S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

[WA1]ワイファイオーディオ・オブ・ジョイトイ
エントリタイトルには、あまり意味がありませんが、ちょっと変化をつけてみました(笑)

家中で楽しむポータブルミュージックライフ」@SonyStyle
PC内の音楽データを家中に開放する、バッテリー内蔵のワイヤレスオーディオスピーカーが誕生。接続の設定は驚くほどカンタン。ポータブルオーディオ感覚で持ち運べば、音楽空間がこれまでよりもぐんと広がります。


2月9日からソニースタイルでの先行予約が始まっているようです。
また、発売日も2月中旬と聞いておりましたが、2月17日に決まったそうです。
→「ソニー、テレビサイドPC「TP1」と無線LANオーディオプレーヤー「WA1」の発売日決定」2007.2.9 @RBB Digital Freak

いよいよ今週発売ということで、SONYのWEBでのコンテンツ展開も充実してきているようです。
(いつから始まっているのかわかりませんが…)

[VAIO | Wi-Fiオーディオ]のページにある「関連コンテンツ」からのリンク先に商品のコンセプトを詳しく紹介したページが開設されてました。
f0002759_1182626.gifV-VISION<How To Use WA1?
Wi-Fiの設定もこんなに簡単。
いい音・簡単・ワイヤレスを体験しよう

:



f0002759_1194779.jpg

FLASHでのインタラクティブ・アニメーションコンテンツ。
[ワイヤレス]の紹介では、[WA1]をマウスで動かすことができて視覚的に商品の特徴を伝えています。


f0002759_1173198.jpgこの商品の最大の特徴でもある"可搬性"というところを体験するため、普段リビングにおいている[WA1]を寝室に持っていってみました。
右側に写っているのは、無印良品の「ポータブルCDプレーヤー」と「スピーカー」ですが、これも購入してから1回しか使ってません(笑)


とりあえず、持ち運んで気がついたこと…
バッテリの切替スイッチが底面に
あれ?電源入らない??底面のスイッチを入れないとバッテリに繋がらない
電源オフ状態になると、時計がリセット
設定時にPCとUSB接続したときには時計が同期したのですが、一度電源オフ状態になると時計がリセットされる。サーバーと同期しないのかな??

このあたりは、実際にやってみないとわからなかったことなのかも(笑)

とりあえず、僕が1日の中で唯一家でテレビをみていない時間=就寝時に、音楽をかけてみました。スリープタイマーがあるので、このへんは問題なし。とはいえ、寝るときにすごく音楽が聞きたいかというとそうでもないなー(笑)この辺はライフスタイルの問題かも。

ここでもちょっとした発見があったのですが、再生中液晶のバックライトがオフになるようですが、近づいただけでバックライトがオンになります。人感センサー??これ寝室とかで暗いなかでの操作には便利かも。


今回のモニターをきっかけに、家に音楽サーバー環境を用意したことは、以前書きましたが、データのアーカイブ化(エンコード作業)をサボっていることもあって、まだ10G程度しか蓄積されていません。
(メディアサーバー側の問題ですが、新しく曲をエンコードして保存しても、DBをサーバー側で再構築しないといけないというのも、今頃発見しましたw)
この程度の容量だと、nano以上iPod未満ですから、アーカイブとしては携帯音楽プレーヤーと全然変わりがありません。きっとこの辺は膨大な音楽ライブラリーから、お気に入りの1曲にアクセスするようなときに、効果を実感するのでしょう。
他のモニターの方も指摘されていましたが、[WA1]本体のインターフェースとして画面が小さくて、上下のボタンだけでスクロールする選択画面になるので、目的のファイルにたどり着くのはけっこう手間がかかります。

なんだろう…LPレコードからCDへと変化で、音質とかそういうこと以外に、貸し借りのために持ち運んだり、カセットテープにダビングすることなく、屋外で音楽を聴くことができるようになったことでの、ライフスタイルを変えるようなものではないような気がします。ここも、まだ1ヶ月のモニターなので、なんともいえないところかもしれませんが…

CDやMDからiPodに代表される「携帯型デジタル音楽プレイヤー」への変化というところの延長に過ぎないのかもしれません。

iPodとの違いという部分では、
□データストレージをネットワーク越しにもっていること
□スピーカーによる音場演出
これくらいしか思いつきません。

僕は、2002年にHDDレコーダーを購入して、現在3台所有していますが、VTRとの違いをものすごく実感します。HDDレコーダーでは、"追っかけ再生"や、インデックスの一覧による"頭出し"など、未経験の体験を提供されました。
予約や、キーワードの設定のような事前準備は必要ですが、能動的にそこに記録したわけではなく、あくまでのテレビ放送をみるのと同じように受動的なまま、自分の好きな時間に放送にアクセスできるオンデマンド体験ということでしょうか。

「Wi-Fi オーディオ」は、今までにない新しいカテゴリーの商品であることは理解できるのですが、いろいろな場所に持ち運んで音楽を再生する体験というのは、他の方法でも体験しうるというところが、いまひとつ新しさを感じられない部分なのかもしれません。

iPodを持ったときに、今までディスク(メディア)単位で管理していた音楽をまとめて持ち出せて、欲しい音楽にすぐにアクセスする体験をしたときには、それなりに新しい体験を感じたのですが、そういうインパクトはあまり感じませんでした。

ちょっと考えたのですが、たとえばこの[Wi-Fi オーディオ]が2台あると、ミュージックサーバーをもっと実感できるのかもしれません。[WA1]を移動させて使うというコンセプトだと、ものすごく当たり前のように受け止めてしまいますが、ホームサーバーとしての、ひとつの音源から2箇所で再生できるというのは、新しい体験につながるかもしれません。といってもそれをLANを超えて、アチラ側に置いちゃって社会資本として共有してしまうと怒られちゃうわけですが(笑)
普段使っているPCをメディアサーバとして利用する場合には、どうしてもそのPCが起動していないとサーバー機能を利用できないという制約がでてしまうのですが、NASの利用などを提案できると、違う価値の発見につながるかもしれません。
それか、配信先の制限などをきちんと管理することで、アチラ側で個人向けのメディアサーバーのような提供とかもアリかも…「GoogleMusicBase」とかそんな感じで。Googleというより、Appleとかで提供しそう(笑)

まあなんだかんだ書いていますが、PCに保存された音楽を「いい音で」「どこでも」聞けるというだけでも、十分ニーズはあるのだと思います。単に僕のライフスタイルだとそんなに価値を見出せないということなのでしょう。しかしながら、今回のモニターをきっかけに音楽サーバーをLANに設置したことで、ちょっとした時間に音楽をかけるようなきっかけにはなりそうです。1ヶ月くらいでは、なかなかそこまでの変化はなかったのですが、長い目でみるとこの便利さが実感できるのかも。


Impress Watchに同じ日に2つのレビュー記事が掲載されておりますが、ライターの方の立ち位置の違いというか視点の違いのようなものが微妙に出ていて、このあたりがこの商品を象徴しているのかもです。(音質への評価とかまったく反対の意見になっていたり…)
WiFiオーディオ「ソニー VGF-WA1」を使ってみました!」2007.1.30 @PC Watch 西川和久の不定期コラム
 筆者の場合、ネットラジオが中心なので、どうしても評価が辛くなってしまった。発想やハードウェアは結構いい感じなのだが、ソフトウェア面で詰めが甘くハードウェアを活かしきれていない部分があるように感じられる。ファームウェアのアップデートで対応可能な部分はどんどんやって頂きたい。また素の音質も改善して欲しい。ある意味DSPに頼り過ぎだろう。昔のちょっとしたFMラジオの方が音がいいのでは面白くない。

 とは言え、これまで大手メーカーとしては無かったジャンルの機器を製品レベルまでに仕上げた事に対しては素直に拍手を送りたい。更に磨きをかけて欲しいと思う。

PCの音楽を無線LAN経由でどこでも再生 ソニーのWi-Fiオーディオ「VGF-WA1」」2007.1.30 @BroadBand Watch 清水理史の「イニシャルB」
 このように、VGF-W1はPCに保存されている音楽、そしてWEBラジオをワイヤレスでどこでも楽しめる製品となっている。特にバッテリーでの駆動ができるというのは便利で、家中のどこにでも手軽に持ち運んで音楽を楽しめるのがうれしいところだ。

 ただし、前述したように、音楽データによってサーバーの使い分けが必要だったり、DRMの扱いに注意が必要など、環境によっては若干使いにくい面も見られる。どちらかというと音楽ファイルの形式や著作権保護機能などの乱立を何とかすべきだとは思うが、もう少し、形式や著作権保護機能などをユーザーが意識せずに扱えるようになって欲しいところだ。



【[WA1]関連エントリ】
ブログマーケティング勉強会 sponsored by SONY」2007.1.18
続・ブログマーケティング勉強会 sponsored by SONY」2007.1.22

[WA1]Wi-Fiオーディオ」2007.1.17
[WA1]開梱とインストール」2007.1.21
[WA1]設定とか」2007.1.29
[WA1]設定とか…その後」2007.1.31
[WA1]"Wi-Fi Audio"@R25」2007.2.11
[PR]

by p-article | 2007-02-12 01:21 | その他
<< GoogleがYahoo!に拮抗? [WA1]"Wi-F... >>