S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

「地域SNSは地域活性化に役立つのか?」というテーマ
こないだの日曜日に、「市民メディア全国交流集会@よこはま06」として開催された「地域SNSは地域の活性化に役立つのか?」というセッションを聞きに行きました。

「市民メディア全国交流集会@よこはま06」にて「地域SNSは地域の活性化に役立つのか?」セッションを行います」2006.9.7 @GLOCOM 地域SNS研究会
【市民メディア全国交流集会@よこはま06 セッション】
http://alternative-media.jp/
日時:2006年9月10日(日) 16:00より
主催:横浜SNS研究会、中西地域コミュニティ形成コンソーシアム
場所;ZAIM別館1階ホール
http://alternative-media.jp/nstyle?p=...

テーマ:「地域SNSは地域活性化に役立つのか?」

鈴木伸治(横浜市立大学準教授)
三浦博子(「まちみらい千代田」企画情報リーダー)
杉山幹夫(NPO法人シビックメディア)
庄司昌彦(GLOCOM助手・研究員)
杉浦裕樹(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ、ヨコハマ経済新聞)
三浦伸也(社団法人川崎地方自治研究センター)
杉山昇太(保土ヶ谷まちづくり工房)


「市民メディア全国交流集会@よこはま06」で報告を行いました(報告資料掲載)」2006.9.11 @GLOCOM 地域SNS研究会

市民メディア交流会については
メディアが変わる。市民が変える。
横浜で「第4回市民メディアサミット06」
」2006.9.4 @ヨコハマ経済新聞
に詳しく説明があります。
:



f0002759_16264829.jpg日曜日の夕方からというのに、けっこうな盛況で満席状態でした。
参加者は地域メディア関係者?が中心のようです。

セッションの内容としては、
9/10『地域活性化にSNSは役に立つのか?』公開トークセッション」2006.9.7 @横浜コミュニティデザインラボBlog
にありますが、
1)ゲスト講演
「千代田区 地域SNS『ちよっピー』の運営で見えてきたこと」
  ~夜間住民4万人、中間住民80万人の千代田区のSNSの取組みから~
  講師:三浦博子氏(財団法人まちみらい千代田 企画総務チームリーダー)

2)横浜で進行中のSNS運営構想・プロジェクト、横浜SNS研究会の取組紹介

3)「地域活性化」についてのアンケート結果紹介(横浜SNS研究会)

4)意見交換1:「地域活性化」とは? ~目指すところとそのための手法~

5)「5分でわかる地域SNS最前線」~「地域情報化」と「地域SNS」最新レポート~
  講師:庄司昌彦氏(国際大学グローバルコミュニケーションセンター 研究員)

6)各地の地域情報化の取組み事例紹介
  ・1.「川崎」の事例、2.「藤沢」の事例、3.「札幌」の事例             
7)意見交換2:地域情報化のためのSNS運営モデルや運営上のポイントについて
  ・SNSサイトの運営体制と機能について
  ・SNSサイト運営と連動する地域のリアルアクションについて

各地域での電子コミュニティの運営を背景にした事例の報告を中心に地域SNSについての意見交換という感じ。

で、このセッションの報告として詳細なレポートがITproに掲載されております。
mixiとの“棲み分け”も--地域SNSの最新動向」2006.9.11 @ITpro
 2時間半以上におよぶディスカッションの総括として、横浜市大の鈴木伸治準教授は「地域SNSが向いている活動/向いていない活動がある。それぞれの目的、テーマを手がかりとしながら、最適なコミュニケーションの場を作っていくことが重要」と締めくくった。

記事の結びとしてこうあるように、「地域SNSは地域活性化に役立つのか?」という問いへの回答は持ち越した感じですが…

「地域SNSを考えるセミナー」に出席」2006.1.30

から半年以上が経過した中で、実際に急速に地域SNSが各地で立ち上がり、ちょっとづつかもしれませんが、事例を通したビジョンも見え始めたのではないかと感じます。まだまだ離陸のフェーズとはいえないかもしれませんが、着実に助走し始めているかと思います。


ITproの記事を受ける形で、日本ナレッジマネジメント学会専務理事・山崎秀夫氏がFPNに下記のようなエントリをアップしています。

地域ネット・コミュニティにとって『SNSは無用の長物』なのか?」2006.9.12 @FPN

この中で、
 筆者の見方では「ネットであれ対面であれ、地域コミュニティが成功しているところは、SNSの仕組みの必要性を感じていないのはあたりまえだ」と思っています。
それをふまえた上で…
少しずつ地域SNSは進展するだろう
と指摘されております。
ここについては僕も同じような意見です。
ただし、ちょっとしたきっかけでその変化の早さは想像を越えるスピードで加速する可能性もあります。静観モードではありますが、小さくとも潜在的なパワーを秘めた「波」であると言えると思います。

前三重県知事の北川正恭さんのブログ「文明の転換点に立つ」の中でも「地域SNS」への言及がありました。
地域SNSを知っていますか?」2006.9.7 @PCオンライン
行政主導タイプの地域SNSに限定されているようではありますが...「地域SNS」の種は既にまかれていると考えていいでしょう。
[PR]

by p-article | 2006-09-15 23:30 | コミュニティ
<< [タ]プチプチ天国 「Google Earth 」... >>