S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

今年こそQ&A!
いっこ前のエントリでネットレイティングスの調査結果について書いていて気がついたのですが(笑)、ちょっと前にこんなプレスリリースがでていました。

「教えて! goo」、「Yahoo! 知恵袋」が急成長、利用者が共に初の400 万人超え」(html) 2007.2.22 @ネットレイティングス
「教えて! goo」、「Yahoo! 知恵袋」が急成長、利用者が共に初の400 万人超え」(pdf) 2007.2.22 @ネットレイティングス
ユーザー参加型のQ&Aサイト「教えて! goo」と「Yahoo! 知恵袋」の利用者がともに初めて400万人を超えたことがわかりました。「教えて! goo」の月間利用者は、昨年1月の229万人から428万人(前年同月比187%)、「Yahoo! 知恵袋」が、156万人から477万人(同306%)と大幅に上昇。ユーザー参加型のいわゆる「Web2.0系サイト」の中でも、この1年でもっとも成長したジャンルカテゴリーのひとつとなりました。またこのジャンルの先駆けでもある「OKWave」が115万人、「人力検索はてな」も89万人を集めています。


【関連記事】
→「「教えて!goo」と「Yahoo!知恵袋」が急成長、月間利用者400万人超える」2007.2.22 @INTERNET Watch
→「Q&A サイトが急成長、「Yahoo! 知恵袋」の利用者は1年で3倍に――ネットレイティングス調べ」2007.2.22 @Japan.internet.com
→「ユーザー参加型Q&Aサイトが躍進--Yahoo!とgooの利用者が400万人超える


ネット上のQ&Aサイトの利用者急増、二大サイトで共に400万人超え」2007.2.24 @Garbagenews.com
:



「教えて!goo」と「Yahoo!知恵袋」の月間利用者数の推移(Netratings)
f0002759_1392035.jpg

利用者数を前年同月比としてみると、
[教えて! goo]が187%
[Yahoo!知恵袋]が306%
の伸張となっています。

ただしここでの利用者数は、コンテンツとしての閲覧者数ということになりますので、Q&Aコミュニティとしての当事者の数ではありません。

数値の上では、「Yahoo!知恵袋」が「教えて! goo」を2007年1月には上回っておりますが、ポータルサイトの利用者数の比較では、圧倒的にYahoo!のリーチが高いことを考えると、Q&Aの知識アーカイブとして検索エンジン等からの誘導による閲覧数のカバーの影響があることが考えられそうです。

Q&Aサイトについては何度かここのエントリでも触れておりますが…
Q&Aサイト再考」2006.2.14
はてな?」2006.2.20
@cosme 美容事典」2006.2.21
gooラボ 4題」2006.3.28
Windows Live QnA」2006.5.9
やっぱりソーシャル検索かも?」2006.9.4

本気でそろそろクルのではないかと思っています。

ネットレイティングスのプレスリリースでも
弊社代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之は、「ユーザー参加型のQ&Aサイトは、Web2.0の特徴が生かされた仕組みでありながら、ブログ、SNS、クチコミサイトなどに比べて注目度が高くありませんでした。しかし、この1年で多くのネットユーザーを集める人気サービスとして定着。今後はデータベースが増加し、コンテンツ連動広告などが導入され、さらに利便性が増していくと見られます。それに伴い、ビジネスとしても高い成長が見込めるジャンルです。」と話しています。

とあります。

2005年=ブログのプレイク!
2006年=SNSのブレイク!
2007年=Q&Aのブレイク!

と、今年こそQ&Aサービスの飛躍の年になることが期待されます。

検索エンジンとの連携のようなことも一部始まっておりますが、
既存サービスとしての"Q&A"の普及だけでなく、ソーシャル・ブックマーク(SBM)などの集合知("Collective Intelligence" )のコミュニティをベースとした、Q&A的な群集の叡智("Wisdom of Crowds")との融合のような方向も考えられそうです。


以下のこんな記事も参考に…
「困った」時に相談したい7つのサイト」2006.12.7 @ITmedia

人力検索・Q&Aコミュニティ について(1)」2007.1.22 @ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦
企業内人力検索・Q&Aコミュニティ について(2)」2007.1.23 @ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦
[PR]

by p-article | 2007-03-05 01:50 | コミュニティ
<< モバゲータウンCM効果?会員3... 20代にデジタルデバイド なの? >>