S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"集合知" "集合智" "集合愚"
なんか同時多発的に、
いわゆる「集合知」関連の話題のエントリがでていましたので
メモ的に…

「集合知」についての、ちょっとしたまとめ」2007.1.4 @Heartlogic
「賢さ」と「権力」が切り離される「wisdom of crowds」の世界」2007.1.5 @Heartlogic


「Wisdom of Crowds(群衆の叡智)」元年」2006.1.4 @My Life Between Silicon Valley and Japan

集合愚に落ちないためには」2007.1.4 @Rauru Blog

:



「集合知」についての、ちょっとしたまとめ」@Heartlogic
最近使われている日本語の「集合知」という言葉は、英語での2つの言葉をまとめて呼んでしまっているような気がしている。

"Collective Intelligence" と"Wisdom of Crowds"との混同ということで説明があって、非常にわかりやすいエントリとなっています。
ここについては、僕も人と話をしていて、話の途中で「おや?」と思うことが何度かあって、けっこうこういう話はいろいろとありそうです。どうも言葉だけが先行してしまうと、その一面的なところだけで判断してしまう人も多いのでしょう…

「みんなの意見」は案外正しい

「みんなの意見」は案外正しい

ジェームズ・スロウィッキー

角川書店 2006-01-31
売り上げランキング : 2996
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る


1. 多様性 Diversity of opinion
    :各自が独自の私的情報を多少なりとも持っている
2. 独立性 Independence
    :他者の考えに左右されない
3. 分散性 Decentralization
    :身近な情報に特化し、それを利用できる
4. 集約性 Aggregation
    :個々人の判断を集計して集団として1つの判断に
      集約するメカニズムの存在


このあたりを下敷きに
>「群集の叡智」を上手に取り出す技術
についても言及されております。

いずれにしても、プリンシパルなところで、おさらいが必要な時期なのでしょう。

→[Wikipedia | The Wisdom of Crowds]

ウェブ進化論」「ウェブ人間論 」でおなじみ、梅田望夫氏の
「Wisdom of Crowds(群衆の叡智)」元年」@My Life Between Silicon Valley and Japan
では、結びのことばとして
それで、やはり改めて「Wisdom of Crowds」(群衆の叡智)とは、とてつもないことで、何もまだ始まっていないのだな、と思う。これまでは人間の脳という物理的な制約の中に閉じ込められてきた個人の経験や思考が、これからは他の人たちとゆるやかに結びつき始めるのである。そういう「Wisdom of Crowds」元年がまさにいま始まろうとしているのであって、そういう未来を垣間見せるきっかけとなった初期の道具としてのSNSやブログの枠組みが今のままで「終わり」であるはずがなく、イノベーションには「踊り場」がつきものなのでどういうタイミングで何が起こってくるかは予想できないが、「次の十年」の最重要キーワードは相変わらず「Wisdom of Crowds」なのだ。

とかかれています。

「あー、はいはい"集合知"ね」というような話ではなく、インターネットの歴史の"これまでの10年" から 生まれたサービス・しくみを "これからの10年" で、どのようなサービスに昇華するのかということなのでしょう。
「次の十年」の最重要キーワード
…ナルホド。

"Rauru Block"の
集合愚に落ちないためには」@Rauru Blog
では、
→「The "Dumbness of Crowds"」2006.1.2 @Creating Passionate Users
のエントリから、"Collective Intelligence" と"Dumbness of Crowds" つまり、「集合知」と「集合愚」についての考察をまとめていただいております。

一連の
→「ソーシャルブックマークの衆愚化について」2005.4.5 @fladdict.net blog
→「ソはてぶがドンドン馬鹿になっていく」2006.8.19 @fladdict.net blog
→「はてブの衆愚化とロングテールで思ったこと」2006.8.21 @F's Garage
このあたりの議論の延長とも言えなくもないですが、なるほど「集合愚」とはうまく言ったものです。

引用元のブログで『20Q』を "a perfect example of the real Wisdom of Crowds"として紹介しています。
The creator harnessed collective intelligence. Hundreds of thousands of people "taught" the program over a period of years, by playing software versions of his game. The program uses a neural net, and learned. It learned so well, in fact, that it learned a few dumb things.



と、いろいろと読みながら書いていたら、このRauru Blogのトラックバックでみつけたのですが、小飼弾氏がちょうど、ここについて触れたエントリをアップされているのを見つけました。

[404 Title Not Found]
→「【Watcherが展望する2007年】The Wisdom Not to Crowd」2006.1.8 @ITpro Watcher
 「群衆の叡智」は、あくまで群衆の中の人々が付和雷同しない時にはじめて発揮されるのです。ですから、"The Wisdom of Crowds"の正体は、"The Wisdom Not to Crowd"、すなわち「群れないという叡智」なのです。

なるほど、こういう見方もできるのだなーと感心しました。
このエントリの中で「群れないまま属す」という解を提示されていますが、コミュニティのデザインについて、常々僕が考えているところをズバリ言い表しているのではないかと思います。
[PR]

by p-article | 2007-01-08 18:42 | コミュニティ
<< Second Life がオー... 「マイアド」@エキサイトネームカード >>