S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

「Second Life」とは何か?
f0002759_1805665.jpg[Second Life: Your World. Your Imagination.]
[Second Life: あなたの世界。 あなたの想像力。]


PC上の仮想世界(Virtual world)「セカンドライフ」が注目されているようです。

プレスリリース」2006.10.26 @デジタルハリウッド株式会社
デジタルハリウッド大学院
話題のバーチャル3Dワールド、「セカンドライフ」研究室を設立
専用講座を12月開講、仮想空間クリエイターを育成

こんなニュースまでありました。

仮想空間クリエイター?? てな感じですが…

ゲームと言うよりコミュニケーションのプラットフォーム"Second Life"」2006.5.27 @『ちよろず。』

3次元CG仮想世界“Second Life”の人口が100万人突破,新しいSNSになるのかも」2006.10.19 @メディア・パブ

実名のミクシィと仮想のセカンドライフの違い」2006.10.24 @FPN
次世代のSNSは動画系か?セカンドライフの創造アニメ系か?」2006.11.1 @FPN

このあたりを見ると、いわゆるネットゲームとかMMORPGとはちょっと違うもののようです。

FAQには以下のように書かれています。
[ Second Life とは?]
Second Life は、住民が想像し、構築、所有する 3D デジタル ワールドです。
[Second Life とは多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム (MMORPG) ですか?]
いいえ、Second Life のインタフェースとディスプレイは、一般的な多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム (MMORPG) と似ていますが、キーとなるユニークな違いが2つあります。
1. 創造性: Second Life の住民には無限に近い自由が与えられています。 この世界で創れないものはなく、そこから得る経験は何よりも貴重です。友達と公園やナイトクラブに出かけることも可能ですし、 ショッピングや、ドラゴンと戦うこともできます。さらに起業や、ゲーム作成、超高層ビルを建てることも自由自在で、 すべてあなた次第です。
2. 所有権: 住民は月次の利用料を払わずに、無料で Second Life に参加できます。居住や事業、建設のために土地を所有する場合、所有地の広さに基づいたリース料を毎月払います。あなたが創造したものはすべてあなたのものです。住民はインワールドの創造物に対する知的財産権を保有します。

MMORPGとの違いは分かったような分からないような(笑)ですが、いずれにしても運営側としては、MMORPGとは一線を画したものという定義をしていることは間違いなさそうです。
:



f0002759_1814335.jpg


日本語版はまもなく公開ということで、現在はまだ準備中という感じなのですが、サイト上に概要の紹介があります。
[Second Life とは?]
概要
バーチャルワールド Second Life は、すべてユーザーが創造し発展させてゆく、永続的な 3D オンライン スペースです。巨大で急速に拡大していくこの世界では、想像できるあらゆるものを創造し実現できます。 内蔵のコンテンツ クリエーションツールを使って、リアルタイムで他の住人と協力して、想像できるものを何でも作ることができます。 詳細にこだわったデジタル ボディ (「アバター」) により、豊かでカスタマイズ可能なアイデンティティが作れます。膨大な数のコンピュータのネットワークで実行され、人口増加とともに拡大するパワフルなフィジックスシミュレーションによって、あなたは深いインタラクティブな幾万エーカーにも広がる本物そっくりの世界に完全に入り込みます。 3D コンテンツを設計し販売する能力と、土地とマイクロ通貨 (実際の現金に交換可能) を所有し開発する能力とを組み合わせ、Second Life に本物のビジネスを構築することができます。

面白い人々があふれる世界を歩き回るのはどのようなものでしょうか? この好奇心を制限するのはあなたの想像力だけです。Second Life ソフトウェアはインストールが簡単で、移動や体験といった基本的な経験も簡単でとても楽しいものです。あなたがこの世界に到着した後は、たくさんのフレンドリーな人たちがいろいろ手助けしてくれます。

3D コンテンツクリエイター、起業家、ゲーム デベロッパー、アーティスト、ソフトウェア デベロッパーの皆さんにとって、Second Life は驚きであること間違いありません。 Second Life は、今までに見たこともないような、クリエイティブな自己表現のパレットです。さあ、あなたも始めましょう。サンドボックスを見つけて、あなたがほしいものを作り始めましょう。

「3D オンライン スペース」を提供して、そこで以下のような要素がデザインされているようです。
「探検する」驚きと冒険の無限の世界
「創造する」想像可能なあらゆるものを創る
「売買する」バーチャル グッズとサービス
「つなぐ」新しい出会い、エキサイティングな出会い
「プレイ」あらゆるサイズやスタイルのインワールド ゲーム
「所有する」あなた自身の土地、あなた自身の労働や創造性による成果

ここでは、「ゲーム」という言葉は使われていないようです。

RMT」としての要素ももっているようですが、正式に日本向けの提供という場合にはどのようになるのでしょうか。
かなり昔(5年くらい前?)に「ウルティマオンライン」のアイテムなどがヤフオクで取引されているなんて話がありましたが、そういうのってまだあるんですかね??

僕は、オンラインゲームにかぎらず、ゲームってほとんどやらない方なのだと自認しておりますが(笑)
ものはためしとおもって、この「セカンドライフ」のアカウントを取得してみました。
「ファーストベーシック」というアカウントであれば無料で利用できるようです。
→[料金]

f0002759_21265286.jpg[Second Life Name]というのを登録して、次の画面で[Avatar]を選択。
#そういえば、アバターを利用するサービスって苦手意識でつかったことないなー(笑)ライブドアブログとか(笑)

設定後、アプリケーションのインストーラをダウンロードということになります。
Windows 1.12.3.6 (23MB)
Mac 1.12.3.6 (54MB)
#けっこうデカいんですね..

で、いよいよインストールということで、インストールしてみたのですが、環境的な相性なのかうまくログインできません...orz

まあ、気をとりなおして(笑)

詳しい解説などは、以下を参照ということで…
[Second Life Wiki --Japan]

[ウィキペディア | Second Life]
[Wikipedia | Second Life]



ニュースメディア系の記事はこちら…

第二の人生を創造するオンラインゲーム『Second Life』」2003.7.21 @HOTWIRED
社会生活シミュレーションとして注目される『Second Life』」2005.4.6 @HOTWIRED


ネット3D化の先駆けか メディアの未来を垣間見るバーチャルリアリティSecondLife」2006.10.3 @WebAD Times

リンデンラボのCEOが語る「セカンドライフ」の第2章」2006.11.2 @CNET
ロイター、オンラインゲーム「Second Life」内にニュース支局を開設」2006.10.17 @CNET
仮想世界「Second Life」のアカウント情報に不正アクセスが発覚」2006.9.11 @CNET
「Second Life」の仮想世界、その実態は?初体験の記者がリポート」2006.9.6 @CNET
仮想世界「Second Life」、現実世界でカンファレンス開催」2006.8.21 @CNET
「Second Life」初のビジネスコンサルタントを目指して」2006.8.21 @CNET
米新興企業、バーチャルワールド「Second Life」で大企業を支援」2006.4.4 @CNET
バーチャルワールドの「Second Life」、1100万ドルの資金を獲得」2006.3.29 @CNET

Reuters,オンライン・ゲーム「Second Life」内にバーチャル支局を開設」2006.10.17 @ITpro
パスワードの“使いまわし”は危険,一度漏れると被害が拡大」2006.9.12 @ITpro

Sun、仮想空間で本物の記者会見実施へ」2006.10.10 @Japan.internet.com

手っ取り早く話題の世界へ (Synthravels.com)」2006.10.23 @100SHIKI.COM
リアルとバーチャルのはざまで (Fabjectory.com)」2006.10.15 @100SHIKI.COM

「話題の「セカンドライフ」がわかる? 12月にデジハリによる「セカンドライフ研究室」が開講」2006.10.26 @SlashGames
オンラインゲームはWEB2.0をめざすのか? SIG-OG第9回・山口浩氏講演」2006.7.23 @SlashGames
GDC2006 シリアスゲームサミットレポート」2006.4.4 @SlashGames
[GDC 06] 教育やセラピーとコラボレートするMMORPG「Second Life」」2006.3.23 @SlashGames
[AOGC2006] ユーザの作ったアイテムをゲームに活かせ! 今後のMMORPG開発のキーワードは「MOD」」2006.2.17 @SlashGames
[AOGC2006] ゲーム内で完結したほうがおもしろい経済ならばRMTは自然消滅する」2006.2.16 @SlashGames
[AOGC2006]オンラインゲーム運営と「ゲーム内経済学」の視点 -国際金融情報センター山口氏(後編)」2006.1.26 @SlashGames


#しばらくのあいだの新しい記事はここに追加していくかもです。


「セカンドライフ」について詳細に多角的に触れているブログエントリがありました。
@Ten Thousand
1. Second Lifeなどのバーチャル・ワールドについて 2006.6.5
2. コミュニティ型バーチャル・ワールドの可能性
2-1) 個人にとって~アバターと物づくりによる自己発現の場、コミュニティ 2006.6.5
2-2) 個人にとって~ビジネス・チャンス 2006.6.5
2-3) 企業にとっての意義 2006.10.29
2-4) 教育・シミュレーションの場として 2006.10.3
2-5) インターネットの新たなインフラとして 2006.11.3
2-6) 社会的実験?

[PR]

by p-article | 2006-11-03 18:49 | コミュニティ
<< [タ]効果音バイオリニスト演奏会 SocialBookmark ... >>