S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
「第12回ジオメディアサ..
from チミンモラスイ!
what about?
[WEB2.0]
[net community]
only personal note
anymore?


masaqui[at]gmail.com

グルメ情報

[チミンモラスイ!]
[iddy profile]
[about me]
store of amazon
100SHIKI PR Board

Webスカウター情報 [Web Scouter]
スカウター : チミンモラスイ?

ページランク



ASPアクセス解析

google proxy
mobile view

lou_trans


LINKZ
--

あわせて読みたい

MoKuJi
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブロ電™切符

ポータルのRSSリーダー戦略
エキサイト、Web型RSSリーダー「エキサイトリーダー」を開始」2006.8.30 @INTERNET Watch
 「エキサイトリーダー」は、オンネットのRSSリーダー「フィッシュ」日本語版をエキサイトブランドで提供するもの。RSS 1.0/2.0およびATOMに対応し、登録は手動のほかOPMLによるインポートにも対応。また、エキサイトのサイト内にはRSS登録用の専用ボタンも用意する。

 一度閲覧した記事を保存しておくスクラップ機能、キーボードのみでエキサイトリーダーを操作できるキーボードショートカット、最近閲覧したRSSの履歴を表示する機能などを搭載。巡回は手動に加えて、設定画面から15分間隔で行なうこともできる。

→[エキサイトリーダー:フィッシュ]
→[プレスリリース]

当方もこのブログで利用させて頂いているエキサイトから、新しいサービスが提供されました。
:



プレスリリースから機能についての紹介を抜粋すると
■『エキサイトリーダー』の特徴
------------------------------------------------------------------

◇快適な読込と表示
 『エキサイトリーダー』は、Ajaxを利用することにより、快適な読込と
 表示を実現しました。多くのRSSを登録していてもストレスを感じさせま
 せん。

◇初心者に最適
 シンプルなユーザーインターフェースにより、RSSの購読や編集を簡単
 に行うことができます。エキサイト内に設置した登録ボタンやブラウザ用
 登録ボタンを利用することで、簡単にニュースやブログなどのRSS登録
 を行うことができます。

◇表示方法を簡単に変更
 文字の大きさやRSSの表示方法をRSSを読みながら変更することが
 できます。

◇訪問履歴が残せる
 自分が訪問したRSSのURLを20件まで保存してくれます。この履歴
 から気に入ったサイトの登録をすることもできます。

◇気に入った情報を簡単に保存できる
 『エキサイトリーダー』のユニークな機能として、スクラップ機能が付い
 ています。気に入った情報は、クリックするだけでテキストデータを保存
 でき、いつでも見ることができます。

というような紹介がありますが、「スクラップ機能」って、他のブラウザベースのRSSリーダにも実装されれいてるのかな?個人的には、けっこういいと思うのですが。
(他のサイトをさくっと見てみたら、クリップとか保存とかそういう機能があるみたい。同じような感じかな?)


これで、各ポータルからサービスがでそろった感じです。

[goo RSSリーダー]
[Google Reader]
[livedoor Reader]
[RSSリーダーモジュール]

gooはWEB版とは別に、アプリ版も提供。
Yahoo!My Yahoo!のモジュールとして提供ということですが、こちらはパーソナライズページでの利用なので、そういう意味でいえば、MSNや@niftyも対応。Googleのパーソナライズドホームページも同様。

@nifty、RSSリーダー機能搭載のカスタマイズポータル「マイニフティ」」2004.11.25 @INTERNET Watch
MSN、RSSリーダーをテスト」2005.6.9 @ITmedia



WEBベースのRSSリーダーとして、ギークな人たちには、livedoor Reader
が評判よかった感じがするのですが、このexciteのRSSリーダーはどう受け止めれられるのか気になるところです。

こういったポータルのサービスは、他の提供サービスとのシナジーがあるので、一概にこれがいいという評価に結びつかないかもしれませんけど。

ちょっとつかってみた印象…
インターフェースはけっこういいかも。ただ個人的な好みでは、インターフェースは[Google Reader]が秀逸だと思う。
ウェブベースのRSSリーダは全文を表示するタイプが主流のようですが、エキサイトリーダも全文表示みたい。

RSSって、いろいろな略としてでまわっているけれど、
[Rich Site Summary][Really Simple Syndicatio][RDF Site Summary]
まあ、けっこう初期の段階から、いわれている[Rich Site Summary]のSummaryなところって、じっさいブログ書くときに準備している人ってすくないから、全文の方がいいのかもしれませんね。
FEEDのビジネスまわりでは、この要約、全文、ヘッダー、といったところの議論もあったみたいですが、どうなってるんでしょうね。

リーダー経由では全文見せる場合、script呼び出してログの記録をしているアクセス解析は、ログに残らないと思うのですが、ここについては別のところで考えることにしましょう。


ブラウザ版のRSSリーダならではの特徴として、購読FEEDの管理がサーバー側でできるので、ソーシャルブックマークのような形で人気のRSSフィードといった見せ方ができるのはGoodだと思います。

残念ながら、エキサイトリーダではまだ対応していない?ぽいのですが、
livedoor Reader の[登録数ランキング]のような見せ方はなかなかいいと思います。

で、今回リリースされた[エキサイトリーダー]は、Fishプロジェクトという「RSS専門検索」の入り口として用意されたものだそうです。

Fishプロジェクトは何?
RSSリーダーから始まり、情報の取得、編集、共有、検索、再発見まで繋がるRSS専 門検索まで行くこのプロジェクトは、サービスを通じて集まったたくさんの人々同士が、一緒に知識や楽しさを分かち合うことができることを目的にしています。
私たちは、エンターテインメントプロバイダーの役目を達成するサービスを目指します。


RSSリーダーの提供による、ポータルのメリットとしては、IDによるログインの動機づけの強力な武器になるとおもわれますが、Internet Explorer 7やFireFoxといったブラウザにRSSリーダが実装されることの影響も当然でてくると思われますので動向が気になるところです。
横並びで、提供されてきた機能とは、それぞれのポータルのどの機能とシナジーを生み出していくかといったところで微妙な差別化がはかれていくことになりそうです。


とか書いてみましたが、いまいちしっくりこないので、週末書き直すと思います。とりあえずは自分用のメモとして。(でも公開しちゃいます。)
[PR]

by p-article | 2006-08-31 23:45 | コミュニティ
<< RTC Vol.14 『総裁選... Wikipedia ご利用は計... >>