S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

もうひとつのTIIDA BLOG
ブログのプロモーションへの活用として好例としてあげられる、「TIIDA BLOG」が面白いプロモーションを展開中。

BroadBand Watch
はてな、日産「TIIDA」を操作して走行距離を競うゲームを期間限定で実施

はてなダイアリー」とのタイアップ企画として、「TIIDA BLOG」のいわば分室といえる「TIIDA BLOG Type Hatena」を期間限定で設置。

あわせて、「TIIDA driving in はてな」を1月16日(月)から1月23日(月)まで実施しています。
■はてなで「TIIDA」を走らせる「TIIDA driving in はてな」開始【1/23(月)まで】 11:05
本日1月16日(月)から1月23日(月)までの一週間、はてなの様々なページにおいて、日産のコンパクトカー「TIIDA」をページ上で走らせてお楽しみいただける「TIIDA driving in はてな」を開催します。

期間中、はてなのサービスのトップページやキーワードページ等にアクセスいただくと、ページに「TIIDA」がスタンバイしています。これをキーボード操作を用いてゲーム感覚で走行させることが可能です。「TIIDA」がいるページで、クリア面数や走行距離を競いあってお楽しみください。

また、期間中は「TIIDA BLOG Type Hatena」も開設。「TIIDA」に関する情報のほか、クリア面数ランキングや走行距離ランキングもこちらのページでご覧いただけます。

:



f0002759_1434669.jpg

はてなの各機能のトップ画面の右上にTIIDAの車両があらわれて、「START」ボタンにより、キーボードで左右上下に自由自在にコントロールが可能で、画面内にTIIDAを走りまわせることができます。

f0002759_14344092.jpg

画面内の横線の部分を道路にみたてて、走ったあとに草が生えていき、各ブロック(道路)を走破すると、花が咲くという趣向となっています。また、画面左下には走行距離をあらわすメータが表示されます。(画像は合成したものです。)

f0002759_1435425.jpg

途中、設定条件をクリアするたびに、フキダシがあらわれてTIIDAのHPにナビゲートします。

f0002759_14352551.jpg

さらに画面上の道路をすべて走破すると、道路の花が満開になってゴールとなります。

f0002759_14355460.jpg

見事ゴールすると、「TIIDA driving in はてな」のページに遷移して、現在のランキングが確認できる。

かなりスムーズに動き、走行履歴などが同期するので、AJAXの活用ということでしょうか。(ソースをみると[prototype.js][tiida.js]という二つのスクリプトファイルを読み込んでます。)

このプロモーションがすばらしいポイントをメモしておきます。
(素人の私見ですが)

□自動車のプロモーションにおいて、
 実際にユーザーが車を運転(操作)するという 直感的なゲーム
□ランキングによる参加者の可視化
□コミュニティサイトにおける展開→バズ効果に期待
□はてなのアンケート機能との連動
□はてなへのログインが前提となるので、ポイントなどの管理が容易
□ポイント獲得のために、はてなの各ページを訪問(アナウンス/体験誘発)

キャンペーンとして残念な部分
□ゲーム自体と、特設ページの微妙な乖離
 #ゲームのドライブコースの設定などを特設ページでヒントをだすなど?
□特設ページのコンテンツ(ランキング以外の)への反復訪問性の欠如
□商品としてターゲットが限定されるのに対し、ユーザのセグメントがあいまい
 #これは仕方ないか?

とはいっても、総じてとてもよいプロモーションなのだと思います。今回のプロモーションとしてランキングに対するインティブが不明ですが、「はてな」のように換金可能なポイントプログラム(≒地域通貨)があると、そのままインセンティブとして活用できるというのも魅力的だと思います。

また、コミュニティの運営として収益性を見出すことが極めて困難ななか、こういった取り組みは、企業としてのコミュニティの活用としても今後期待できる材料となると思います。

2005年を振り返って」というエントリーで

 □はてなの怒涛のサービスローンチ

というのを挙げておりましたが、2006年も「はてな」から目が離せない?
[PR]

by p-article | 2006-01-17 15:00 | コミュニティ
<< 地域情報検索サービス「ドコイク?」 検索エンジン相関図 >>