス・コンセプトにより、これまで3万近くの良質なフィードの集積・共有を実現しております。
 この間、エル・カミノ・リアルでは携帯サービスの事業ドメインをベースに携帯ビジネスとシナジーのある形でのPC/ウェブ版のサービスを検討して参りましたが、Web2.0の系譜に連なるMobile2.0の時代へ突入した今、「 ECReal Reader PC flash Ver. 」の投入のタイミングと考え、この度サービス・リリースの運びとなりました。


f0002759_0203125.jpgプレゼンテーションが終了してトークセッション「京子の部屋」です。

あら?いつもとポジションが違うような気がしますが、気のせいかな??


Q 「エル・カミノ・リアル」という社名の由来は?

A
木)シリコンバレーの通りの名前。1996年に「Javaを創った人々」という本を書いたときに、シリコンバレーでいろいろなヒトにインタビューをした経験で、皆が口からでてきたのがこの通りの名前。重要な道だと感じた。
木)意味は、「神の道」とか「真実の道」

Q modiphiの由来は?


小)FEEDなんとかというような名前はつけたくなかった
小)FEED STEPとか、FEED LOGIC というドメインはあいていたが、なんかひっかかっていた
小)美容院の名前を意識(笑) 意味としては「WEBを改善していく」

Q ふたりの出会いは? 普段はどんなつきあい?


木)Feed Business Syndication 2005 でニアミス
木)その後、日本のFBSで名刺交換
木)インプレス・Enterprise Watchのインタビュー
→「帯電話とRSSリーダーでフィードサーフしよう-エル・カミノ・リアル木寺社長」2006.5.19 @Web2.0的キーマンに聞く
木)年が近い。1963年生まれと、1964年生まれ。
小)夜:昼=99:1 くらい 最近やっと仕事で絡むようになった(笑)

Q PCでのおすすめのRSSリーダーは?


小)最近はGoogleリーダーを使っている なるべくシンプルな操作感が重要
木)PCではRSSリーダーは使っていない ブラウザのRSSリーダを利用

Q WEB2.0は消費者向けのサービスについては、広告モデルしかないのか?

A
木)なぜ広告になるのかということが大事。なぜそういう状況になるのか?
木)サービスはあるいみ、時間をお金で買う行為 インターネットには時間軸がない
木)携帯電話であれば、時間軸(リアルタイム)を持てる
木)更新情報はお金になりうる 更新情報のゲートウェイを目指したい
木)時間をインターネットに持ち込むべき
小)ウェブをメディアとしてみるなら広告は不自然ではない
小)他のメディアと違うのは、コンテンツをユーザもつくることができる
小)メディアという側面とは別にテクノロジービジネスの側面もある
小)ブログをCMSにフォーカスするとそこにはビジネスが存在している
小)SixApartのモデルは見習いたい
小)APIの組み合わせでサービスを提供するなど、資本が小さくてもいいサービスがうまれる土壌ができている

Q FEEDが普及することで、ブログやSNSはどうなる?

A
小)バランスの問題で、使うシーンで使い分けがされると思う
小)多様化するイメージ
小)ポケベルのように枯れてしまうものもあるが、それはモバイルの進化によるところ
木)リアルな世界→サイバーな世界 という流れが サイバーな世界→リアルな世界
木)自分のエージェントが、ネットの更新情報を確認
木)トラフィックもユーザーによるものと、エージェントによるものとに分かれてくる

Q 木寺社長の経営者としての経歴は?

A
木)大学時代はビジュアル系バンドをやっていた(笑)
木)カフェバーの経営をまかされたりしたのが、デビュー
木)本格的な起業は3回 22才から
木)いままで一度も社長に立候補したわけではない…

Q これはキツかったとか、不幸自慢は?

A
木)98年頃、貸し渋り・貸しはがしを体験
木)ずっと、JAVAにしがみついてきたが、たいへんだった
木)32歳のとき、どうしようもなくなって、ホストを志願。クラブニュー愛に、年齢で落とされた(笑)
木)グッドウィルの折口さんに仕事をもらったのに、会社の電話がとめられていて、ヒヤヒヤだった。
木)当時はクローゼットの扉の裏に「会社の電話を引く」「10MBのHDを買う」など今考えるとちいさな目標を紙に書いてはっていた。当時は真剣だった…
小)会社を潰したことがある…あまりここでは話せない(笑)
小)ITバブルの崩壊を経験したが、そのときのVCの対応の落差は実感

Q セカンドライフやモバゲーなど注目されているが、お二方が注目している新しいビジネスは?

A
小)「ケータイビジネス」「3D」「Googleに代表されるテキストベースのサービス」に大別できると考えている
小)シックスアパートのようなB2B/B2C両軸をもったビジネスはいいと思う
小)一番尊敬しているのは、ネットスケープ
小)気になるのは、AppleとGoogle ネットとハード、ソフトの連携に注目
木)セカンドライフはちょっとやった(笑)
木)シリコンバレーのベンチャーキャピタリストから教えてもらった「ピアゾ」が気になる
木)URLがわからないとたどりつかないプロフィールサービスで、全米で4位か5位くらい



木寺社長が最後に話されていた、米国のプロフィールサービスみたいなのが気になります。
聞いたことがなったのですが、piazo? piazzo? piazone? SNS関連の英文記事も漁ってみたのですが、たどりつきませんでした。

ちょうど、イントラサーバーでの社内ブログって、イントラ内でも、結局URLを知らされないとたどり着く手段がないなーと考えていたところで、こういうスタイルがネット上にもあってもいいかなと考えていたところです。ロボットによるクローリングや、ソーシャルブックマークによる発掘で「共有」される前提にはあるけど、ロボットをよけるだけでも、ある程度は遮断できそう。

余談ですが、
del.icio.us で[SNS]のタグがついたものを検索してみたのですが、
ここで気がついたことが3つ。
ひとつは、思いのほか日本語のページが多い→思ったより日本のユーザもいるなーということ。
もうひとつは、SNSという表現は日本特有っぽい気が…(もちろん、英語でも利用されますが)
そして、検索は1000件までしかみれないということ...orz

さて、プロフィールサービスの話にもどりますが、日本でも10代を中心に「プロフ」と呼ばれるサービスが流行しているという話がありました。
→「"プロフ"@R25」2007.3.19
ここでのサービスとしては、あくまでもプロフィールをコンテンツとした簡易ページ作成機能をもったCMSとポータルなので、件の"ピアゾ"とは異なっていそうです。

検索エンジンをはじいただけでは、そのURLを第三者に晒されてしまったりした場合にアクセス可能となるので(まあ、これはリアルな電話番号や住所といった個人情報と同じですが)、なんらかの鍵の受け渡しのような承認のプロセスが必要になります。
いちいちログインをしないといけないというようなID・パスワードの発行のような手続きは現実的ではないので、携帯電話のサブスクライバIDような端末ごとの固有識別が可能なネットワークでは親和性が高いといえそうです。
というようなことを考えていたら、これって携帯電話のドメイン解除に似てますね(笑)


「ピアゾ」は僕の聞き違いかもなので、引き続きウォッチしてみます。
情報があったら、教えてください。


【追記】
f0002759_12265367.jpg木寺社長からコメントいただけました!
僕の聞き違いだったようで、
[Piczo] http://www.piczo.com/
でファイナルアンサーです。
[PR]

by p-article | 2007-04-20 01:30 | その他
<< [タ]ホルモンエイド2007 「Unow?」コミュニティ作成... >>