S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

「Google Earth 」日本語版登場!
ついにというか、待望の「GoogleEarth」日本語版の登場です。

グーグル、Google Earth日本語版を提供開始」@CNET
「Google Earth」が日本語に対応、日本各地で建物の3D表示も」@INTERNET Watch
「Google Earth」日本語版ではコンビニとスーパー、寺院と神社を区別」@INTERNET Watch
新Google Earthで3D日本の空を飛べ」@ITmedia

→[Google Earth ホーム]



[タ]タモさんがGoogleに潜入!」2006.7.29
のエントリでとりあげたように、「タモリ倶楽部」にまで登場して、さらに翌日の「世界一受けたい授業」でも登場するなど、テレビメディアでも注目されてきていますが、この日本版の登場でますます身近な存在となりました。
:



日本語への対応としては、
「Google Earth 4」ベータ版公開、日本語に一部対応」2006.6.13
 さらに、実際にこのバージョンをインストールしてみたところ、ユーザーインターフェイスの一部は日本語で表示されたほか、地名検索やローカルサーチでも一部日本語で行なうことができた。また、Google Earth 3ではWindowsで日本語などマルチバイトのユーザー名を使用している場合にナビゲーションの一部が表示されなかったり、地図情報を保存できないというバグが存在していたが、Google Earth 4ベータ版ではこの問題が発生していないようだ。ただし完全なローカライズではないため、レイヤー情報や地図情報の部分ではまだ日本語に対応しているとは言えない。

とあるように、ver.4のローンチ時には、実は軽く日本語対応の片鱗を見せていたのですが、日本語に対応したバージョンはダウンロード開始時から僅かなの時間のみの配布で、その後すぐに差し替えられていて、ほとんどのユーザの手には渡っていなかったようです。

今回の日本語版としては、完全対応というわけではなく、「ルート」(Driving Direction)等の機能には対応しておりません。
しかしながら、店舗等の情報について日本ならではの細かいジャンル分けが配慮されているようです。
また、↓こんなウレシイおまけもついているみたいです。
 日本語版最大の特徴は、国内の「ほぼすべての建物」(グーグル)が3D表示できることだ。レイヤの「建物の3D表示」にチェックを入れることで、都市部のビルなど巨大な建物だけでなく、住宅地の一般家屋まで3DのCG画像が表示される。
-INTERNET Wtach

「clmemo@aka 」さんのブログでレポートがあがっています。
→「 Google Earth が国内のビルの 3 次元描画をサポート

「Going My Way」さんのブログにも詳細なレポートがあります。
→「日本全国の都市の建物の3D表示に対応したGoogle Earth


GIGAPXL PROJECT」2006.2.9
で、さらーっと触れていますが、実は2月に来日していたGoogleEarthの開発責任者の
Michael Jones氏と直接お話する機会があって、日本へのローカライズについて軽く聞いたりしていたわけですが...「楽しみにしてな!」みたいな話だったので、首を長くして待っていたわけです(笑)
#Jones氏はチョー気さくな方で、ホントに自分のプロダクトを愛しているということが伝わってきました。

今回のタイミングで、KMLの特集もアップデートしているようです。
→[世界を見渡す 3D ソフトウェア]
楽しい旅と新しい発見を

Google Earth をインストールすると、他のユーザーがウェブ上に公開しているおもしろい地図データを探索できます。KML (Keyhole Markup Language) を使用して、誰でも Google Earth にコンテンツを公開することができます。下のリンクをクリックすると、例が表示されます。拡大画像で表示するには、サムネイルをクリックしてください。

「Google Earth」、国連環境計画プログラムなどの「特集コンテンツ」提供」@INTERNET Watch

→[Google Introduces Featured Content for Google Earth]@Press Center


【hatebsphere】
→[タグ「Google Earth」を含む注目エントリー]
#複数の記事にコメントが分散していますが、概ねいい評価です。

【CNET記事へのトラックバック】
→「グーグル、Google Earth日本語版を提供開始」へのTB
#けっこうたくさんTBキテマス。

【追加記事】
フォトレポート:絵で見るGoogle Earth日本語版」2006.9.14 @CNET
3D地球儀ソフト「Google Earth」の日本語版が登場」2006.9.14 @ITpro
Google Earth、Discovery Networkの映像コンテンツなどを統合」2006.9.14 @CNET
[PR]

by p-article | 2006-09-14 19:22 | その他
<< 「地域SNSは地域活性化に役立... ブロゴスフィアのブログ消費論 その0 >>