S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

404 Not Found @R25
R25[アールニジュウゴ]2006.11.16 No.118 から注目記事をピックアップ

ブラウザのエラーメッセージの意味は?
「「404 Not Found」の
404っていったい、何だ?」

検索したら、ちょっと気になるサイトを発見。期待を胸にアクセスしてみると、そこには「404 Not Found」の文字が…。これは「HTTPエラー」というもので、ページが何らかの理由で表示できない場合に出るエラーメッセージだ。では、この「404」って、いったい何を意味しているのだろう?


いまや、「404」といったら、アルファブロガーとして活躍されている小飼弾氏のブログ「404 Blog Not Found」が、まっさきに思い浮かぶかもしれません。
→「で、ブログ名はどうするの?」2006.9.16 @404 Blog Not Found
というエントリで、ブログの名前について言及があります。


ここでの、「404 Not Found」というのは、もちろんWEBサーバーが返しているHTTPステータスコードのことで、一度でもサーバー環境を構築したことがある方にはお馴染みのものだと思いますが、ネットユーザーの拡大と一般化によって、"404??"というユーザーの方々も多いのかと思います。もちろん私も専門外なので、HTTPステータスコードを全部暗記していることなんてありません(笑)
これらのステータスコードは、RFC2616等に規定されています。

→[ウィキペディア | HTTPステータスコード]
1xx Informational 情報
リクエストは受け取られた。処理は継続される。
2xx Success 成功
リクエストは受け取られ、理解され、受理された。
3xx Redirection リダイレクション
リクエストを完了させるために、追加的な処理が必要。
4xx Client Error クライアントエラー
クライアントからのリクエストに誤りがあった。
5xx Server Error サーバエラー
サーバがリクエストの処理に失敗した。


「404」については
[Wikipedia | HTTP 404]に詳しく書かれています。
:



R25では、ステータスコードの説明と、ブラウザ側でエラー表示を『ページがみつかりません』に変換してしまってエラーの状態がわからない場合に、ブラウザの設定の変更方法が書かれています。

また、400番台と500番台のエラーコードからよくでてくるものが表にまとまれられています。
HTTPエラーでよく見かけるステータスコード
HTTP 400 BAD Request
検索したページになんらかの誤りがある
HTTP 403 FOrbidden
検索したページは受信したが、処理しない
HTTP 404 Not Found
検索したページが見つからない
HTTP 500 Internal Server Error

サーバー側になんらかのエラーが発生している
HTTP 501 Not Implemented
サーバー側が要求された機能を未実装

ちょくちょく見かけるけど、その意味まではなかなか知らないステータスコードの番号。もちろん知らなくても困らないけど、ITマメ知識として氏っておいて損はない?


「404」といえば、ちょと前には、いろんな凝った画面にお目にかかることが多かったものですが、最近あまり見かけないなーと思っておりましたが、画面のコレクションをしているサイトもあるようです。
→「404魂

[Google イメージ検索 | error 404]
でも様々な画面が確認できます。

国内の主要ポータルから404画面をキャプチャーしてみました。
f0002759_1531422.jpg[Google]

f0002759_1534723.jpg[Yahoo! Japan]

f0002759_154486.jpg[goo]

f0002759_1542860.jpg[livedoor]

f0002759_1545427.jpg[msn]

f0002759_172259100.jpg[excite]

Yahoo!は一瞬表示されたあとすぐにトップページにリダイレクションされてしまいます。Google と MSN以外は設定時間後にトップページへのリダイレクトを行います。
excite では、404の画面でもバナーを表示するようですね。3秒でリダイレクトしますが、効果はあるのでしょうか?まあ、バナーといってもexciteのコンテンツへの誘導・インプレッションなのですが…さすがにここの枠にクライアントはつかないかな…

独特な検索結果を返すことで注目されている
"オモロ"検索エンジン『SAGOOL(サグール)』の「404」ページはというと…
f0002759_15351389.jpg[SAGOOL]
ちょっとだけお茶目な感じになっています。

なにげに、ここで事例をあげた画面ではステイタスコードを唯一表示しています。


さて、『R25.jp』はというと
f0002759_15374131.jpg[R25]

こんな感じです。雑誌を元にしたオンラインマガジンのスタイルなので、バックナンバーのアーカイブ化にともない各記事のURLが変更されることがあるため、そのへんのことが配慮されたナビゲーションとなっているようです。

ユーザがどのような状況でエラー画面に遭遇するのかということを考慮して、適切な情報を提供することがポイントになりそうですね。
[PR]

by p-article | 2006-11-19 11:53 | その他
<< 企業内個人/企業内ブロガー [タ]アナログのぬくもり >>