S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

セカンドライフノセカイ
CNETの年末特集として、話題の仮想世界「Second Life」についての記事が3稿連続でアップされております。

[年末特集:2006]始めてみよう!仮想世界「Second Life」--それって何?編」2006.12.28 @CNET
[年末特集:2006]始めてみよう!仮想世界「Second Life」--基本操作編」2006.12.29 @CNET
[年末特集:2006]始めてみよう!仮想世界「Second Life」--おもしろスポット画面ショット編」2006.12.29 @CNET

それぞれ、
「Second Lifeの概説」
「基本的な操作方法の案内」
「無料で楽しめる面白いスポットの画像の案内」
といった構成となっていて、この年末の読み物として、かなり読み応えのある内容となっています。
:



それぞれの記事から、僕なりのポイントを抜き出しておきます。

始めてみよう!仮想世界「Second Life」--それって何?編

Second Lifeでは仮想世界および社会が提供されているだけで、得点を競ったり、共通のゴールを目指したりはしない。

文字通りユーザーがもう1つの人生を歩むための場となっていることから、ある種のコミュニティーサービスであるとも言える。

Secone Lifeにおける最大の特徴は住民(Second Lifeのユーザーは住民と呼ばれる)に与えられる「創造性」と「所有権」にあるだろう。
▼この世界ではリンデンドルと呼ばれる通貨が用意され、米ドルへの換金も可能だ(ちなみに、現時点では1ドルは約270リンデンドルとなっている)。

現実世界でなじみの深い企業の間でも、Second Lifeに拠点を設けることがトレンドになりつつある。

#僕は、ちょっと前から「セカンドライフ」には関心をもっておりましたので、この稿については、おさらいという感じではありますが、とても簡潔にまとまっている記事となっております。

始めてみよう!仮想世界「Second Life」--基本操作編

Second Lifeは、同サービスの公式サイトでアカウント登録をし、アバターを作成することから始まる。アカウント登録は無料で、必要事項を入力するだけで終了する。

#以下順を追って「Second Life」の世界へのナビゲーションが詳細に綴られております。
#各項目の見出しをピックアップします。
アカウント作成
ユーザーインターフェース Orientation Island
歩行
外見の変更 Make Outfit / Appearance
外見の保存、調整、着替え
チャットとIM
カメラコントロールとマウスルックモード Mouse Look Mode
物の移動
飛行
テレポートと検索機能
ミニマップとマップ Millions of Us 227, 30, 38
その他の操作
座る 友達リストへの追加 ランドマークの作成 太陽の状態の変更
物の入手 物の開封
用語

#全9ページにわたっての詳細な解説となっています。
#ただし、あくまでも基本操作というところにフォーカスしておりますので、土地の所有や、Second Life専用のスクリプト言語Linden Script Languageをつかったオブジェクトのモデリング・デザインというところについては触れられておりません。"始めてみよう!"シリーズとしての続報に期待(笑)
#Second Life内には、CNET Networksのオフィスが設置されておりますが、今後そこからの情報発信との連動やイベントなど期待できます。
#「用語」の項では、[lol: Laughs out loud / 爆笑]のような略語を中心に、Second Life内でよく使われている言葉が表にまとめられています。
→残念ながら[orz](失意体前屈)は、まだ共通言語ではないようです(笑)
→なんと中国語版のWikipediaには"orz"が載っている? [維基百科 | 失意體前屈]

始めてみよう!仮想世界「Second Life」--おもしろスポット画面ショット編
Second Lifeでは、各ユーザーが自由に目的を見つけて、行きたい場所を選ぶことができる。逆にいえば、Second Lifeを利用し始めてしばらくすると、どこに行ってよいか途方にくれることがある。そのような初心者ユーザーのために、共通通貨リンデンドルを使わなくても楽しめる場所を選んでみた。SearchやMapダイアログボックスを使って移動できるよう、場所の名前とともに括弧内にはリージョン名と座標も示している。

#以下紹介されている場所とそのサムネイルを紹介させていただきます。
f0002759_16571259.jpgNAGAYA(Juho 89, 165, 62)

f0002759_16584693.jpgThe Bazaar(Stillman 148, 87, 23)

f0002759_16595412.jpgFREEBIE WAREHOUSE(Burns 95, 148, 79)

f0002759_1735020.jpgLinden Combat Sandbox Rausch(Rausch 101, 107, 101)

f0002759_1753431.jpgSANCTUARY ROCK(Sanctuary Rock 156, 55, 55)

f0002759_1771973.jpgSANCTUARY ROCK(Sanctuary Rock 156, 55, 55)

f0002759_177591.jpgBad Girls(Badlands 2, 2, 0)

f0002759_179485.jpgNakiska Ski Club(Nakiska 216, 50, 131)

f0002759_17101240.jpgAbbotts Aerodrome(Abbotts 160, 152, 71)

f0002759_17111089.jpgNISSAN(Nissan 26, 131, 27)

f0002759_17122919.jpgNISSAN(Nissan 26, 131, 27)

f0002759_1713129.jpgReuters(Reuters 127, 99, 25)

f0002759_17144871.jpgReuters(Reuters 127, 99, 25)

f0002759_171545100.jpgCNet Network Office(Millions of Us 227, 30, 38)

#各画面の大きな画像と、解説がリンク先のページに紹介されております。
#こうやってみると、やっぱり米国テイストだなー(笑)


セカンドライフ内の画面キャプチャーとしては、
[Daiya Garmes]氏が紹介している
セカンドライフ体験記」2006.12.26
にも、SecondLife内の様々なスポットの画面キャプチャーが紹介されております。
#ちょっとだけエッチなシーンもあります(笑)

おそらく、来年あたりは『セカンドライフ観光ガイド』とか『セカンドライフ・タウンガイド』のようなコンテンツも流行するかもしれませんね。

もしかしたら、もうあるかもしれませんが、オンラインで初心者のユーザーをガイドしたりするようなサービスとかボランティアとかが登場するかも…
>コンシュルジュとか、ヒマラヤ登山でのシェルパみたいな感じ?


【関連エントリ】
「Second Life」とは何か?」2006.11.3
Second Lifeでミリオネア」2006.11.30
Second Life @R25」2006.12.25

日本でもSecond Lifeの換金スタート!」2006.12.6 @KandaNewsNetwork
[Estate] 日本人専用居住区 Kalen レンタル開始」2006.12.12 @Mag.SL.NET
セカンドライフの魅力-メタバーズ島谷直芳氏」2006.12.21 @湯川鶴章のIT潮流
SecondLife 土地価格高騰中」2006.12.28 @エースプログラマの uki-uki 日記


【関連ニュース】
仮想世界セカンドライフ 日本上陸で業界騒然」2006.12.27 @JCAST NEWS
#仮想世界内での見知らぬ人とのコミュニケーションのエピソードなども紹介されております。

[4Gamer.net]では「Second Lifeの匠を訪ねて」という連載が掲載されています。
「第1回 | Second Life の「いま」を旅する
「第2回 | 和風の安らぎを追求-Second Lifeの小京都 NAGAYA
「第3回 | 服屋から総合アミューズメントパークへ BAREROSE TOKYO
「第4回 | 海と船に懸ける男達 FarEastNetwork
「第5回 | 夢とネタが形になる店 Monaca


公式ガイドブック?こんな本も発売されたようです。
Second Life: The Official Guide

Second Life: The Official Guide

Michael Rymaszewski Wagner James Au Mark Wallace

Sybex Inc 2006-12-28
売り上げランキング : 371
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


[PR]

by p-article | 2006-12-29 16:16 | コミュニティ
<< イントラソーシャルウェア interview with ... >>