S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

「マイアド」@エキサイトネームカード
年末から提供されているサービスとなりますが、エキサイトネームカードに「マイアド」という機能が追加されております。

エキサイトネームカード、個人広告機能「マイアド」を追加」2006.12.27 @BroadBandWatch
エキサイト、インターネット名刺“エキサイトネームカード”に個人広告を発信するコンポーネント“マイアド”を追加」2006.12.27 @ASCII24
ネット名刺サービス「エキサイトネームカード」、個人発信広告「マイアド」を開始」2006.12.27 @Japan.internet.com

→[プレスリリース]
→[新機能「マイアド」のお知らせ]
→「「マイアド」開始しました」@エキサイトネームカード情報局

→[マイアド]
:



f0002759_103825.jpgf0002759_105132.jpg

プレスリリースより
【エキサイトネームカードの『マイアド』概要】
『エキサイトネームカード』の新コンポーネント『マイアド』は、『エキサイトネームカード』ユーザー間で、様々な取引や意見交換などが気軽に、具体的に行えるコミュニケーション機能を備えた個人広告・掲示サービスです。

「売ります」「買います」「探しています」「募集・求ム!」「教えて」「告知です」などのカテゴリがあるほか、自由にカテゴリを追加することもでき、インターネット上でのニーズをマッチングさせるクラシファイド(※新聞の三行広告に近いもの)とコミュニティを融合させた新サービスです。

ユーザーが掲示する『マイアド』を見た方は、その場で広告掲示ユーザーとコンタクトをとることができるほか、私書箱を通じて一対一で商品取引の交渉を行う、といったことが実現できます。

例えば、CDの売買であったり、イベント事に一緒に参加したり、バンドのメンバーを募集したり、あるいはお店の紹介など、さまざまな用途が想定されます。

掲示された『マイアド』は、「売ります」「募集!」といった『マイアド』カテゴリに加え、「居住地域」「性別」「職業」といった『エキサイトネームカード』の登録属性情報やフリーキーワードで、検索できるようになる予定です。


『マイアド』は、個人ユーザーの発信力が高まり個人ユーザーがメディア化していく中、この流れをお手伝いするサービスの一つとして位置づけています。エキサイトでは、個人広告の掲載とそれに伴う取引やコミュニケーションのニーズを把握し、将来的な個人間取引の新しい形の可能性を模索していきます。

プレスリリースにあるように、一種のクラシファイドのようなもののようです。

>個人ユーザーがメディア化
というあたりは、ネームカードをローンチ時の「Media2.0」という戦略
Media2.0 エキサイトネームカード効果」2006.5.14
Media2.0 エキサイトのヴィジョン」2006.7.4

の延長線上にある展開といえます。

また、ブロガーズ・ネットワークといった動きとも呼応するところがあります。


GoogleがGoogleBaseを機軸にクラシファイド広告に参入という話もありましたが、アプローチが異なるものの、同じような市場を狙ったものと思っていいかもです。


ブログパーツを利用した掲示板としては
→「wiwitチャット
→「CHOBI
のようなものがありますが、これらはどちらかというとブロガーと読者とのコネクションがメインなのに対し、「ネームカード>マイアド」は、ブロガー同士のネットワークを支援するというところが根底にありそうです。


現在設置されているカテゴリは、
売ります 
買います 
あげます 
譲ってください 
募集・求ム!(メンバー募集など) 
教えて 
困っています(相談など) 
告知です(イベントなど) 
紹介・宣伝 

となっております。

エキサイトネームカードはブログサイトが繋がることで、SNS的なネットワークを実現しているわけですが、この「マイアド」の掲示板機能はmixiなどのSNSにおける「コミュニティ」に該当することがよくわかります。
異なる部分は、コミュニティ=カテゴリテーマの設定がユーザー側にないので、情報の階層のデザインが微妙に違うため、利用方法がある程度運営者側でコントロールできるところにありそうです。

現状は、各ブログがネームカードの入り口というかたちなので、ネームカードとして追加された機能・サービスとの接触機会がデザインされてないため、もう少し工夫が必要かなとも思います。ブログのエントリとの連携、ブログパーツを情報の出口として利用などが考えられそうです。
(もちろん収益モデルを考えた展開としては、ポイントプログラムや決済機能などいろいろとあるわけですが…)


"ネームカード=名刺"という形でのブログのネットワークを形成するしくみとして、So-netの「BlogCruser」がありますが、こういった他のサービスの動向や連携も気になるところです。
→「「BlogCruser」 by So-net」2006.10.23
[PR]

by p-article | 2007-01-07 00:24 | コミュニティ
<< "集合知"... "Endless.c... >>