S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

Second Life @R25
R25[アールニジュウゴ]2006.12.14 No.122 から注目記事をピックアップ

仮想空間「Second Life」で
人生をもう一度やり直してみる?

本国アメリカはもちろん、日本でも利用者が急増し、爆発的な人気を博している動画共有サイト「YouTube」。利用したことがある人もいるだろう。しかし、いまアメリカで、さらに猛烈な勢いで利用者を伸ばしているコンテンツがある。リンデン社が運営する「Second Life」が、それだ。


セカンドライフ」については、当ブログ的なWEBNOTEでも
「Second Life」とは何か?」2006.11.3
Second Lifeでミリオネア」2006.11.30
というようなエントリをしております。

あらためて、セカンドライフの説明は割愛しますが、日本語版登場間近ということもあってかネット以外のメディアでもちょこちょこ記事を目にするようになりました。
:



R25では、
Second Lifeの内容をひと言で表すと、「プレイヤーはアバターとなって、バーチャル世界の中で第2の人生(Second Life)を送る」といったもの。延べ登録者数は165万人(11月27日現在)を誇り、いまも1週間に10万人のスピードで増え続けている。その人気の秘密は何なのか?

という導入部から、デジタルハリウッド「セカンドライフ研究室」室長にインタビューを行っています。
そこでは、やはり既存のMMORPGといったゲームとの違いを強調されておりました。

記事の詳細は、R25本誌または、公式サイトを確認していただければと。

また本誌の囲みには、
米企業の「Second Life」でのおもな試み (情報提供/三淵啓自さん)
Dell
Second Life内で購入、設定組み立てをしたPCを、実際に自宅へ配送するサービスを開始。発表会見もバーチャル世界で行われた
ロイター
ロイターグループの技術担当者であるAdam Pasick氏が、通信社としては初の「ネットワークゲーム内支局」をSecond Life内に開設した
トヨタ自動車
自社ブランドの自動車をSecond Life向けにデザインして販売。現実世界と同じように自動車を購入し、運転することができる
ナイキ
支店を開設し、単に販売するだけでなく新デザインの自社商品の売れ行きを調べている。同様にリーボックも市場調査を目的に参加している
ソニーBMG
Second Life内にある共同住宅の一室を実在するアーティストに提供し、そこを訪れたユーザーたちに音楽や映像を試聴させている

そうそうたる企業が参加しているSecond Lifeは、アメリカでは立派なビジネスツールなのだ。
http://secondlife.com

というような企業としてのSecond Lifeへの取り組みについて表にまとめてあります。

ゲームとは一線を画すということで、公式にもMMORPGとは異なると宣言しているにも関わらず、ロイターの「ネットワークゲーム内支局」というのが気になるところですが…(笑)


R25以外のメディアとして、僕が最近目にしたものとして

AERA 2006年12月18日号」 "セカンドライフ 仮想人生のリアル"
日経産業新聞 12月14日付 第3面」

というような記事がメジャー紙面を飾っております。

また、オンラインとしても
CNETの最近の記事として

オンラインゲームを狙う税務当局--検討される仮想資産の課税」2006.12.12 @CNET
IBM、「Second Life」などの仮想世界に本腰」2006.12.13 @CNET
「Second Life」、登録ユーザー数200万人達成--わずか8週間で倍増」2006.12.15 @CNET

といった興味深い見出しが連日ならんでいます。

仮想資産の課税といった、法整備に関わる問題も指摘されはじめているようですが、RMTを実現することで、いろいろな問題が出てきそうです。
仮想空間内でのギャンブルのようなものも、日本版(日本語版?)の開始にあたって海外サーバーのオンラインカジノ同様の問題が障害となるかもしれません。


こんな記事も出ていましたが…

ティム・オライリー氏への最新独占インタビュー,「Second Life」「RMT」を語る」2006.12.15 @ITpro

このなかで、ティム・オライリー氏はRMTの必要性を力説しています。

日本語版と日本版というのでは、ニュアンスが異なるわけですが、「日本語版」のローンチが単純な言語的なローカライズとなるのか、文化や法的なところを考慮した別のサービスとして提供されるのかというところについては、ちょっと情報不足(勉強不足?)です。

しばらく動向に注目していこうと思います。
[PR]

by p-article | 2006-12-15 19:10 | コミュニティ
<< [タ]イージーリスニングの夕べ "威客"?... >>