S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

"パーソナライズドホーム" オンパレード
今週月曜から(多分)、[Google パーソナライズドホーム]に、タブによるレイヤーのコントロールがついたようです。

f0002759_064873.jpg


[google.com]では1月くらい前から、対応していたようですが、[google.co.jp]では未対応でした。

→「 google.comのパーソナライズ・ホームにタブが追加」2006.9.20 @スラッシュドット ジャパン

あらかじめタブを追加しておいて、アイテムのタブ間の移動もできるようですので、スムーズに整理ができます。
:



この[Pesonalized Home]のような、スタートアップページとしてのマイページのカスタマイズ(パーソナライズ)サービスは、[Windows Live]も提供しておりますが、タブコントロールは[Windows Live]はお披露目された当初からタブ機能を実装していました。(記憶が定かではありませんが、今年の3月くらいにはタブ機能が追加されていたと思います。)

先行していた[Google Personalized Home]に対してこのタブ機能が優位性をもってると感じていましたが、これでプラットフォーム部分は互角となりましたので、FEEDの提供の仕方や、Gadgets的なものによる差別化となりそうです。
またこうなってくると、究極のパーソナルツールとしてのメールサービスの存在感が利いてきます。「Hotmail」と「Gmail」の覇権争いが影響するかもしれません。

以下代表的なカスタマイズ可能なパーソナライズ・ポータルページのサービスをまとめておきました。
[Windows Live]
[Pageflakes]
[netvibes]
[start.com]
[Google Personalized Home]
[Google パーソナライズドホーム]
[My Yahoo! US]
[My Yahoo! JP]
[my livedoor] 終了

Yahoo!やLivedoorは広告ページとしてのトップページをベースとしたカスタマイズという形なので、ちょっとアプローチとしても異なっているかもしれません。

ちょっとマニアック(笑)なところもピックアップしておきます。
[PROTOPAGE]
[goowy]
[MyESPN]
[Smiley Today]
[Original Signal/]
[My Webwag]
[Rinca.cc]


さらにこんなのも見つかりました(笑)
[Yatrack beta version]
[读岛beta版]
[POTU]


Microsoftでは[Windows Live]のパーソナライズ機能を「マイポータル」から一歩進んだ「マイコックピット」と例えていましたが、一種の情報武装とも言えそうです。

国内のポータルサービスも追随していくのでしょうか?


利用者の多くは、スタートページのカスタマイズとしてニュース記事やブログのFEEDを一覧できるようにパーソナライズしていると思われますが、ブラウザ側でのRSSの対応によって、ここのスタートページには新たな価値を見出すことになるかもしれません。
このパーソナライズページ=マイページを基点としてソーシャルネットワーク的なサービスへの発展も考えれます。
また、ソーシャルブックマーク的なサービスの取り込みもあるかもしれません。

いずれにしても、このスタートページがある程度普及した段階では、インターネットの入り口としての一等地となることは間違いありませんので、検索連動広告以外のビジネスにもつながる可能性をもっていると考えていいのではないでしょうか。


【関連記事】
グーグル、パーソナライズ可能な新ホームページを公開」2005.5.20 @CNET
AJAXを全面的に使ったマイクロソフトのポータルサイト「Start.com」が日本語に対応」2005.9.23 @CNET
グーグル、AJAX利用の「パーソナライズド ホームページ」日本語版を発表」2005.11.4 @CNET
Windows LiveはMSNのサービスとどこが違うのか」2005.11.9 @CNET
マイクロソフト、「Windows Live Search」の正式版を提供開始」2006.9.12 @CNET
Pageflakes 2.0、リリースへ」2006.10.4 @TechCrunch Japanese


【関連ブログ】
Start.comより、Netvibesに1票。」2005.9.24 @POLAR BEAR BLOG
Start.comとGoogleパーソナライズページを比較する-1」2005.9.27 @Speed Feed
Start.comとGoogleパーソナライズページを比較する-2」2005.9.29 @Speed Feed
[PR]

by p-article | 2006-11-01 00:28 | 検索エンジン
<< SocialBookmark ... 参加するケータイ「EZ GREE」 >>