S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

ブログノオネダン
「ブロガーに広告収入の半分を還元する」--有力ブログ専門の広告配信会社が設立」2007.2.23 @CNET
 影響力のある有力ブログに限定して広告を配信するベンチャー企業「アジャイルメディア・ネットワーク」が2月13日設立され、営業を開始した。広告収入をブロガーと折半することでブログの運営支援をするとともに、広告を配信するブログを厳選することで、広告主に媒体としての質の保証を図る点が特徴だ。


ブログ界隈では、ブロガーズネットワークの本格展開ということがいろいろと話題になっております。
「FPN」でのborg7of9氏のエントリーにも詳しい考察があります。
ブロガーの支援か、ブログ格差社会の拡大か、ブログ広告代理店(Agile Media Network)登場の意味」2007.2.25 @FPN
日本でも高品質個人ブログの為の広告代理店ビジネスが始まりました。米国での参考モデルとなったFederated Media Publishingが2006年の3月から本格稼働していますから、米国でもまだ一年経つか経たないかの新ビジネスモデルです。果たして勝算はあるのでしょうか?

先行したFederated Media Publishingの動きを捉えた上で
 筆者の見方では、時期尚早と言う見方が出ている内に突っ走って有力なアルファーブロガーを囲い込んだ方が勝ちという気がします。決して遅くはなく、時期的に丁度よいのではないでしょうか。

というご指摘がありました。


そんななか、「POLAR BEAR BLOG」のアキヒトさんが
ニューヨークのアルファブロガー -- 稼ぎはいくら?」2007.2.25 @POLAR BEAR BLOG
というタイムリーなエントリをされています。
:



→「More On How Much Bloggers Make」2007.2.8 @The Write Spot
記事によるとニューヨークで開催された"Blogger Summit"に集まった130名のブロガーに"how much money their blog makes"というアンケートを行なったところ
* 17% - over $1,000/month
* 14% - $200-500/month
* 4% - $100/month
* 14% - less that $100/month
* 51% - NOTHING

という結果だったそうです。
($500-1000は?という疑問はおいておいてw)

半分以上は、まったくお金を稼いでいるわけではないということですが、17%もの人が月に$1,000(12万円くらい?)以上稼いでいるというのは、さすがブログマーケティング先進国という印象です。
しかしながら、ここでのパーセンテージというのは、母数が極端にかたよっていますので、
「ニューヨークで開催されたブロガーの集会に集まった130人の中で、ブログで月に12万円以上稼いでいるのは22人
と客観的にとらえるべきでしょう。

かなり著名なブロガーの方からも、複数の方が月のコンバージョンとしては10万円がひとつの閾値となっているような話をされていました。
ECの領域に近い、アフィリエイトがメインのブログを除くと、ブログの広告の収入というのは、そんなところなのでしょう。


さて、「AMN」ですが、スタートアップ時点でのパートナーブログは以下の12のブログが参加しています。



faviconを見るだけでどのブログかわかるようなおなじみのブログばかりです。
ほとんどの方が実名ブロガーのようですね。

→「新たに6名の方がパートナーブロガーとして参加してくれました。」2007.2.5 @Agile Media Network | blog


パートナーブログの登録には、「ブログの概要」や「ブログの月間PV」等を事務局にメールで連絡して応募→選考というフローとなっています。
パートナーブログの選考基準
・特定領域に関する専門性をベースにした情報フィードがあること
・プロフィール、もしくはそれに準ずる内容が公開されていること
・ブログの運営者が特定できる(責任の所在が明らかである)こと
・問い合わせ先が明記されていること
・平均して週一回以上の更新があること
・事実を重視し、虚飾がないこと
・引用(リンク)を適度に活用していること
・読者や他のブロガーとのインタラクションを厭わないこと
・今後、月間平均で5万ページビュー以上の閲覧が見込めること

「マジックミドル」と呼ぶ層をターゲットとしているそうですが、これからどんなブロガーが登録されていくのか注目です!!

現在、参加12ブログ中「mediologic」「Life is beautiful」を除いた10ブログに
[ブログをつなげるブログパーツ“Carol”(提供:Microsoft)]
という[728*90pix]のバナーと、ブラウザ右下に表示されるFLASHのアクセサリーが設定されています。
インプレッションの効果としては、効果的だとは思いますが、ちょっと画一的な印象にも?


一方CGM(Consumer Generated Media)に関して、読者となるオーディエンス側の意識として…
→「有名ブロガーの情報の信憑性は知人・友人よりも低い--Web広告研究会調べ」2007.2.23
 CGMのサイトに掲載された情報への信憑性については、友人や知人など顔の分かる相手や、投稿数の多い掲示板などへの信頼が高く、逆に有名なブロガーの情報や、トラックバックの数が多いブログなどへの信憑性は低くなっている。

調査結果としてこういった反応が数字としてあらわれるというところは、ユーザーが肌感覚で感じていることの表れなのだと思います。個人的にはユーザーリテラシーが全般的に向上しているという印象です。

前にも書きましたが、ブログを広告出稿の媒体と考えていくのであれば、メディアとしての信頼性をどのようにユーザーに対して与えれれるかというようなところについての仕組みも必要なような気がしています。もちろん、それ以前にクライアントとなる企業が、ブログをメディアとしてどう評価するかということが先なのでしょうが…

これから企業がどのようにブロガーを支援するのかというところについて興味深いわけですが、広告を露出することが目的となってしまうと、せっかくの仕組みも破綻してしまうような気がします。
ブログの特性を生かした、既存のメディアとは違った展開に期待します。


【関連記事】
ブロガー向け広告を展開するブログネットワーク「AMN」が設立」2007.2.22 @BroadBand Watch
「マジックミドル」の濃いブログをネットワーク化、広告配信の新会社設立」2007.2.22 @@IT
“アルファブログ”をネットワーク化・広告配信する新会社」2007.2.22 @ITmedia
アジャイルメディア・ネットワーク、有力 Blog を集めたネットワークに広告配信」2007.2.23 @Japan.internet.com
[PR]

by p-article | 2007-02-27 09:44 | コミュニティ
<< 『セキュリティ会議 spons... 「企業ポイント研究会」発足 >>