S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

パーソナライズドホーム "マイエキサイト" とか...
エキサイトからポータルページカスタマイズサービスが2つローンチされました。

エキサイトがリニューアル、デザインポータルやカスタマイズ機能を導入」2007.4.2 @INTERNET Watch
 デザイナーズポータルは、機能よりもデザインを重視するユーザー向けのポータル。若手デザイナーがそれぞれ構築したポータルデザインを3種類用意し、TOPページ左上の「デザイナーズポータル一覧」から好きなデザインに変更できる。

 マイエキサイトは、頻度の高いコンテンツやニュース、ブログなどの最新情報表示をユーザーがカスタマイズできるポータル。コンテンツのワンクリック追加やドラッグ&ドロップ編集など直感的でわかりやすい操作性を目指し、初心者に使いやすいスタートページを目指したという。

→[プレスリリース:4月2日:『エキサイト』をリニューアル!『デザイナーズポータル』と『マイエキサイト』もスタート!]2007.4.2 @報道機関向け広報情報/excite
→「エキサイトが大幅リニューアル、デザイナーズポータルの新設も!
:



ポータルサイトのパーソナライズというアプローチとしては、提供されたメニューをカスタマイズするところから始まって、スタートページとも言われる検索窓を軸にRSSやウィジェット等の外部ソースを組み立てるようなもの(Ajaxをつかったアレ)へと進化してきたわけですが、今回の二つのサービスはその両方の要素がありそうです。

f0002759_022635.jpg

ちょっと設定してみましたが、デフォールトで設置されている「メモ帳」はなにげに便利そうです。

→「パーソナライズドページ「マイエキサイト」ガイド
マイエキサイトは、よく使うコンテンツやよく見るニュースやブログの最新情報を並べることができる、あなただけのポータルサイトです。ドラッグ&ドロップでコンテンツの位置を移動したり、エキサイトスタッフおススメコンテンツならワンクリックで自分仕様のポータルに追加できたりと、かんたん操作が特徴です。


→「デザイナーズポータル一覧
f0002759_03384.gifDesktop

f0002759_032742.gifCLEAR

f0002759_034982.gifRibbon


デザイン的にもかなり凝っていてなかなかクールです。
[Desktop]はガジェットとかの配置のコンセプトが、「schmedley」にちょっと印象が似ているかもです。今回提供された3つのデザインで、この[Desktop]だけFlashをベースに作られているみたいです。

f0002759_041543.jpg通常のトップページもリニューアルで、レイアウト等が変更されております。
ログインなしでちょっとだけ手をいれることができる「お気に入りエリア」というのも提供されています。
(Cookieに設定を保存するようなので、異なる端末では設定は反映されないと思います。)


エキサイトの特徴的な広告手法だったトップページを表示する前にFlash広告を表示するのはやめてしまったのかな?
→[excite ヘルプ:広告出稿]
Sponsored Flash
エキサイトトップページアクセス時に、全画面フラッシュ広告を露出。クオリティの高い表現力により、TV、雑誌などの既存媒体と同様の認知効果を可能にした本格的Rich Media広告です。


ポータルでのパーソナライズ機能の提供はバナー広告の接触機会が減ってしまう危惧がありますがどうなんでしょう?
エキサイトでは、検索連動広告(Google)でそこそこ収益があるというのが一昨年あたりの決算時に報告されていた記憶がありますが(現在はオーバーチュアに切替)、検索ポータルとしての利用にフォーカスすることで収益の最大化となるのかもしれません。(妄想ですが...)

一昨日、「gooの10年」というエントリでgooのトップページの変遷を振り返ってみたのですが、exciteも1997年に日本法人が設立され、12月にサービスが開始されているので、やはり今年で10周年を迎えることになります。
ことしはポータルがアツイのかも??
[PR]

by p-article | 2007-04-03 00:29 | 検索エンジン
<< アドホックコミュニティ 駅ビルSNS?「casa lu... >>