S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

mixiがiモード公式サイトに
mixi、動画投稿サービス開始へ--モバイルではドコモ公式サイトに」2007.1.30
 新サービスとしては、ソーシャルネットワークサービス(SNS)「mixi」で、2月5日から動画共有サービス「mixi動画」を開始する。

 全ユーザーが動画を見られるが、動画を投稿できるのは月額315円の「mixiプレミアム」有料会員のみだ。投稿できる動画ファイルは、1ファイル最長5分まで、もしくは1ファイル最大50Mバイトの容量までとなっている。また、1ユーザーが投稿できるファイルサイズは合計で500Mバイトまでだ。ファイルの対応形式はAVI、MOV、MPEG、WMV、3GP。

プレミアムユーザ向けの機能追加として、動画投稿が可能となったようです。将来的には無料ユーザーにも開放することも検討しているそうです。
動画サービスの収益として、
(1)動画そのものを広告として利用する
(2)動画の前後に広告を挿入する
(3)動画の有料閲覧

といったことも視野にいれたものとのこと。

そして、2月5日にドコモの公式サイトとして登録されるという発表もありました。
 また、モバイルでは「ミクシィモバイル」を展開しているが、2006年12月24日にauの公式サイトになったことに続き、2007年2月5日には NTTドコモの公式サイトになる予定だ。特にサービスが変わることはないが、公式サイトになることでユーザーの目にとまる機会が増える効果を見込んでいるという。ソフトバンクの公式サイトになるかどうかはまだ何も決まっていない。

:



動画機能については、いよいよmixiもかーという感じですが、GREEが動画共有機能を実装したころに、「mikly(ミクリィ)」のコンテンツとして実験的に動画の投稿を受け付けてはいましたので、もともと予定されていたことだと思われます。昨年12月にmixiからもアナウンスがあったものとなります。

→「GREEに動画共有機能」2006.8.9 @ITmedia
→「mixiに動画投稿機能、来春搭載へ」2006.12.15

追加機能としての動画共有というところでは、それほど大きな起爆剤となるかはまだわかりませんが、YouTubeも元々は「動画共有SNS」とうたわれていたわけですので、800万人というスケーラビリティを生かした新しい何かを生み出すかもしれません。(投稿はプレミアムユーザのみなので、コンテンツ生産はもうすこし小さなスケールですが)
…と書いてはみたものの微妙(笑)
いずれにしても、SNSでの動画共有というのはトレンドのひとつではありますので、ユーザーのニーズに対応したものだと思われます。


それよりも、やはり今回の発表でmixiがNTTドコモの公式コンテンツとなるというのは、エポックメイキングな出来事だと感じます。
公式サイトとして、docomoはかたくなにコミュニティを認めてこなかった歴史から考えても意義深いことだといえます。

昨年11月に、SNSとして「オクトモ」が開始されておりますが、個人間取引にファーカスしたもので、ユーザー間のコミュニケーションをベースとしたコミュニティサイトとしてみると、やはりmixiが公式サイトとなったのは大きな進展だと思います。

→匿名エスクローとSNSを組み込んだ、ドコモ×楽天のネットオークション
→「報道発表資料」2006.11.13 @NTTドコモ

あと、公式サイトではないようですが、ドコモ関連の会社が運営するSNSというのも他にもあったりします。
→「ドコモグループ会社、アニメファンを対象にした招待制SNS「プレセペ」」2006.11.1 @BroadBand Watch

ご存知「モバイル魂」でも、mixiの公式コンテンツ化というところは、規約変更と絡めた話として触れられています。
→「iモード公式サイトにmixiやモバゲータウンが登録される?」2006.11.30 @モバイル魂

公式サイトになったことで、現在クレジットカードとイーバンク口座からの自動引き落としでの決済に対して、新たにドコモユーザーはドコモの決済を利用することも可能となるので、有償サービスとしての敷居は多少低くなることが予想されます。

昨年10月からのiメニューでの検索提供といったあたりの動きと、符号するとことろもあるのかと思いますが、モバイル向けのCGM的なコンテンツが活発になることも考えられます。場合によっては、ドコモが提供するブログサービスやオンラインストレージサービスというようなこともなくもないのかも??

ただし、これはあくまでも僕の楽観的妄想です。

mixiがドコモ公式に」2007.1.31 @近江商人JINBLOG
こちらでは、すぐにコミュニティサービスが公式サイトに拡大していくというところは、慎重な目で見ているようです。


【関連記事】
ミクシィが第3四半期決算を発表。新サービス「mixi 動画」などを紹介」2007.1.30 @INTERNET Watch
mixiに動画投稿機能 2月5日から」2007.1.30 @ITmedia
ミクシィが「mixi動画」開始,アップロードは有料」2007.1.30 @ITpro
[PR]

by p-article | 2007-02-01 07:49 | コミュニティ
<< 『モバイル検索』@RTCカンフ... 開発合宿という潮流と成果 >>