S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

Second Lifeでミリオネア
もちろん、「第二の人生でクイズミリオネアに出場!」ということではありません。
みのさんも関係ありません(

なんと、話題の"仮想空間"「Second Life」の中で、"現実"に100万ドルの資産を生み出した方が登場とのこと。

つ、遂に!Second Lifeでミリオネアが誕生!」2006.11.28 POP*POP
Second Lifeにおいて初のミリオネアが登場したそうです。

Anshe Chungというアバタの名前で有名なAilin Graefさんが、土地などの売買によって少なくとも100万ドルの資産を生み出しました。

10ドルから初めて、たった32ヶ月でミリオネアだそうです。まさにセカンドライフドリームとでも言うべきものですね。

具体的には、Ailin Graefさんは、旦那さんと共に貨幣や土地、道具の開発やブローカー業務、裁定取引などで資産を作ったとのこと。


CNETにも同様の記事があがってました。
Second Lifeで百万長者が誕生か?」2006.11.28 @CNET
:



ソースはGraef氏ご自身のWebサイトのリリース記事のようです。
("Anshe Chung"はSecond Life内での名前)
Anshe Chung Becomes First Virtual World Millionaire」2006.11.26 @anshechung.com
Anshe Chung's achievement is all the more remarkable because the fortune was developed over a period of two and a half years from an initial investment of $9.95 for a Second Life account by Anshe's creator, Ailin Graef. Anshe/Ailin achieved her fortune by beginning with small scale purchases of virtual real estate which she then subdivided and developed with landscaping and themed architectural builds for rental and resale. Her operations have since grown to include the development and sale of properties for large scale real world corporations, and have led to a real life "spin off" corporation called Anshe Chung Studios, which develops immersive 3D environments for applications ranging from education to business conferencing and product prototyping.


こういったアメリカンドリーム(中国生まれのドイツ籍のようですが…)によって、日本でのサービスローンチ時の加熱促進に影響がすくなからずあることでしょう。サービスのローカライズにあたって、RMTがどのようにデザインされるのかというところもあるかとは思いますが…
ウェブブラウザがつくるインターネット文化とは別次元の"新たなネット経済圏"をつくることになるのか?目が離せません。"INTERNET 2.0?"


今月の頭にも「SecondLife」について簡単なまとめをエントリさせていただいておりますが

→「「Second Life」とは何か?」2006.11.3

最近のニュースソース等、関連の話題について、再度ピックアップしておきます。

仮想世界「Second Life」にワームが蔓延,サービスが一時中断」2006.11.21 @ITpro
日本語版もまもなく公開,仮想世界「Second Life」の不思議」2006.11.13 @ITpro

仮想世界に「現実」を作り出したSecond Lifeは日本で成功するか」2006.11.27 @CNET

セカンドライフの仮想世界が、なぜ企業を魅せるのか」2006.11.21 @techtarget

話題の仮想世界「Second Life」に突入取材,そこには「小京都」もあった」2006.12.1 @ITpro

【追記】
Googleで「second life」で検索したところ、右側にでる"スポンサーサイト"に
セカンドライフへ企業進出
新たな世界、新たなビジネス
日本初の仮想世界専門企業メタバーズ
www.metabirds.com

という会社の案内が表示されてました。
→「株式会社メタバーズ サービス内容
・セカンドライフにおけるv-businessプランニング
・セカンドライフの店舗やSIM開発・建築受託事業
・セカンドライフでの土地販売・レンタル事業
・セカンドライフやメタバースに関するセミナー事業
・セカンドライフでの資金調達コンサルティング事業

仮想空間である「Second Life」内でのビジネス支援を中心に展開しているようです。

【関連ブログエントリ】
SecondLife 土地を買うときの注意事項」2006.12.1 @エースプログラマの uki-uki 日記

【追記】2006.12.3
ITproの記事を関連記事に追加
関連ブログエントリを追加
[PR]

by p-article | 2006-11-30 00:23 | コミュニティ
<< ページランクにみるキャリア勢力図 Yahoo! JAPANの10年 >>